TOKIO長瀬智也が主演に!夏の日曜ドラマ「ごめん、愛してる」あらすじ&キャスト紹介!主題歌は宇多田ヒカルに決定!

 

f:id:kinoshitayukari:20170614092619j:plain

2017年7月9日からスタートする日曜劇場は、長瀬智也さん主演ドラマ「ごめん、愛してる」に決まりました。今作は韓国で最高視聴率29.2%を記録し社会現象を巻き起こしたドラマ「ごめん、愛してる」の日本版リメイクドラマです。

 

さらに、今作の主題歌を担うのは、2016年に音楽活動に復帰した宇多田ヒカルさんが、このドラマのために書き下ろすそうです。

 

 

今回はそんな2017年の最重要ドラマ「ごめん、愛してる」のあらすじ、キャスト、見どころ、主題歌情報などを紹介します。

 

 

 

ドラマ「ごめん、愛してる」のあらすじ

 

幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた岡崎律(長瀬智也)。底辺で生きる彼の居場所はもはや裏社会にしかなかった。そんな暗澹とした日々を送っていた律は、ひょんなことから一人の女性・三田凛華(吉岡里帆)を助ける。後に、これが二人にとって運命を変える出会いとなる…。

ある日、律は事件に巻き込まれ頭に致命的なけがを負い、命がいつ尽きるかわからない状態に。せめて最期に親孝行がしたいと実母を探し始めた律は情報を掴み、母親・日向麗子(大竹しのぶ)を探し当てる。しかし律が目にしたのは、貧しさゆえに自分を捨てたと思っていた母親が息子のサトル(坂口健太郎)に溢れんばかりの愛情を注ぐ姿。裕福で幸せそうな二人の様子に愕然とした律は、母親への思慕と憎しみに葛藤する。そんな時、律は凛華と再会する。凛華は幼馴染みであるサトルに思いを寄せていたが、その想いは届かず寂しさを抱えていた…。(公式HPより)

 

 

ドラマ「ごめん、愛してる」キャスト

 

長瀬智也/役・岡崎律

f:id:kinoshitayukari:20170614092639j:plain

今作の主人公、岡崎律は、幼いころ母親に捨てられ、これまで誰にも愛されずに過ごしてきました。

 

血の気が多く喧嘩ばかり繰り返す一方で、愛を求める寂しい男でしたが、あるとき凛華(吉岡里帆)と出会い、母・麗子(大竹しのぶ)への憎しみから「愛」を知ることになります。

そんな律を演じるのは、TOKIOのボーカル・長瀬智也さん。代表作にドラマ『Days』『池袋ウエストゲートパーク』『fragile』などがあり、俳優としても演技力に定評があります。

 

吉岡里帆/役・三田凛華

f:id:kinoshitayukari:20170614092835p:plain

今作のヒロインの三田凛華は、幼馴染みであるサトル(坂口健太郎)に思いを寄せていたが、律(長瀬智也)に助けられ、彼の人間的な温かさに触れ徐々に惹かれていくという女性です。他人のために自分の犠牲をいとわない愛情深い性格ですが、そんな凛華を演じるのは、今ブレイク中の女優・吉岡里帆さん。9代目ゼクシィガールに選ばれて以降、

朝ドラ『あさが来た』や、『ゆとりですがなにか』『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』『カルテット』と立て続けにドラマに出演する女優です。

 

坂口健太郎/役・日向サトル

f:id:kinoshitayukari:20170614092905p:plain

日向サトルは、母・麗子(大竹しのぶ)の愛を一身に受け何の苦悩もなく祖だった、人気アイドルピアニスト。そんな日向を演じるのは、坂口健太郎さん。2010年『MEN’S NON-NO モデルオーディション』に合格し、2013年塩顔男子ブームの火付け役として注目される。代表作は映画『64-ロクヨン- 前編/後編』ドラマ『東京タラレバ娘』など、今を時めく若手俳優

 

大西礼芳/役・古沢塔子

f:id:kinoshitayukari:20170614093102j:plain

古沢塔子は、日向サトルが夢中になる天才サックス奏者。恋に奔放で自分の思うまま自由に生きる女性です。そんな古沢を演じるのは大西礼芳さん。さまざまな映画、ドラマに出演する若手女優で、代表作は「はじめまして、愛しています」や「フランケンシュタインの恋」など。

 

西脇千鶴/役・河合若菜

f:id:kinoshitayukari:20170614093555p:plain

河合若菜は、律と同じ養護施設で育ったという境遇を持つ一児の母親。若菜自身は子供のころに事故で高次脳機能障害となり、事故の時の7歳の知能で止まっている。そんな河合若菜を演じるのは、女優・池脇千鶴さん。映画「ジョゼと虎と魚たち」で好演し話題となった。さまざまな映画に出演する演技派女優。

 

 

大竹しのぶ/役・日向麗子

f:id:kinoshitayukari:20170614093120p:plain

日向麗子は、世界で活躍していた元一流ピアニスト。息子のサトル(坂口健太郎)に愛情を注ぎ甘やかし、プライドが高く周囲を振り回し勝ちな女性。主人公・律(長瀬智也)の産みの親だが、本人は律が自分の子供だと気付いていない。

そんな、日向麗子を演じるのは、ベテラン女優の大竹しのぶさん。映画『青春の門筑豊篇)』と連続テレビ小説水色の時』のヒロインで注目されて以降、さまざまな作品に出演しており、女優としても歌手としてもさまざまな分野で活躍している。

 

マフィアの跡取り息子に、韓国の人気俳優イ・スンヒョクが出演!

 

韓国のマフィアの跡取り息子で、律を兄のように演じているベクランを、韓国の人気俳優イ・スンヒョクが演じることが決定。

 

 

 

ドラマ「ごめん、愛してる」の見どころ

f:id:kinoshitayukari:20170614093705j:plain

原作は、当時の韓国ドラマ界の各賞を総なめにし、29.2%という驚異の記録をした大ヒットドラマです。

韓国でのドラマ名は『ミアナダサランハンダ』通称『ミサ』と呼ばれ、社会現象に。

今作は韓国だけでなく、中国、トルコ、タイなどでも放送され、アジア圏でも絶大な人気を得ています。

 

今作の再注目ポイントは、律-サトル-凛華の恋愛の三角関係と、律-サトル-麗子の母子の三角関係。 

複雑に絡まりあう、ふたつの三角関係に、この夏最も切ないラブストーリーが生まれる予感です。

さらに主演の長瀬智也さんは、20年ぶりのラブストーリーを演じるということも見どころの一つ。30代になった大人の色気で女性のハートを射止める演技に期待しましょう。

さらに相手役に『カルテット』で話題となった吉岡里帆さんや、塩顔男子ブームの火付け役となった坂口健太郎さんなど、話題性のあるドラマになりそうです。

 

 

ドラマ「ごめん、愛してる」の主題歌は宇多田ヒカルの『Forevermore』 

f:id:kinoshitayukari:20170626173125j:plain

2016年に音楽活動を復帰した歌手の宇多田ヒカルさんが、新日曜劇場「ごめん、愛してる」の主題歌を担当することになりました。

曲名は「Forevermore」で、2010年代を代表するようなラブソングにと、ドラマプロデューサーの清水真由美さんがリクエストしたものだそうです。宇多田さんがTBSのドラマに書き下ろすのは2002年放送のドラマ「First Love」の「SAKURA ドロップス」以来、約15年ぶりとなります。

宇多田ヒカルさんと言えば、2000年代の音楽シーンを彩ったカリスマ的存在ですが、2009年に無期限で音楽活動を休止していました。休止中、結婚、出産などを経て、2016年に音楽シーンに復帰。2016年の朝の連続ドラマ「とと姉ちゃん」で主題歌を歌い、復帰早々大ブームを巻き起こしました。

今回の『Forevermore』は、7月28日に新曲としてリリースされるそうです。「2010年代を代表するラブソング」どんな曲に仕上がっているのでしょうか?今から期待が高まりますね。

 

そんな、この夏最も注目のドラマ「ごめん、愛してる」は、2017年7月9日(日)夜9時よりスタートです。