神木隆之介&浅野忠信ドラマ「刑事ゆがみ」2話のあらすじ(ネタバレ)斎藤工が下着泥棒役にゲスト出演!

f:id:kinoshitayukari:20171020004207j:plain

子供たちに剣道を教えている羽生(神木隆之介)。そこへ相棒の弓神(浅野忠信)が邪魔をしにくる。

中学校の教師・早杉千里(水野美紀)の部屋で打越(中川大志)が頭から血を流して倒れていた。
打越は程なく救急車で運ばれるが意識不明の重体。

 

千里が寝ているときに何者かが部屋に侵入し千里に暴行をはたらいていた。そのとき千里の勤務する学校に教育実習に来ていた大学生・打越が訪ねてきたため、犯人と争いになったという。

 

犯人は逃げる際に花瓶を振り回したため、千里はその花瓶で右手を怪我していた。

 

逃げた犯人を追いかけようとした打越は、花瓶からこぼれた水で足をすべらせ、テーブルの角に後頭部を打ちつけて意識不明となった。

 

千里は被害届を出したくないという。
千里は、事件のこと自体忘れたいとということ、また、中学校の教師という手前、このことが明るみに出ると体裁が悪くなると思っていた。
それでも事件として捜査をする必要があった。

 

捜査の担当になった弓神だった。弓神は、現場に残された足跡を見て、容疑者として浮かんだのは前科のある下着泥棒の郷亀(斎藤工)だった。
ただ、弓神は下着泥棒が女性を襲うのは不自然だと考えていた。

郷亀も「下着泥棒としての美学がある」と、容疑は否認していた。

 

 

弓神と羽生は、被害者の打越の病室を訪れる。 そこには打越の母親に追い返される千里の姿が。

 

打越の母は、千里のことを毛嫌いしているようだった。
弓神と羽生は、打越の部屋を調べたいと申し出る。

 

打越の部屋は綺麗に整頓されていた。

彼は小さいころから体が弱く、学校に通えるようになったのは、中学に入学してからだということを聞く。
また、弓神はパソコンのマウスの位置や部屋に貼られている写真から打越が左利きだと分かる。


一方、郷亀の盗んだ下着の中から千里のものが発見された。

羽生は郷亀が犯人とするが郷亀は本人がいるときに下着を盗んだり、暴行したり襲ったりはしないと、犯行を強く否定する。

 

弓神は羽生を連れ、千里の家に行くことに。

そこで弓神はいきなり花瓶で羽生に殴りかかった。

割れた花瓶の破片の様子を見ておかしいという弓神。花瓶はもともと部屋の奥にあった。
窓から逃げたと千里は証言したが花瓶をわざわざ取るには無理がある。
すいった、矛盾から弓神は千里に暴行し、花瓶を手に取ったのは打越ではないかと推理する。

 

そして弓神は、打越の部屋から盗んだノートを羽生に見せる。そのノートには中学時代の千里と打越の交換日記がつづられていた。ふたりは恋人関係のような状態だったようだ。その花瓶は、打越が千里に贈ったものだった。

 

そんな中、打越(中川大志)には大学に恋人がいたことが発覚。しかしその女性とはすでに別れていた。
千里も結婚相談所に登録していた。

相談所に向かった二人は、秋山という男の存在を知る。

 

そんな折、打越の容態が急変する。
羽生が駆け付けると部屋の前では打越の母に千里がののしられていた。 千里も一目で良いから打越の様子を見たいと懇願していた。しかし、千里の願いは受け入れられなかった。


その場を立ち去り屋上に向かった千里。
屋上のフェンスを上って飛び降りようとする千里に気付いた羽生が必死に止めた。

 

打越の様態が落ち着き、病院にやってきた弓神を含め話をす3人。

事件の日、千里は結婚相談所で出会った秋山という男と部屋にいた。

そこに、打越が現れた。


打越は千里のことをが好きだった。しかし、千里は自分との年齢や立場、打越の母親の圧力で打越への思いには蓋をしていた。
しかし、教育実習で偶然一緒になった打越(中川大志)と千里(水野美紀)は、恋人のような状態だったが最後の一線は越えていなかった。


そんな時、結婚相談所で知り合った秋山に1回だけ抱いて欲しいと頼んだ。千里は男性と経験がなく自信がなかったためだ。そこに、打越がやってきて3人は口論になった。
秋山はそのまま逃げたが、打越が花瓶を振り回したために、千里の右腕に当たってしまった。


そして、逃げた男性を追いかけようとしたときに床にこぼした花瓶の水で足をすべらせた打越がテーブルの角で頭をぶつけたということが真実だった。

千里は、打越との関係を隠すために、警察に嘘をついていたということだ。

 

数日後、打越は目を覚ました。
そのとき最初に呼んだ名前が千里だったという。


打越の母もさすがにその様子を見て、千里のことを受け入れようと思ったようで、羽生経由ではあったがそのことが千里に伝えられた。