冬の日曜劇場「99.9‐刑事専門弁護士‐SEASONⅡ」あらすじ、キャスト紹介!松潤・香川照之は続投で新ヒロインは木村文乃

f:id:kinoshitayukari:20171103223237j:plain

2016年春ドラマで高視聴率を記録し、大人気となった日曜劇場「99.9‐刑事専門弁護士‐」。その人気ドラマのシーズン2が、2018年1月より放送決定!

主演の松本潤さん、香川照之さんら豪華俳優、スタッフ陣がシーズン1に引き続き続投するようですが、新ヒロインには木村文乃さんが抜擢。

そんな2018年冬の最も注目のドラマ「99.9‐刑事専門弁護士‐2」のあらすじ、キャストを紹介していきます。

 

 

 

 

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」のキャストと登場人物

 

松本潤:深山大翔

f:id:kinoshitayukari:20171103223300j:plain

今作の主人公・深山大翔は、斑目法律事務所・刑事専門ルームの弁護士。99.9%確定、普通は諦めるような事件でも残り 0.1%の事実を掘りおこす。幼少期に起こった父親の冤罪事件の真相を追っている。料理好きで調味料にはこだわり、MY 調味料セットを持ち歩いている。そんな深山を演じるのは、シーズン1から続投の嵐の松本潤さん。代表作に、「ごくせん」「花より男子」があり、ストイックで役に入り込む演技力に定評がある。2017年には映画『ナラタージュ』で主演を務めた。

 

香川照之:佐田篤弘

f:id:kinoshitayukari:20171103223313j:plain

佐田篤弘は、深山の勤める斑目法律事務所・刑事専門ルーム室長。東大法学部出身。数々の大企業の顧問弁護士を務め、起業訴訟に貢献。巨額の利益を事務所にもたらし自らも高額な報酬を得ている。「勝たなければ意味がない」 をモットーとする顧客利益重視の弁護士。そんな佐田を演じるのは、こちらもシーズン1より続投の香川照之。日曜劇場『半沢直樹』『小さな巨人』で主人公に立ちはだかる悪役を演じ話題となる。代表作に「MOZU」「ダブルフェイス」など。

 

木村文乃:尾崎舞子

 

f:id:kinoshitayukari:20171103223322j:plain

シーズン2からのヒロイン・尾崎麻衣子は東大法学部在学中に司法試験に合格し、司法修習を経て裁判官になったという超エリート。刑事裁判の担当としてキャリアを重ねるうちに、ある事件をきっかけに退官。ある日親友の弁護依頼の付き添いで班目法律事務所を訪れ、深山と衝突するが、舞子の優秀な経歴を知った佐田は、事務所に舞子を勧誘する。そんな尾崎を演じるのは、木村文乃さん。NHK朝ドラ『梅ちゃん先生』で注目されて以降、『マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜』で連ドラ初主演。2016年に結婚して妻となってからも、2017年の日曜劇場『A LIFE〜愛しき人〜』やドラマ『ボク、運命の人です。』に出演し、人気を不動のものに。

 

片桐仁:明石達也

 

f:id:kinoshitayukari:20171103223340j:plain

明石達也は、斑目法律事務所のパラリーガルで弁護士を目指している。ドSな深山からはいつも事件の証明のため無茶な仕事を任される。そんな明石を演じるのは、芸人でもあり俳優の片桐仁小林賢太郎とコントユニット「ラーメンズ」でお笑い芸人を続けながら、個性派俳優としても活躍する。主な出演作は、『ザ・クイズショウ』、映画『アイアムアヒーロー』など。2016年の「99.9シーズン1」で体を張ったコミカルな演技が注目を集めた。

 

 ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-シーズン2」のあらすじ

f:id:kinoshitayukari:20171103223439j:plain

タイトルの「99.9」とは、日本の刑事事件における裁判有罪率(起訴された際に裁判で有罪になる確率)を示している。世界一の有罪率を誇っており、日本の司法制度の高い信頼性の証明ともいえるが、そこには大きな落とし穴が隠されている。

 

一旦起訴されると検察の考えたストーリーが正しいと鵜呑みにされがちなのだ。さらに、刑事事件を専門に扱う弁護士の数も極端に少ないため、丁寧に検証することは極めて困難となってしまう。

 

しかし、たとえ99.9%有罪が確定している事件でも、残り0.1%が確定しない限り、それは本当の意味で“事実"に辿り着いたことにはならない。

 

深山大翔は、そんな99.9%有罪とみなされた刑事事件の案件でも、残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追及する超型破りな斑目法律事務所の若手弁護士。そして、深山とチームを組む敏腕弁護士・佐田篤弘。

2人はぶつかり合いながらも依頼された事件に隠された事実を暴いていく。

 

さらに、シーズン2では元裁判官の弁護士・尾崎舞子が登場。舞子は東京大学法学部在学中に司法試験に合格し、司法修習を経て裁判官に任官。

刑事裁判の担当としてキャリアを重ねていったが、ある事件がきっかけで裁判官を退官することになった。退官後は司法の世界から距離を置いていたが、ある日親友の弁護依頼の付き添いでやってきた斑目法律事務所で、状況証拠から有罪は免れない事件でも0.1%の事実を追求する深山と対立する。

しかし、舞子の優秀な経歴を知った佐田は、新たな戦力として舞子を勧誘。最初は難色を示す舞子だが、深山とぶつかり合う中で、やがて弁護士として法の世界に戻ってくることを決意し、チーム斑目の一員となった。

 

そんな彼女が、裁判官を退官するきっかけとなったある事件の裏には、元上司にあたるエリート裁判官の存在があった。その事件とは? そして、チーム斑目は、いずれこの男と対峙することになるが、その戦いの行方は?(公式HPより)

 

 

 

 

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」見どころ

新ヒロインの木村文乃さん

f:id:kinoshitayukari:20171103223544j:plain

前作では榮倉奈々さんがヒロイン役となり、型破りな主人公・深山とのやり取りが面白いと話題になりました。今作では、木村文乃さんが新ヒロインに抜擢。木村文乃さんが演じる尾崎舞子は、東大卒の裁判官という前歴を持つ超エリートということで、松潤演じる深山との、頭脳戦が気になるところ。深山はかなりの変人で切れ者なので、いったいどういった会話が生まれるのでしょうか?

 

また、前作で榮倉奈々さん演じる立花弁護士のプ女子(プロレス女子)という設定があり、小ネタや技をかけるところがかわいいと注目を集めました。木村文乃さん演じる舞子にも何か趣味となる設定があるかもしれません。

 

 

26年前の深山の父親の冤罪事件

 

この「99.9」ドラマのベースにあるのが、主人公・深山が抱える26年前の父親の冤罪事件の真相です。前回は結局、その真相は明かされませんでしたが、SEASON IIではその真相に迫っていくことになるでしょう。

 

他にも、シーズン1で好評だった、松潤が自分で考えているというおやじギャクなども取り入れられるのか、楽しみですね。

 

 

そんな2018年冬注目のドラマ「99・9‐刑事専門弁護士‐SEASONⅡ」は、2018年1月より日曜9時から放送開始です。楽しみですね。