ドラマ「監獄のお姫様」3話のあらすじ(ネタバレ)爆笑ヨーグルト姫事件の真相は?

f:id:kinoshitayukari:20171101020213j:plain

宮藤官九郎監督、小泉今日子主演のドラマ「監獄のお姫様」2話のあらすじは、江戸川しのぶ(夏帆)が「爆笑ヨーグルト姫事件」で刑務所に入所してきたところで、終わりました。

 

 

 

ドラマ「監獄のお姫様」3話のあらすじ(ネタバレ)

 

板橋吾郎の息子・勇介(前田虎徹)が,マスクをして警視庁前に立ってた。「爆笑ヨーグルト姫事件の裁判のやり直しを求める」と、タブレットの犯行声明を読み上げる勇介。母親の晴海(乙葉)がやってきて、勇介は保護された。

 

刑事らは、勇介に事情聴取をし、おばさん5人組が勇介を誘拐し、現在は吾郎を監禁していることを知る。

 

しのぶが入所


2012年春

主任の北見(河井青葉)に引率されて、江戸川しのぶ(夏帆)が、新人寮からカヨ(小泉今日子)、明美森下愛子)、洋子(坂井真紀)、悠里(猫背椿)らのいる雑居房につれてこられた。

馬場カヨがしのぶの教育係となった。

 

朝食の時、しのぶが話題の爆笑ヨーグルト姫だと、噂される。

姉御「なんでやったの?」

その日、高山沙也加という新しい看守が配属された。

 

洋裁工場で、馬場カヨが江戸川しのぶにバックの作り方を教える。

カヨは、バッジの色で待遇が変わってくると話し始める。金バッジは、1000円以内の刑務所外のご飯が食べられたり、カラオケ大会に出られるほど優遇される。しかし、それを聞いてしのぶが吐き出す。

 

カヨがいじめたのではないかと調査が入る。
しかし、ふたば(満島ひかり)が、しのぶを独居に戻すということになった。

 

勝田千夏(菅野美穂)が、江戸川しのぶに本を持ってきた。独居房の鍵が開いていたためだ。

しのぶは、殺人教唆だった。実行犯は、他にいると言われていた。馬場カヨは、そんな人には見えないと言います。

 

馬場カヨに検事の長谷川信彦(塚本高史)が面会にやってくる。
カヨの旦那から、預かってきた息子に送った手紙と離婚届を差し出す。

 

するといきなりベルが鳴った。114番の江戸川しのぶが逃走していた。新人の高山が独居房の鍵を閉め忘れていたためだ。食品倉庫に、江戸川しのぶがうずくまって泣いていた。

 

しのぶは調査され、「雑魚は雑居で雑魚寝しな!」とふたばに怒鳴られ、しのぶは雑居房に戻ることになった。

 

所長が、所長室で勝田千夏にハンバーガーを食べさせ、
「しのぶの騒動をメルマガにはしないでほしい」と頼んでいた。

 

 

 

2017年12月24日。倉庫に監禁された吾郎の眼の前に、カヨらが座っている。
板橋吾郎「しのぶに頼まれて、こういうことをやっているんだね。出所後に、手を取り合って、悪いことに手を染める。」

彼女たちを招集したのは、若井ふたばだった。
ふたばは、秘書をしているうちに徹底的に身辺調査をし、すべて知っているけれど、あえて言い分を聞くことに。

ふたばが「解放!」と号令をかけると、カヨらは吾郎の手のインシュロックをはずした。

 

吾郎の言い分

吾郎が話し出した。

しのぶは、吾郎の恋人のユキの存在に気づき、沖縄にユキを呼び出していた。

そして同じ時に、吾郎といっしょに沖縄旅行に行こうといいだした。あまり乗り気ではなかったが、しのぶは強引だった。

 

さらに、しのぶは旅行前に海外の犯罪代行サイトにアクセスして、沖縄にいるタイ人のプリンスと会う約束をしていた。

沖縄のホテルにつくと、怒ったユキがやってきて、しのぶを一人残しユキを海岸に連れて行った。
そこに潜んでいたプリンスに吾郎は肩を刺された。
そして、ユキを崖から突き落とした。ユキは大学時代からの付き合いで、自分の苦境を支えてくれた恩人で、しのぶは大切にしなきゃいけない人だから、どちらも選べなかった。

 

そして、プリンスが出国前につかまり、しのぶとのメールのやり取り、現金のやり取りなどの証拠が出てきて、しのぶは逮捕された。

 

吾郎「しのぶを追い込んだのは、私です。」

カヨ「もういいです。この人、嘘ついていないと思います。」

千夏「私もそう思う。」

姉御が、雑居房の新人に渡すパンを渡す。
吾郎「これをしのぶも食べたんですよね。・・・うまい。美味しいよ。」

涙を浮かべて食べる吾郎。

カヨ「嘘つき。そんなものが美味しいわけないんだよ。」

しのぶは、初めて食べたとき、「まずい!」とパンを履いてしまった。

ふたばは再び吾郎を拘束させる。

千夏は自分が吾郎と寝たことを口にしてしまうと、4人は驚き、椅子を集めて千夏の調査を始まる。

千夏「時間稼ぎだよ!」
カヨ「ご自身が汚れ社長に抱かれたら、説得力ないよね。」
足立「そういえば、あんた吾郎に首ったけだったよね。」

 

爆笑ヨーグルト姫事件の真相は?

 

2012年。刑務所にて、吾郎がTVに出ていると、走って身に来る千夏。
しのぶ「私にはもったいない人なんです。吾郎さん。私のこと、一人の人間として見てくれたんです。会議ですべてを否定されて、自分の考えを持て!と言われて、雷に打たれたように感じました。」
千夏「それは、典型的なマインドコントロールだね。」

しのぶ「婚約した時は、父に反対されていました。」

当時、しのぶと吾郎の婚約は、政略結婚で、吾郎にはほかに女がいると噂だった。
千夏「浮気相手がいても?」
しのぶ「私は信じていました。だから、ユキさんが押しかけてきて。」

しのぶが呼び出したとニュースでは流れていたので、事実と違うことに気づくカヨたち。しのぶは、何か隠してるようでした。

その後も、みんなから、「ほんとうはやってないよね」と聞かれるしのぶ。

 

しのぶ「私が犯人なんです。裁判も終わって、全てを受け入れたんです。吾郎さん自ら、弁護を引き受けてくれましたし。」

 

千夏「吾郎は、弁護側に立って、控訴したり長引かせないように弁護したのでは?」

姉御「裁判は費用もかかるし、会社のイメージも悪くなるから。」

しのぶは、刑務所に入る前、吾郎に「待っててくれますか?」と聞いていた。板橋は「もちろんさ。」と言い、しのぶはそれを信じていた。
板橋「全ては、君と僕のためなんだよ、しのぶ。」

 

しかし、監獄のカラオケ大会に出られなかった、カヨとしのぶはテレビで、板橋吾郎が西川晴海と付き合ってるとニュースを見る。

しのぶ「私、騙されてるのかな?千夏さんの言う通り、マインドコントロールされてるのかな?わたし、泣いてる。なんで泣いてる。」

 

急に洗面所に走り出し、吐いてしまうしのぶ。
しのぶ「私、やってない。殺してない。」
カヨ「ねぇ。妊娠してる?」
しのぶ「誰にも言わないでください!」

カヨ「そうはいかないよ。まいったな。わかったおばさんが何とかする。」

 

すると、高山がやってきて、馬場カヨに旦那の面会が入ったと告げる。

ドラマ「監獄のお姫様」3話のあらすじでした。

 

爆笑ヨーグルト姫事件の真相が徐々に明らかになってきました。しのぶを利用して、しのぶの親の会社をのっとり、邪魔なしのぶを監獄送りにして、自分はちゃっかり社長の座と妻と子供を手に入れたということでしょう。この事実を知って、仲間意識も芽生えた千夏やカヨは、しのぶの免罪を晴らそうと立ち上がるわけですが、この社長のクズっぷりもまた話題になりそうですね。

次回は、それぞれの受刑者らの過去が明らかになるようです。次回の4話も楽しみですね。