中谷美紀&玉木宏主演金10ドラマ『あなたには帰る家がある』10話のあらすじ(ネタバレ)&視聴率は9.7%に上昇!4角関係に突入

f:id:kinoshitayukari:20180609031954j:plain

中谷美紀玉木宏が夫婦役となる金10ドラマ『あなたには帰る家がある』前回、茄子田太郎、綾子、佐藤真弓、秀明の4人で話をした後、真弓は圭介に告白され、秀明は綾子と栃木へ行くことになりました。9話では、真弓の娘・麗奈が茄子田の息子・慎吾とどこかに行ってしまうようです。そして、茄子田家の秘密が明かされるようです。果たして、2組4人の夫婦はどうなるのでしょうか?

ドラマ『あなたには帰る家がある』9話のあらすじを紹介します。

 

 

 

 

 

ドラマ『あなたには帰る家がある』10話のあらすじ(ネタばれ)

 

カレーショップで圭介(駿河太郎)が

真弓(中谷美紀)に告白してしまったことを落ち込んでいる。

 

そんなときに真弓(中谷美紀)が何事もなかったかのようにやってくる。

真弓「この間のあれ、何?」

圭介「俺、真弓さんが好きなんです。今は。俺が、支えになれたらなって。俺と付き合ってください。」
真弓「ありがとう。今すぐは無理だけど、ちゃんと考えてみる。」
圭介「ありがとうございます。」

友人の由紀(笛木優子)に話をすると、中年モテキが来たといわれる。

 

秀明(玉木宏)は、桃(高橋メアリージュン)に真弓と太郎(ユースケ・サンタマリア)が急接近してることを相談する。桃は、それはできているね。とあっさり答え、

桃「不幸のどん底まで落ちろ。」

と言われてしまう。

 

そんな折、太郎のところに、実家から綾子の母の葬儀の連絡が入った。

 

三浦圭介と秀明

秀明「茄子田太郎と真弓が付き合っているか。」
三浦圭介「あるわけねえだろう。」

そう言っていると、茄子田太郎と佐藤真弓が、カレーショップこまちにやって来て、焦る二人。

すぐに秀明はカウンターに隠れるが、2人は、なにも気づかずに、かなり楽しそうに会話する。

 

真弓「意外に楽しくて、しっくりするな~。麗奈が生まれてから、こんな風に飲んでいる時間なんてなかった。」
太郎「子供がいると、そうだよな。」

次の日、麗奈は無断で学校を休んでいなくなっていた。

 

茄子田の息子の慎吾といっしょに葬儀に来ていたのだ。 学校から連絡を受けた真弓は秀明や茄子田に連絡をする。 もしかしたら、綾子が何かをしたのでは、と疑う真弓。 綾子のところにいって話をする真弓。

 

真弓「麗奈、知りませんか?あなたが何かしたんじゃないですか?」
綾子「母親失格ね。」

 

そこに、麗奈から 「慎吾といっしょに栃木に向かってる」とメッセージが入る。 真弓は秀明に連絡をして、綾子と2人で栃木に向かうと言う。

 

すると、茄子田も秀明の会社にやってきて、秀明を車に乗せて栃木に向かう。 真弓は、綾子と、綾子の実家に行く

 


そのバスで、綾子にまかれそうになり、急いで下りた真弓はバッグをバスに忘れる。 途中で降りた二人は、家まで40分、歩くことになった。

 

綾子「私あなたが嫌い。あなたみたいな女が。昔から。声が大きくて、スポーツが得意で、女子に人気で。あなたみたいなタイプによくいじめられた。」

真弓「私も嫌い、あんたみたいな女が。男子に媚びまくりで。人の彼氏、平気で取るタイプ。あなた、女の友達いないでしょ。」
綾子「あなたモテないでしょ。」

 

綾子「あなたのダメなところは、一緒にいても癒されないこと。」
真弓「あなたは、全部、うまくいってるんですか?あなたのやり方で。どうすんですか、これから」
綾子「夫と別れて、秀明さんと一緒になります。」
真弓「ほんの少しも心が痛まないの」
綾子「愛じゃない。おもちゃがなくなって、駄々をこねているだけよ」

 


そして、秀明と太郎は、太郎の運転で、綾子の実家に向かう。
太郎「綾子、元気か?」
秀明「もう何も。」
太郎「俺が別れたら、幸せにしてくれるんだろうな。」

 

車に酔って、吐きそうになり、途中で降りる秀明。そこに、動けない車を見つける太郎。その車を、泥だらけになりながら押して動かす太郎。

しかしお礼は、秀明に言われてしまう。

子供「かっこいいお兄ちゃん、ありがとう!」

それをじっと見ている太郎。

 

茄子田家の秘密とは?

慎吾と麗奈が葬儀場に来ていた。 が、綾子の姉の咲子(森口瑤子)の姿を見て慎吾はその場を去る。 麗奈はあわてて後を追いかける。

 

その後、綾子と真弓もやってきた。

真弓は慎吾と麗奈の話を聞くと、咲子は綾子をひっぱたいた。

咲子「まさか連れてきたの?」

 

綾子「お邪魔しました。」 あわてて真弓は綾子を追いかける。

慎吾は、綾子の実家に来たことがないという。

心当たりがないかと聞くと、「ひとつだけ」と言って歩き始める綾子。

そこに茄子田の車がやってきて、2人は、車に乗り橋が見える公園に向かう。

そして、慎吾と麗奈を見つける。
太郎「何やってんだ、お前は!」
と慎吾を叩く太郎。

麗奈「慎吾くんが帰る家がないって。」
慎吾「俺も茄子田の家から出て行けばいいって思ってんだろう。知らないって思ってんの、ばあさんから聞かされてたよ、俺が父さんの子供じゃないって。」

慎吾「ちゃんと教えてくれよ。あんたの口から教えてくれよ」
綾子「そうよ」
太郎「やめろ」
綾子「あなたは、私とお姉ちゃんの旦那さんの間にできた子供。初めて会った時から、憧れてたの。どうしても気持ちを伝えたくて。そしたら、答えてくれた。父も母も、私を結婚させようとして、お見合いの話を持って来た。その中から、女性に縁がなさそうな人を選んだの。家族の幸せを一番に考えてくれそうな人。それが太郎さん。」
慎吾「父さんのこと利用したってこと?」
綾子「そうね。赤ちゃんには父親が必要だったから。でも、お母さん、あの家で、あなたを育てることができて、幸せだった。あなたは大事な息子だってことには、何も変わりない。あなたの帰る場所はおかあさんのところなんだから

 

綾子「お通夜に行かなくちゃ。」

綾子は、慎吾に旅館で待っておくように言い、通夜に出席する綾子。

 

 

太郎のけじめ

麗奈と真弓

麗奈「私が言ったの。本当の父親に会ってみたらって。」

真弓「麗奈。すっごく心配したんだよ。」

 

そこに太郎が現れる。

太郎「行くぞ。」
太郎が、慎吾を連れて通夜に向かう。

お焼香をあげる、太郎と慎吾。太郎が、咲子とその旦那に挨拶する

太郎「この度は、御愁傷様でした。うちの大事な一人息子です。茄子田慎吾です。

そして、綾子に、太郎が帰るぞと声をかけ、太郎は綾子に離婚届を渡す。
太郎「自由になれ。」

その様子を、秀明と真弓も見ている。
太郎「どっちと暮らすかは、お前が選べ。」
慎吾「父さんと暮らす。」

飲んでくると出かける太郎。そのあとを追う、真弓。

真弓の宣言

茄子田太郎「笑ってくれ、俺な、綾子が付き合った初めての女だったんだ。見合いの時、こんな綺麗な女がいるんだとしゃべれなかったよ。また会いたいと言われた。その時全部聞いた。それでもいいと思った。女はみんな、あんたの旦那みたいなのが好きだよ。俺は知ってんだよ。でもな、そう言う男はいざって時に冷たいよ。結婚した時に、綾子の子供がいたよ。俺が育てたんだから、俺の子供だよ。なんでだ。俺にはわからんことばっかりだ、家族を愛してたんだよ。俺は、綾子を幸せにしてやりたかっただけなんだよ。」

太郎は泣き出す。

そこに、秀明がやってくる。そして、綾子もやってきた。
綾子に気づく真弓。

真弓は太郎のおでこにキスをする
真弓「この人は、あんたには勿体無い。私が幸せにします。太郎さんと、慎吾くんと麗奈と私と。私たち4人で幸せになります。」

 

以上、ドラマ「あなたには帰る家がある」10話あらすじ(ネタバレ)でした。

なんと、真弓が茄子田と一緒に生きていくとことを宣言してしまいました。確かに、茄子田のこの現状は、同情してしまいますね。綾子は、姉の旦那を寝取り、妊娠までしてしまったという女でした

そんな自分の欲望のままに生きる綾子や、普通にしていて女にモテてしまう秀明と比べると、茄子田太郎は息子のこともちゃんと考え、立派だったといえます。そして、そんな茄子田の真面目なところを発見した真弓は、一緒に暮らすと宣言します。

今までにないW不倫からの、夫婦入れ替えという4角関係ですが、果たして最終回はどうなるのでしょうか?