二宮和成主演・日曜劇場「ブラックペアン」最終話のあらすじ(ネタバレ)・渡海の復讐で幕を閉じる?視聴率は18.6%!

 

f:id:kinoshitayukari:20180611054653j:plain

二宮和成主演の日曜劇場「ブラックペアン」。前回、佐伯教授が倒れ、カエサルの手術によって佐伯を救った渡海。最終回では、佐伯はまだ完治しておらず渡海が手術をすることをと条件に、飯沼達治の事実を教えるように言います。「ブラックペアン」最終回のあらすじを紹介します。

 

 

 

 

 

日曜劇場「ブラックペアン」最終回のあらすじ(ネタバレ)

渡海が佐伯の病室に入ってくる。

渡海「教授の心臓、まだ完治してませんから。この手術ができるのは、私だけ。助けてあげます。その代わり飯沼達次はどこにいるんですか?」

佐伯「メスで脅すのか?医師失格だな。言えないな。今、手術を受ける気はない。理事長選は3日後なんだ。」
渡海「三日、もつかな?」
佐伯「じゃあ、主治医として君に同行してもらおう。」

木下と渡海。

 

渡海「今回の件は医療過誤に関係しているんです。」

木下「医療過誤?絶対に見過ごせません。」

佐伯教授と藤原看護師長。

佐伯「飯沼達次のオペは私にしかできない。私の患者だ。」

 

高階が、佐伯教授の下について、留守を任される。

高階は渡海に、佐伯教授が何をしたのかを尋ねる。
高階「この前のあれは何の意味があったんですか?」

渡海は以前、佐伯のことは信じるな。あいつは裏切るといったことを高階に話していた。
渡海「あいつは死神だぞ。」

 

花房美和が、飯沼の病室に行くと、飯沼達次が消えていた。飯沼達次を探す花房とそれを見ている高階。

 

飯沼達次は売店に行っていたと戻ってくる。
飯沼「手術はいつなんだ、すぐに手術が必要だと言う話だったが?」

 

花房が答えようとすると飯沼の容体が急変する。

ナースコールをしようとするが、花房は藤原看護師長に連絡をする。

 

佐伯がオペをすると言い出すが、とてもオペができる状態ではなく
藤原看護師長だけ、飯沼達次の部屋に行くと、高階が応急処置をしていた。

高階「すぐにオペが必要だ。患者の資料を。」

 

藤原「この患者の情報は非公開です。」

 

世良は、渡海の実家に行くことにした。
渡海の母に、渡海の部屋に通され、オペの練習の跡がたくさん残っていた。
春江「父さんが死んだ後、あの子、東城大に行きたいと言い出したの。」

 

木下と渡海は、飯沼が特別患者室にいると、お互いわかっていた。

理事長選前の宴会で、佐伯は世良に渡海を見張れと命じる。

しかしその後すぐに、佐伯はまた倒れる。
その場で応急処置をする渡海。
渡海「今はまだ生かしといてやる。お前の地獄はまだ先だ」

 

飯沼のオペを渡海が強行する

 

渡海が寝ているのを見張る世良。しかし、世良は玄関で寝てしまう。
渡海が世良が寝たことを確かめて、部屋を出て行く。

 

渡海は、飯沼達次の病室に来ていた。
渡海「あなたの心臓にはね。ペアンが体に入っちゃってるんだよ。」
飯沼「なんだあんたは。私はね佐伯先生の話しか信じない。何年もそうして来たから生きてこれたんだ。」
渡海「佐伯先生が、オペをしたんですね?」
飯沼「そうだよ?」

渡海「それを、証言してくれますか?」

すると、飯沼の容体が悪くなる。渡海は花房に、レントゲンを持って来させる。高階もやってきて渡海を止める。

 

すると、高階に藤原看護師長から電話がある。
渡海「俺を信じろ。」

高階は何も言わなかった。

 

レントゲン写真をとると、飯沼の体にペアンが入っている。
渡海「俺の親父は、佐伯からこの医療過誤をなすりつけられた。」
木下「このことを患者さんに、証言してもらわないとならないんです。」
高階「だから、渡海先生は佐伯教授の言うことを聞いてたんですか。」

 

渡海「まずは、飯沼を助けないとならない。」

飯沼のオペをしようとする渡海。

 

一方理事長選も始まっていた。池永は、理事長選の結果は、西崎と佐伯の研究結果の発表次第で決まると言う。

飯沼のオペが始まる。
花房は、猫田にオペ室から出て行きなさい!と言われる。
高階は、佐伯の患者を勝手にオペすると問題になるからと。

 

渡海と高階がオペをし、猫田は花房にオペ室から出ていけという。

高階は佐伯の患者を勝手にオペすることで責任をとらなくてならないからと言い、花房は出ていった。

理事長選では、まず、西崎の研究発表が始まる。

 

渡海が、飯沼達治の心臓のペアンを外そうとする。しかしペアンを動かそうとすると、出血が始まる。焦る渡海たち。
すると、花房が、器具を持って戻って来た。
花房「私が任された私の患者です。」

 

理事長選。

西崎「カエサルは、万人のための医療が必要不可欠なのです!」

 

飯沼の出血は、なんとかおさまった。

高階「癒着がひどい。」

渡海「年代物だからな。もうすぐだ。もうすぐ終わるぞ。」

 

ペアンの真実とは?


渡海は、ペアンを外そうとするが、そこに、佐伯がやって来る
佐伯「やめろ!それを外すな。」
ドクターヘリでやって来たと言う

黒崎が、佐伯の研究発表を代わりに行っていた。


渡海「お前の悪事の動かぬ証拠だ。まず俺に詫びろ、その次に親父にも詫びろ。これですべてが終わる。」
佐伯「やめろ!」

渡海が、ペアンを取り出す。
渡海「さよなら佐伯清剛。」

 

すると、いきなり飯沼は出血する
渡海が出血を止めようとするが止まらない。
佐伯「地獄の扉を開けたな。どけ、渡海。私が処置をする。」

 

佐伯は、飯沼の大動脈が欠損したと言う。
佐伯「渡海聞け、これは置き忘れではない。あの日、バスの事故がありオペ室は満室だった。十分な機材もなく、止むを得ず、ペアンを置いておくしかなかった。」

 

そして飯沼は退院する。佐伯は、すぐに海外に行かなくてはならなかった。
そんな時、飯沼が急患で運ばれて来た。その主治医が渡海一郎だった。飯沼のレントゲンを見て佐伯に連絡をする渡海。佐伯に信じてくれと言われ、治療に必要だったと渡海一郎は理解してくれた。

 

しかし、黒崎が、ペアんの入ったレントゲン写真を見てしまった。渡海一郎の医療過誤だと医師たちから責められて、渡海は東城大をやめていったのだった。

佐伯「これは事実だ。私は、渡海一郎先生に、助けられた。全て私の責任だ。」
渡海「全て私の責任だと言ったな。それを言ってくれれば。俺の親父はあんな風に死ななくてすんだんだ。」
佐伯「私を辞めさせるならやってみろ。殺したいなら殺せ。しかし、私がこの患者を直す。ブラックペアンを使うのは、その覚悟の証だ。ブラックペアンはこのためのものだ。そのブラックペアンを使うのは私一人で十分だ。このために、私は生きて来たんだ。それも終わる。」

 

 

飯沼の血圧が安定した。

 

佐伯「渡海、医者は完璧ではない。まだまだ我々にはできないことがあるんだ。」
オペ室から出て行く渡海先生

 

佐伯「早く閉胸しろ。このブラックペアンは、カーボン製だ。燃えて灰になる。これは命令だ。」

 

そして、佐伯は倒れた。

 

 

 

世良が、渡海を探すが見つからない

黒崎は、発表会で、佐伯は病院に患者のために戻ったと言う。

高階が、佐伯教授のオペをする池永編集長が時間をもらいたいと
佐伯と池永は、昨日話したと。
佐伯は、内密にして欲しいと言う。

 

佐伯「何よりも示さないとならないのです。託されたことを。私は医者というものは謙虚でいなければならないと思っています。医者も技術も、頼りない。両輪で高め合わなければならない。」

 

2つを共存させることが、これからの医療に必要だと。

 

佐伯の心臓が止まる。渡海が、世良の留守電を聞く
佐伯「渡海、そのままでいい。普通でいい。医者は患者のことだけを考えろ。救え、ただ人を救え。お前に全てを託す。」

 

佐伯は、そう言っていたと。

 

佐伯の心拍が戻らない
世良「まだ終わってません!」
と、オペ室を出て行く世良

 

すると渡海が戻って来る

渡海が、佐伯のオペをする。

 

理事長選の開票が始まる

佐伯の心臓が動かなかったが、心拍が戻って来る。

 

理事長選は、5分5分。そして、最後の1票が、佐伯教授に入った。西崎は、研究に行くという

 

佐伯と渡海
佐伯「どうして助けた?お前を東城大に迎え入れたのは、せめてもの償いだと思った。私はお前の望み通り死んでもよかったのだ。
渡海「そのままでいい。普通でいい。医者は患者のことだけを考えろ。救え、ただ人を救え。俺の尊敬する医者の言葉です」
この言葉は渡海一郎が直接息子に話した言葉だった。

頭を下げる渡海。

 

世良と渡海。

渡海は病院を辞めると告げる。
世良「じゃあ、1億円はいいんですか?こき使っていいんで、出て行かないでください。」
渡海「わかったよ。腹減った。米炊いて来いよ。」

 

渡海「じゃあな。お前は、いい医者になる。」

 

佐伯は理事長に就任。その後、改革をしたが理事長はやめて、後進を育てていた。
西崎は、理事長を目指している。

高階は、佐伯教授のブレーンになっていた。

 

渡海は、これまでもみ消して受け取ったお金を医療過誤の被害者を救う団体に寄付していたという。そして、この病院にも匿名で寄付があったことを話す木下。その額は一千万円だった。

渡海「邪魔。お前の退職金、一千万もみ消してやるよ。」

ドラマ『ブラックペアン』最終回のあらすじでした。

 

ブラックペアンは佐伯は渡海一郎に罪を擦り付けたのではなく、適切な治療だったということでした。それなのに渡海の父が病院を出ていかなくてはならなかったのはかわいそうでしたね。

しかし、誤解もとけ渡海の復讐も終わったことで、渡海は別の病院に行き、また退職金をせびるあたりは変わらないようです。世良も花房も成長して、最後は一件落着でしたね。

 

次の日曜劇場は『この世界の片隅に』ということで、こちらも楽しみです。