小泉今日子ドラマ「監獄のお姫様」5話のあらすじ(ネタバレ)視聴率は8.0%!刑務所での育児スタートするも?

f:id:kinoshitayukari:20171101020213j:plain

 

小泉今日子主演・宮藤官九郎監督のドラマ「監獄のお姫様」。板橋吾郎(伊勢谷友介)にだまされて刑務所に入ってきたしのぶ(夏帆)は子供を出産しました。5話では、刑務所にはしのぶが子供を連れて帰って来て、刑務所でのカヨ達と子供の生活が始まります。そんなドラマ「監獄のお姫様」5話のあらすじを紹介します。

 

 

 

ドラマ「監獄のお姫様」5話のあらすじ(ネタバレ)

板橋吾郎(伊勢谷友介)が行方不明になってから、3時間が経過していた。

板橋の会社では、弁護士らが集まって、息子が脅迫文を読んでいる動画を見ていた。すると、板橋吾郎本人が椅子に座らせられた別の動画を発見する。

板橋「こんばんは。板橋吾郎です。僕はおばさんたちに誘拐されています。爆笑ヨーグルト事件の裁判のやり直し。それがおばさんの要求である。」

これは、カヨ(小泉今日子)らが、カンペをもち、板橋に読ませていた。それを検事の長谷川(塚本高史)が動画に撮っていた。

 

長谷川は、再審請求は難しく、1年で2件しか通らないため、自白ではなくて証拠が必要だと話す。

ふたば(満島ひかり)「その証拠を見つけるのが検事の仕事でしょ?」

 

2012年夏。

 

刑務所に江戸川しのぶ(夏帆)が、男の子を出産したという報告が入った。2611グラム、母子ともに健康で、しのぶと赤ちゃんは1週間で戻って来るという。

 

それを聞いて喜ぶカヨたち。しかし、突然小島(猫背椿)は仮釈放が決まり、一週間後には出ていくことになった。すぐに準備寮に入れられ、受刑者と外部で連絡をとらないようにと、挨拶もせずに釈放となった。

 

ふたばの過去

 

カヨらは、保育士や美容師の資格を取得するというガイダンスを受けていた。

しのぶの赤ちゃんが戻ってくるということで、足立(森下愛子)と大門(坂井真紀)はベビーシッターの資格を取ろうと話している。


カヨは、時間に余裕があることから美容資格を取ろうとしていた。その美容資格の指導者は、同じく美容師の資格を持つ若井ふたばだった。


ふたばは、自分の過去の話を始めた。ふたばが小さいころ、刑務官の父が栃木の刑務所に単身赴任していた。その刑務所内に美容院があり、いつも父に会いにいくときは、お気に入りのお姉さんに髪を切ってもらっていた。


ある日、再びその美容院に行ったら、お姉さんはいなくなっていた。仮釈放だった。そのときに、なんとなく事情を察していたふたば。ふたばは、憧れのお姉さんのような美容師になりたいと思って資格をとったのだった。しかし、普通の美容師はちゃらちゃらしていてなじめず、結局は刑務官になったのだった。

 

一週間後、しのぶが赤ちゃんの勇介を連れて戻って来る。カヨたちはその姿を見て、大喜びして迎える。

 

勇介を抱いたカヨは、赤ちゃんの可愛さに涙を流す。大門や足立らが赤ちゃんをあやしている傍ら、しのぶはふたばに調査室に呼ばれる。

法律上、江戸川しのぶは、最長1年半、子供と刑務所で暮らせるという説明を受ける。所長の護摩はじめは「赤ん坊の父親は、誰ですか?」と尋ねる。

 

2017年12月24日

カヨ「勇介くんの父親は誰?」
板橋吾郎「私だよ。勇介は、私としのぶの間に生まれた子供だよ。」
長谷川「やりましたね、馬場カヨさん!」

馬場カヨは動画に本名をばらされたと怒るが、長谷川はスマホの電池がないからと動画は撮れていなかった。

 

刑務所での子育てスタート

 

2012年。誰が父親かと聞かれたしのぶ。
しのぶ「未婚なら、父親がだれであれ親権は母親になるのでは?私の刑期は短くて8年。私には一年半しか子供と一緒にいられないんです。」

若井ふたば「甘えんじゃないわよ!労働基準法に触れるわ!休んで、ジェラート食べたい。」
護摩「こういう殺伐としたところだから。ね?」
しかし、ふたばは居直って所長を説得し始めた。

若井ふたば「所内に赤ちゃんがいることで、囚人たちには癒しにもなり、母子の関係もよくなります。現に、江戸川しのぶの子供を育てるためにベビーシッターの資格を取るという囚人も出てきています。この刑務所を全国のモデルケースにもできるのではないでしょうか。その代わり、人員の補充をお願いします。」
ふたばが所長を説得して、1年半の勇介の育児が始まった。

 

しのぶは、退院4日目から工場に出た。勇介は、女囚が交代で世話することになった。夜は、ベビーシッターの資格を取るために、大門と足立が世話をした。

 

ある日。馬場カヨの夫が、面会にやってきた。
武彦「届いた?クリスマスカード?」
馬場カヨ「うん。公太郎も一緒に連れてきてくれない?」 

しかし夫は、息子を刑務所に行かせるのかと、断る。
また、公太郎が学校でいじめられていることを告げる。
武彦「ごめんな。最低のクリスマスだな。」

 

馬場カヨは、息子がいじめられているのに、何もできないことに落ち込んだ。せめてもの償いにと、カヨはクリスマスケーキを勇介くんに渡してほしいと、刑務官に頼む。

 

 

2017年12月24日
女囚たちが、勇介の思い出で盛り上がっていた。

板橋吾郎「要するに、おばさんの母親ごっこじゃないの。」
馬場カヨ「おっしゃる通りです。」
大門洋子「赤ちゃんは私たちを差別しないし、蔑まない。純粋に接してくれるの。」
勝田千夏「だから、素直な自分でいられるの。」
馬場カヨ「そんな密かな楽しみを、奪ったのよ、あなたが。」

 

2013年の正月。しのぶや勇介たちと一緒にお正月を迎えたカヨ達。

しのぶ「まさか子供と一緒にお正月を迎えられるとは思っていませんでした。」

千夏(菅野美穂)「板橋にだまされたとは思ってなかったの?」

しのぶ「気づいてました。全く身に覚えがなかったですから。だから、子供を産むか裁判をするか迷ってたんです。私勇介を守るために刑務所に入ったんです。ここなら誰にも邪魔されないから。」
馬場カヨ「守るよ姫。ここにいる限りは安全だからね。」

 

2017年12月24日
板橋吾郎「子供を守る?俺は、殺されそうになったんだぞ。」

板橋は犯人に肩を刺されていた。
馬場カヨ「殺人犯が?」

長谷川は、親権について後輩に調べてもらっていたが、役に立たず、スマホの電池も切れかかっていた。

そして、ふたばが「勇介クイズ!」と叫びだす。
ふたば「正解なら、結束ロープが一本減るが、不正解なら増えます。第1問!勇介が初めて喋った言葉は?」

板橋「パパ!」

勇介が刑務所内で初めてしゃべったのは、「点検!」という言葉だった。

 

ふたば「第2問!勇介くん1歳の時に出た特別食は?」

 

1年後、勇介との別れが迫る

2013年冬。

しのぶは、洋裁工場のチーフになっていた。所長室に呼び出された、しのぶ、カヨ、千夏らはハンバーガーを食べる。

ふたば「お母さん、一年頑張ったからね。」

そして、刑務官一同からと、勇介にもプレゼントが用意されていた。

 

所長から保育期間は、最長で1年半だと念を押される。

しのぶ「やはり母に手紙を書こうと思います。絶縁状態ですし勇介のことも報告していません。でも親子ですから、私の味方になってくれると思います。」
馬場カヨ「勇介君から、私たちの思い出まで消さないといけないんですか?」

勇介は、実際、5年ぶりにカヨたちに会ったときに、カヨたちのことを覚えていなかった。馬場カヨは、「ホッとしたけど、なんか悲しかったな。」と話す。

 

 

ある日、江戸川しのぶの母親が、面会にやって来た。
しのぶは、自分はやっていないが、勇介を板橋に取られたくなかったため刑を受けたことを母親に話す。
母親は、「娘を信じない母親がどこにいますか?」としのぶを信じた。


しのぶは、「勇介をあの男に渡さないって約束して。必ず迎えに行くから、それまであいつには会わないでね。」と念を押し、母親も承諾する。

 

 

板橋が現れる

2017年12月24日。

ふたば「最後の問題です。私たちが最後に聞いた勇介くんの言葉は?覚えてるはずです。」
勇介が来てから一年半がすぎ、しのぶの母親が勇介を迎えに来た。
母親と別れるのだと感じた勇介が「ママ!」と泣き出す。
しのぶ「いい子にしてたら、必ず迎えに行くから。」

そして、勇介をしのぶの母親が車に乗って、連れて行こうとしたそのとき。

母親「しのぶ、ごめんなさいね。」

板橋吾郎が車から降りて来た。

「ママ!」と泣き叫ぶ勇介を抱きあげた板橋は、車で刑務所を出た。

しのぶは泣いて車を追おうとするがふたばに止められる。

その一部始終を、カヨら5人は目撃していた。

 

ドラマ「監獄のお姫様」5話のあらすじでした。

 

しのぶの赤ちゃんを、刑務所内で団結して我が子のように育てていました。我が子を奪われた母親の痛みは、しのぶだけでなくカヨたち5人も同じだったということでしょう。次回の6話では、板橋が勇介を奪ったシーンを目撃したカヨたち5人は板橋に復讐をしようと決意するようです。さらに、現代ではふたばが板橋誘拐の件がばれそうになるようですが、いったいどういった展開になるでしょうか?