波留&鈴木京香ドラマ『未解決の女』最終回のあらすじ(ネタバレ)&視聴率は?まさかの真犯人はあの人!

f:id:kinoshitayukari:20180608034809j:plain

波留&鈴木京花がW主演の木9『未解決の女』最終回が放送されました。

前回、15年前の現金輸送車強盗の事件に関わっているとされる

矢代(波留)は犯人とされる秋田によって拳銃で撃たれてしまいます。一体どうなるでしょうか?木9ドラマ『未解決の女』最終回のあらすじを紹介します。

 

 

 

 

木9ドラマ『未解決の女』最終回のあらすじ

 

f:id:kinoshitayukari:20180608034805j:plain

百々瀬佐智(谷村美月)を誘拐し、その父・百々瀬博昭(石黒賢)から身代金をせしめて逃亡した秋田昇(岡田浩暉)。

秋田の潜伏先を突き止めた矢代朋(波瑠)は、秋田に拳銃で撃たれる。

そこへ、草加遠藤憲一)と岡部(工藤阿須賀)たちが駆けつけた。岡部が朋を抱き起こすと、拳銃の弾は胸ポケットにあった辞書に当たっており、朋は無事だった。

署に帰って、財津係長(高田純次)に謝ってると、鳴海理沙(鈴木京香)はまだ出てきてないので、朋が打たれたことは知らないはずだと話す。

 

矢代朋が撃たれた拳銃と、藤枝が撃たれた拳銃が同じものとわかる。
そしてそれは、晴海東署の拳銃と同じものだった。

 

 

晴海東署は、15年前に拳銃を紛失して、何らかの方法で補填して隠蔽していたようだと報告を受ける。野々村刑事局長(岩城滉一)は古賀室長(沢村一樹)から「深入りしないほうがいい」と言われていた。そして、部下達に誰にも口外するなと命じた。

 

秋田昇が何者かに殺される

岡部たちが付近のホテルに聞き込みをしてると、秋田がやってきたということが分かる。すると、女性の悲鳴が。

ホテルのエレベーターで、秋田昇がナイフで殺されていた。秋田のアパートには、2千円札が発見された。

 

矢代「秋田も15年前の事件に関わっていたということですね。」
3人組の犯人Cが、秋田を殺したのか?

 

誘拐された百々瀬佐智が事件があった日のことを話す。

あの日の夜、自分の車を駐車場にとりにいこうとすると、怒鳴り声と拳銃の音が聞こえた。アルファベットカードをおとしてしまい、逃げるタイミングを失って、『RISK HELP』という意味のあるカードを置いていった。

そこに草加がやってきて、理沙が捜査中に倒れたと告げる。

病室に行くと、ぎっくり腰だった。

捜査をしながら歩いてると、ハンカチを落としてしまい拾おうとしてなったという。

そして、ぎっくり腰になる前に、15年前の事件の現金輸送車に載っていた水口に話を聞いたら意外なことがわかったと話す。

 

警視庁では、秋田が殺害されていた現場の防犯カメラを見ていた。エレベーター内の映像には、男が秋田を刺して、秋田のお金が入ったバッグを奪って逃げる姿が映し出されていた。

男は、右足を引きずっていた。15年前に銃撃された、戸塚正秀は右足を撃たれている朋は話す。

朋が理沙から預かった水口の調書を渡しそびれてると、古賀室長が、自分が預かるという。

部屋に行って、その15年前の2冊の調書の最後を見せて、

取り調べた警察官の関俊文という名前が違ってることを指摘する。

理沙は、関俊文を調べるとすでに警察官ではなかったので、警備員の水口に話を聞きに言ったのだった。

 

水口は、自分が言ったことが書かれていないと言う
水口は、拳銃は、警察と同じ拳銃だったと証言していた。

 

古賀「これ以上捜査するなとお達しが出た。6係を解散させろと言ってきてる。」

 

野々村慎太郎が、6係はいらないんじゃないかと、古賀に話し、出世の道が消えるのではないかと考え、古賀は野々村に同意することに。
朋「それは、忖度というのではないのですか?私は絶対にやめません。」

 

 

戸塚が秋田を殺した犯人

15年前に狙撃された戸塚は、リハビリを支援する団体に所属していた。
その戸塚が、ビルの屋上に立ったいる。そこを桑部と岡部が見つける。
そして、間一髪、桑部が戸塚を捕まえた。

 

戸塚正秀「声を覚えていた。男の声。あの日から俺の人生が狂った。職も失って。ようやくやり返せたんだ。」

 

秋田がホテルにいるのを知ったのは、送信者不明のメールが来たため。

「あなたが立ち上がるのを待っている」という内容で、
1ヶ月前から、何度も来た。

さらに、15年前の襲撃事件の録音が送られて来て、
一昨日、千葉のホテルのルームナンバーとともに、

『許してはいけない』という言葉が送られて来た。

 

理沙「その言葉がトリガーフレーズになった。そして彼は」

戸塚「久しぶりだな。そのバッグの中身は、盗んだ3億か?」
と、秋田を殺した。

 

理沙「洗脳したのよ。あのメールを送った人間が。相当な知能犯よ。」
朋「もしかして、それが、強奪事件の犯人C。」

 

 

 

6係に戻ると、秋田が佐智の父親の百々瀬博昭にたびたび面会に行っていたという情報が入る。秋田と藤枝は、百々瀬のイタリアンレストランチェーンで働いていた。

博昭は拒否をしていたということだった。

それを聞いた朋は、強奪事件の3人目の犯人は百々瀬博昭で、邪魔になった秋田を戸塚を洗脳して命をうばったんじゃないかと推測する。

理沙は「理屈は合ってるけど、ちょっとひっかかる」と納得がいかない。

それを古賀室長に話すと、百々瀬博昭の身柄を確保するといって出て行く。

6係では、草加が百々瀬博昭の筆跡を理沙に渡す。

 

古賀と朋が、百々瀬を取り調べる。
古賀「3億円を強奪した。それ以降、連絡をしないよう指示した。しかし、秋田が金を使い果たすと、あなたの前に姿を表した。」

秋田が、百々瀬を何度でも来ると脅した。

朋「藤枝が拳銃を持っていることを思い出した。藤枝を使って、秋田を殺そうと考えた。」

藤枝は、秋田と会って、約束を守れと拳銃を向けたが、秋田に藤枝は殺された。

朋と古賀が話し終わると百瀬は笑い出した。
百々瀬「もし、そうだとしたら、どうです?私の犯罪計画は完璧だ。私がやりました」

しかし、朋も理沙も違和感を感じていた。

古賀は、朋たちの話を一掃し、佐智からの感謝状が来てると見せる。

理沙と朋「文字の神様が・・・」

 

 

15年前からの一連の事件・真犯人は?最後はどんでん返し

朋は、佐智のところに行く。

朋「嘘をついてるのはあなたですよね?」

実は、岡田の命を奪おうと藤枝にわざと自分を誘拐させたのは佐智だった。

佐智は自分が被害者になるために、カードをばらまいた。

岡田を巧みに操りお金を奪い、戸塚も洗脳しておいて秋田の命を奪ったのだった。さらに、朋は15年前の3億円強奪事件もすべて佐智の計画だった。

 

百々瀬佐智「何も証拠がないわ。」
矢代「でも、あなたのお父様は、あなたを守るために罪を認めたんですよ」
百々瀬 佐智「何も思いません。その親の元に生まれなかったら、もっと素敵だったのにと思うでしょう?」
矢代「あなたは嫌いです。」
百々瀬佐智「嫌いという理由だけでは、逮捕できないでしょ?」

朋「きっとつかまえてみせる。あなたの罪はこれだけじゃない」

朋は部屋を出て行く。

 

岡部が、古賀が記者会見するという。
矢代「泣いてなかった。私が倒れた時?」
岡部「バカ、男が泣くわけないだろう。」

 犯行に使われた拳銃は、元野々村刑事局長の息子で、すべてのデータを改ざん、偽装してきたということだった。

古賀「記者会見では何も言わない。警察という組織を守るための嘘だ。」

理沙「どうせいなくなるなら、最後は尊敬されることをやってみてはいかが?」

古賀室長は、記者会見ですべてを話した。

その後、元野々村刑事局長の息子は更迭されて、古賀室長の昇進話もなくなった。

 

朋は、古賀を少し見直したという。
矢代「ここに来てよかった。辞書、一生大事にしたいです。文書捜査官と呼んでもらうことにしませんか?」

 

以上、木9ドラマ「未解決の女」最終回のあらすじでした。

 

最後はどんでん返しが待っていました。誘拐された佐智がまさかの真犯人で、15年前の事件の計画を立てたのも佐智ということでしたね。

15年前の事件まで計画していたとは、なかなか予想がつかなかったですね。

『未解決の女』は波留さんと鈴木京香さんの女性W主演や、二人の演技も好感がもてて、シリーズ化しそうですね。