アガサ・クリスティSPドラマ『パディントン発4時50分寝台特急殺人事件』のキャスト、あらすじ(ネタバレ)!

f:id:kinoshitayukari:20180325002616p:plain

ミステリーの女王「アガサ・クリスティ2夜連続ドラマスペシャル」一夜目が2018年3月24日に放送されました。一夜目は、『パディントン発4時50分寝台特急殺人事件』で、主演はアガサ・クリスティ原作ドラマに初挑戦の天海祐希さんで、共演に前田敦子さん、石黒賢さんなど豪華なキャストが出演します。

前年に人気だったアガサ・クリスティ原作の『そして誰もいなくなった』に続き、今回も期待が高まります。

そんなドラマ『パディントン発4時50分寝台特急殺人事件』のキャスト、あらすじ(ネタバレ)を紹介していきます。

 

 

アガサ・クリスティドラマ第一夜『パディントン発4時50分寝台特急殺人事件』キャスト紹介!

f:id:kinoshitayukari:20180325002656j:plain

天海祐希:天乃瞳子

f:id:kinoshitayukari:20180325003452j:plain

天乃瞳子は元刑事で危機管理のプロとして民間企業20社の顧問。 刑事時代は、警視総監賞など表彰されてきた。 がんを患った夫の看病で退職。夫が他界した後、現職。 亡夫の母が特急内で男が女性の首を絞めているのを目撃。真相究明に立ちあがる。 原作ではミス・マーベルという役名。

 

草笛光子:天乃雀

f:id:kinoshitayukari:20180325002750j:plain

天乃 雀は瞳子の亡夫の母。義母にあたる。長野・松本に住んでいる。ある日、事件を目撃し瞳子に相談。

 

前田敦子:中村彩

f:id:kinoshitayukari:20180325002759j:plain

中村彩は”スーパー家政婦”。瞳子の依頼により死体が投げこまれた疑いの富沢邸に雇われ、潜入調査をする。経歴は国立大学卒業、官庁に勤務後、なぜか家政婦に転職。

 

勝村政信:唐木警部

f:id:kinoshitayukari:20180325002923j:plain

唐木警部は警視庁捜査一課の刑事。瞳子の有能さを知っている。

 

桐山漣:鈴木刑事

f:id:kinoshitayukari:20180325002936j:plain

鈴木刑事は唐木警部とともに瞳子をけん制する。

 

橋爪功:山口参事官

 

f:id:kinoshitayukari:20180325003125j:plain

山口参事官は、警視庁の参事官。瞳子をけん制する。

  

西田敏行:富沢信介

f:id:kinoshitayukari:20180325003156j:plain

富沢信介はトミー製菓の会長で、死体が投げ込まれた疑いの屋敷の主人。ワンマンな性格で長女と執事と同居している。

 

原沙知絵:富沢恵子

f:id:kinoshitayukari:20180325003228j:plain

富沢恵子は富沢家の長女。未婚で、父・伸介と同居している。父の主治医・佐伯に好意を持つ。

 

鈴木浩介:富沢哲次

 

f:id:kinoshitayukari:20180325003236j:plain

富沢哲次は富沢家の次男。画家で、八丈島に住む。時折、実家を訪れる。

 

石黒賢:佐伯慶一

f:id:kinoshitayukari:20180325003415j:plain

佐伯慶一は、信介の担当医。

 

黒谷友香:木村 麗子

f:id:kinoshitayukari:20180325003436j:plain

木村 麗子は富沢邸に遊びにくる小学生の母親。

 

 

 

アガサ・クリスティドラマ第一夜『パディントン発4時50分寝台特急殺人事件』あらすじ(ネタバレ)

 

f:id:kinoshitayukari:20180325003452j:plain

瞳子天海祐希)の義母の天乃雀(草笛光子)からとんでもない告白を受けた。

雀はパディントン発4時50分発の汽車に乗り、途中で並走していた寝台特急朝霧の車窓から男が女を絞め殺すシーンを目撃したというのだ。

雀はその場で車掌にそのことを報告するも、車掌は夢でも見ていたのではと取り合ってはくれなかった。さらに後日、新聞を見てもそういったニュースがなく寝台特急朝霧から遺体は出てこなかった。

しかし、雀は見間違いではなく、本当に男が女の首を絞めていたと言い張る。


瞳子は、早速消えた遺体の謎を探るために、同じ時刻に寝台特急に乗り、殺人現場と時間を割り出す。瞳子の検証の結果、寝台特急朝霧内で殺人が起こった大体の時間と遺体の遺棄があったポイントを探り出した。

 

それは、線路に沿って隣接するトミー製菓会長・富沢信介(西田敏行)の邸宅だった。

 

富沢家に遺体が隠されていると推測した瞳子。知人のスーパー家政婦・中村彩(前田敦子)に連絡をする。彩は高学歴に元官僚という異色の経歴を持つ家政婦である。そんな彩を家政婦として富沢家に潜入させ、捜査を手伝ってもらおうと考えたのだ。

 

最初に彩を出迎えてくれたのは長女の恵子(原沙知絵)だった。
普段は恵子と父親の富沢信介(西田敏行)と、執事の大山勝(嶋田久作)も同居していた。さらに日常的に富沢家に出入りしているのは、信介の主治医という佐伯慶一(石黒賢)。慶一と恵子はつき合っているようだった。信介は10年前に妻を亡くし、その後長男は上海で事故死し、次女も出産の際に急死。不幸が続いて持病もあることで、信介はふさぎ込んでいた。

 

さらに、この富沢家に出入りしているのは画家の次男・富沢哲次(鈴木浩介)。
他にも三男の晴三(新納慎也)、四男の史郎、亡き次女の夫・古川晋(矢柴俊博)が出入りしていた。

 

また、彩は、子供たちが富沢信介の財産を取り合っていることを知る。そのこともあり、家の中は殺伐とした雰囲気だった。

 

数日後、彩は木村や次女の夫の子供たちに連れられて、敷地内にある古い納屋の中に入る。そこで、女の遺体を発見する。犯人は富沢家の内情に詳しい者だということは間違いない。

遺体の身元確認は難航し、富沢家の誰もが殺害された人物に見覚えがある人はなかった。

 

殺害された女は中国人?

 

そんなとき、恵子が中国人の張美麗ではないか?と言い出す。

張は長男の恋人だとされており、恵子は張に品川のホテルで会って兄の思い出を話そうという旨の手紙を送っていた。

 

その手紙が、富沢家の自宅で子供たちによって発見されたのだ。

このことから、警察も張が殺害された女だとし、遺産相続の人数を減らすために富沢家の人間が、張を殺害したと推測する。

 

そんな折、第二の事件が起こる。

 

第二、第三の事件が発生

 

富沢家で警察が張を殺害した犯人を見つけ出そうと事情聴取を行っていた。三男の晴三が事情聴取をされているとき、四男の史郎は、彩が晩餐のために作ったスープを飲んで腹ごしらえをしていた。

 

晴三の聴取が終わり、史郎の聴取が始まると、突然史郎が苦しみ始めた。

同時に、富沢一家の晩餐がおこなわれていたが彩が間一髪でスープを飲まないようにと止めに入る。

 

史郎は亡くなり、スープから毒物が検出された。 

スープを作ったのは彩だったが、次男、三男、次女の夫らが厨房を出入りしており、富沢家の多くの人間にスープに毒を入れる機会があった。

 

警察は躍起になり犯人を捜す。

 

 

殺害された女は張ではなかった

そんなとき、木村から連絡が富沢家の彩のもとに入る。

木村麗子は自分は張だと彩に告白する。

 

警察の取り調べで木村は張で、長男の栄一と付き合い子供をもうけていたことを告白する。しかし、38歳になったとき、父の信介から事業が悪化し取締役を解雇されたことから自暴自棄となり、上海で運転の最中に事故死した。

 

このことから、殺害された女が張ではないことが分かった。

では、殺害された女は誰なのか?

そんな中、三男の晴三も医師の佐伯から送られてきた薬に毒がもられており、亡くなってしまう。

  

犯人は誰?

彩からこの事件の報告を受けた瞳子。犯人の目星をつけるが、証拠がない。

刑事から、張と恵子が待ち合わせをしていた品川のホテルで、とある中国人の女の元に男が訪ねてきたことを聞く。

 

瞳子は、品川のホテルに足を運び、バーの女から中国人と思われる毛皮を着た女が、男と一緒にバーで飲んでいたことを知る。

 

バーの女から話を聞いた瞳子は、そのすぐ後に彩に電話である質問をする。

 

ある夜、瞳子は雀と一緒に富沢家を訪れた。

 

富沢家は瞳子たちを受け入れ、一緒に晩餐をすることになった。

雀はお手洗いにと彩とともに部屋を出る。

 

晩餐が始まり、最初に出されたのは、彩が作った魚のペースト・サンドイッチ。

 

それを誰が毒見をするかという話し合いになり、次男が食べる。

それを見て、サンドイッチを食べる瞳子

すると、瞳子が苦しみ始めた。瞳子は骨が喉に刺さったという。

 

医師の佐伯が瞳子の喉を見ようと、明かりのある窓際に来るように促す。

佐伯が瞳子の喉に手をかけた瞬間、雀が部屋に戻ってきた。

 

 

雀『あの男よ!私が見たのは!』

 

それを待っていた瞳子は、佐伯に女を殺害したこと、その殺害した女は佐伯の妻だということを迫る。

さらに、瞳子は佐伯が犯人という決め手として、品川のホテルのバーの女が言っていた男のたばこの癖と、彩が言っていた佐伯のタバコの癖が同じだったことを話す。

佐伯は、罪を認めて自白を始めた。

 

 佐伯には妻がいた。しかし、佐伯は妻との夫婦関係が冷え切っていた。そんな折、出入りしていた富沢家の長女・恵子と恋仲になってしまった。恵子との結婚を望むようになり、妻に離婚を申し出たが妻は佐伯の人生をめちゃくちゃにしてやると言い出した。

そして、佐伯は妻を絞め殺し、富沢家の敷地内に列車から遺体を捨てたのだ。

佐伯は後日、富沢家に行き、遺体を回収して隠した。

 

佐伯の妻は中国人だったため、同じ中国人で財産の相続権のある長男の妻の張が殺害されたと仕立て上げた。

そして、富沢家の財産争いの末の殺害ということで、自分を犯人候補から外したのだ。

そして、佐伯は恵子と結婚し、富沢家の財産を相続しようという魂胆だった。

 

 

婚約者の本性を知りショックを受けた恵子。

しかし、恵子は瞳子にお礼を言い、実は張に手紙を送ったことを知っていた人物は佐伯以外におらず、佐伯を疑っていたが言い出せなかったことを告白した。

 

 

終わり

 

 

無料で映画やドラマのDVD借り放題!動画見放題!0円登録はこちら!