春の日曜劇場に嵐・二宮主演が決定!ドラマ「ブラックペアン」あらすじ、キャスト、みどころ紹介!海堂尊の原作小説を実写ドラマ化で共演に、竹内涼真、葵わかな

 

f:id:kinoshitayukari:20180317032903j:plain

2018年4月からスタートするTBS日曜劇場は、海堂尊の小説の原作ドラマ『ブラックペアン』に決定!さらに、主演は嵐の二宮和也が務めることが決まり話題となっています。そこで今回はそんな注目の春ドラマ『ブラックペアン』のキャストやあらすじ、みどころなどを紹介していきます。

 

 

 

春の日曜劇場「ブラックペアン」あらすじ!原作は海堂尊の同名小説

f:id:kinoshitayukari:20180317032934j:plain

天才的な手技(縫合技術)を持つ外科医・渡海 征司郎は、大学病院にいながら出世に興味のない一匹狼で、万年ヒラの医局員だ。手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医である一方、その傲慢な性格と言動が周囲との軋轢を常に生んでいる。同僚からは「患者を生かし、医者を殺す」と評される通称“オペ室の悪魔”。

そんな渡海がメスを握る東城大学医学部付属病院に、他大学出身の新任の医師によって「外科医の腕を全く必要としない」手術用最新医療器具が持ち込まれ、新しい手術の形が導入されようとする。技量に左右されず誰でも扱えるという心臓手術用の医療機器に、外科医として手術の工程の一部を本当に任せることが出来るのか?

 

この技術導入に裏はないのか…? と疑い、反対する渡海の闘いが始まるそしてこの闘いは技術導入だけの問題にとどまらず、病院・研究室と製薬会社、医療機器メーカー、そして厚生労働省などとの癒着問題にまで発展していく。外科医としてのプライドを守ろうとする渡海が嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かい、新技術導入を巡る様々な不正や隠された過去を暴いていく、痛快な医療エンターテインメントドラマ。

渡海が医療の歴史が変わる渦の中に飛び込み闘う一方で、「ブラックペアン」と呼ばれる真っ黒なペアン(止血用鉗子)に隠された真実をめぐる駆け引きと、渡海自身が抱えるある因縁も明らかになっていく。大きな権力や、医学の限界に立ち向かっていく男の生き様を描いた人間ドラマ、日曜劇場『ブラックペアン』をお楽しみに。(公式HPより)

 

このドラマの原作は海堂尊の同名小説です。海堂尊の小説は今までで、「チームバチスタの栄光」「ジェネラルルージュの凱旋」など多数の小説がドラマ化されている人気作家です。今回は、主演の二宮和也を迎えてどんなドラマとなるのでしょうか?期待が高まります。

 

春の日曜劇場「ブラックペアン」キャスト紹介!
渡海征司郎・・・二宮和也

f:id:kinoshitayukari:20180218042352j:plain

今作の主人公渡海征司郎は、天才的な縫合技術を持つ孤高の天才外科医。手術成功率100%を誇るが、皮肉屋で傲慢な性格と行動が周囲と軋轢を生み、“オペ室の悪魔”とあだ名される厄介な男。皮肉屋で真意がどこにあるのかつかめない渡海を、演じるのは、嵐の二宮和也さん。

代表作にドラマ『拝啓、父上様』、『山田太郎ものがたり』、『流星の絆』、『フリーター、家を買う。』、『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』、映画『黄色い涙』、『GANTZ』、『プラチナデータ』、『ピカ☆ンチ』、『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶』、『検察側の罪人』などがある。

第39回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を始め、数々の演技賞で高い演技力を評価されている演技派俳優。二宮は外科医を演じるのは初めてということで、新たな一面が見られそうです。天才的な手技を持つ役とあって、すでに手術見学などの事前勉強を始めているようです。

 

世良雅志・・・竹内涼真

f:id:kinoshitayukari:20180305003401j:plain

世良雅志は、城大学医学部付属病院の研修医一年目で、真面目でまっすぐな性格。主人公で常識外れの渡海の言動に翻弄され反発する一方で、自分の非力さを痛感し、医師として成長していく。そんな世良を演じるのは、日曜劇場「陸王」を始めとするドラマや映画で2017年に大躍進を遂げ、2018年アカデミー賞新人賞を受賞し今年も注目される竹内涼真さん。竹内涼真さんは、ドラマ「車家の人々」で俳優デビュー。その後、「仮面ライダードライブ」に主演で出演して人気を得る。代表作にドラマ「下町ロケットNHK連ドラ「ひよっこ」ドラマ「過保護のカホコ」などがある。

 

花房美和・・・葵わかな

f:id:kinoshitayukari:20180305005640j:plain

看護師・花房美和は手術での器械出しを担当しはじめたばかりの新人。渡海の手術での手技に圧倒され、とっつきにくい渡海を徐々に理解していく。そんな花房には、現在放送中のNHK連続テレビ小説わろてんか」で主役を演じている葵わかなさんが抜擢。葵わかなさんは、2013年映画「陽だまりの彼女」で女優デビュー。その後、数々の話題作に出演し、NHK連ドラ「わろてんか」で主演を務める。

 

 

渡海春江・・・倍賞美津子

f:id:kinoshitayukari:20180305005707j:plain

外科医としてのプライドから組織や医療業界との闘いに身を投じていく渡海が唯一心を許せるのが、母・春江。原作には描かれないオリジナルキャラクターの渡海春江役には、倍賞美津子さんが演じる。倍賞美津子さんは代表作に、ドラマ「東京タワー~オカンとボクと時々オトン~」や「ラストフレンズ」などがあり、2010年には、映画「大奥」で、二宮和也と母子を演じており、今回は2度目の共演。渡海の人間らしさが垣間見える母子のシーンに期待がかかる。

 

高階権太・・・小泉孝太郎

f:id:kinoshitayukari:20180305005656j:plain

高階権太は、東の名門・帝華大学病院出身でマサチューセッツ医科大学に留学していたという華麗な経歴の持ち主で手術用最新医療器具・スナイプを持ち込み、渡海と対立する。そんな高階権太を演じるのは小泉孝太郎さん。小泉孝太郎さんは、ドラマ「初体験」で俳優デビューを果たし、それ以降、代表作にドラマ「踊る大捜査線シリーズ」や、「ハケンの品格」などがある。父親は元首相の小泉純一郎、弟は政治家の小泉進次郎小泉孝太郎演じる高階は医療の歴史を変える存在となるか、それとも裏の顔をみせるのか? 二宮演じる渡海との熾烈なやり取りに注目だ。

 

 

佐伯清剛・・・内野聖陽

f:id:kinoshitayukari:20180305005719j:plain

佐伯清剛教授は、東城大学医学部付属病院総合外科学教室・通称「佐伯外科」のトップに君臨する。日本屈指の腕を持つ心臓外科医で、“神の手”を持つ佐伯の手術を受けるために全国から患者が集まる。技術重視の佐伯が手術の際に“ブラックペアン”を使うのにはある理由があり、渡海との因縁やスナイプを強引に推進する高階との軋轢が描かれていく。そんな佐伯を演じるのは、内野聖陽さん。内野聖陽さんは、NHKドラマ「街角」で俳優デビュー。以降、代表作に大河ドラマ風林火山」、「真田丸」、「臨場シリーズ」「仁~JIN~」などにがある。“神の手”を持つ佐伯は“オペ室の悪魔”の異名をとる渡海の敵となるのか、味方となるのか。

 

脚本・丑尾健太郎

今作の脚本を担当するのは、丑尾健太郎さん。代表作にドラマ『小さな巨人』、『無痛~訴える眼~』、『HEAT』、『ショムニ2013』など。

 

 

 

春の日曜劇場「ブラックペアン」見所は?二宮和也×濃厚医療ドラマの組み合わせ

これまで数多くの話題作に出演し、2017年にはアカデミー賞主演男優賞を受賞した二宮和也さんと、人気小説家・海堂尊の原作という組み合わせだけでも見所満点なこのドラマ。

特に二宮和也さんの外科医役は意外にも初めてということで、ファン必見のドラマとなりそうです。

 また今作は、医療組織の闇を描くスペシャリスト海堂尊の原作小説をもとにしています。今回はどんな医療の闇に主人公演じる二宮和也が立ち向かっていくのか?濃厚な医療ドラマが期待できそうです。

 

そんな春の注目ドラマ「ブラックペアン」は、2018年4月夜9時より放送スタートです。