読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ「リバース」5話のあらすじ(ネタバレ)広沢の死を浅見と谷原が隠蔽していた?

f:id:kinoshitayukari:20170422004525p:plain

藤原竜也主演のドラマ「リバース」、5話では、浅見(玉森裕太)が、村井(三浦貴大)が9年前の広沢の死に関係があると深瀬(藤原竜也)に話す。 そんな中、父を国会議員に持つ村井の不倫がばれてマスコミに追われ、深瀬のところに逃げて来る。深瀬は、村井と広沢の関係を深くしることができそうです。そんなドラマ「リバース」5話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

 

 

ドラマ「リバース」5話のあらすじ

f:id:kinoshitayukari:20170513211834j:plain

学生のころ、村井(三浦貴大)と広沢(小池徹平)は、

10年後に自分たちは何をしているかという話をしていた。

村井「広沢は想像もできないって笑っていた。だからこそ、広沢はあんなことができたんだな...]


浅見(玉森裕太)が深瀬(藤原竜也)に話をしていた。村井の妹の明日香(門脇麦)と広沢が付き合っていたということだった。しかし、その後、広沢には本命の彼女がいることが明らかになった。村井は妹と二股をかけていたのかと広沢に詰め寄ったのだった。

 

不倫をスクープされた村井は、明日香のところにいた。
明日香「小笠原っていう人が来たよ。」
村井「お前、何か話したのか?」
明日香「何も。」

村井と沼渕のW不倫がテレビや週刊誌で報じられている。

相良の注文がキャンセルになり1500万円の損失だと言われた深瀬は、それを埋め合わせるためあてを探していた。

そこへ村井が深瀬の家に来る。

深瀬「大変だったね。」
村井「悪いけど、2、3日世話になっていいか。」

出勤帰りの美穂子(戸田恵梨香)の後を歩くマスクの男。
エレベーターにまで男が入って来る。
雨の中、走って逃げる美穂子。そこに乾恭子(YOU)が助けに来る。

乾から「美穂子が襲われてクローバーコーヒーにしばらく泊まる」という内容で深瀬に電話がくる。

翌日、美穂子のパン屋に行く深瀬。
深瀬「昨日、クローバーの奥さんから連絡があって。」
美穂子「わざわざ来てくれたんだ。」
深瀬「大丈夫?」
美穂子「うん、警察にも相談したし。しばらく恭子さんが迎えに来てくれることになったし。」
深瀬「何かあったらいつでも連絡して。」
美穂子「心配かけてごめんね。」

 

浅見の生徒の藤崎莉子から浅見に電話が入る。
藤崎「いつ戻って来る?」
浅見「校内では、通話禁止だろ?俺は大丈夫だから。」

藤崎「みんなサッカー部のことなんてなかったみたいに。私、悔しいよ。正しいことしたあさみんだけ損したみたいで」

 

深瀬の自宅に浅見がやってくる。
深瀬、浅見、村井の3人で夕食を食べる。

深瀬「村井があの日、遅れて来たのは、前の日に事故ったからなんだよね。」
村井「そうだけど。」
深瀬「村井はあの時、」
浅見「村井聞きたいことがある。最後に広沢見たのは、お前じゃないのか?あの時何かしたのか?」
村井「してない。」
深瀬「本当に?」
村井「俺は何もしてないし、広沢のことも見ていない。」
浅見「あの頃、村井と広沢揉めてたよね。明日香ちゃんが、二股かけられたって。」
村井「あれか。広沢のこと1回殴ったことあるよ。」
二股は村井の勘違いで、明日香の片思いだった。
村井「本当に彼女がいたかはわからないけどな。明日香を傷つけないように嘘ついたのかもしれないし。」

村井は、妻の香織からの電話には出ないでいた。

村井「香織とは見合いだったんだ。政略結婚。俺の人生親父に利用されたと思ったら、どうしても受け入れられなかった。そんな時に、彼女と出会った。旦那のモラハラとかと戦いながら、政治家になった人で。ことはといる時だけは、自分でいられた。お前のほうは、彼女とはいつから?」

深瀬「知り合ったのは最近だけど、前から近所で会ってた。周りを明るくしてくれる太陽みたいな人で。俺には釣り合わないかもしれないけど。頑張りたい。」

小笠原に会いに行く、浅見と深瀬。

浅見「村井のスクープ写真を流したのは、あなたなんですか?」

深瀬「俺の周りの人も巻き込まれています。美穂子さんも。」

浅見が写真を見せて、広沢のお母さんと似ていると思わないか?と聞く。

小笠原「お母さん、疑ってるんだ。お母さんが誰かを雇って、やってると。」

浅見「本当のことを教えてください。」

小笠原「じゃあ、こうしないか。村井くんの単独インタビューを用意してくれたら、その質問に答えるよ。」

浅見「最低ですね。」

小笠原「そんなこと言うなら、自分でやりなよ。それと、駅のホームとか階段とか気をつけなよ。沼渕はマスコミに追われている。」

 

村井は、第一秘書に、もう少し頭を使え、優秀な議員を失うことになるんだぞと言われてしまう。

 

 

谷原の見舞いに来た明日香と浅見。

谷原の同僚の「なんとかしてやりたいんだけどね…」という発言を聞いて、

最近帰りが遅いことや無理して明るくしていることなどに気づいていた明日香は会社で問題を抱えていたことにショックを受ける。
明日香「私だけが何も知らない。やすくん、なんで何も言ってくれないだろうな。」
浅見「七海ちゃんが生まれた時、谷原が言ってたんだ。「早く孫見てえ。それまでは、死ねねえし。谷原は、家族を守るために必死に頑張ってるんだと思う。信じてやろうよ。」
明日香「浅見さん、励まし方が上手ですよね。さすが先生。ありがと。」

 

沼渕から村井に電話が入る。

沼渕「議員をやめようと思う。でも、後悔はしてないよ。」
村井「大げさななんじゃないの。俺は後悔している。愛情のない相手と関係持つと、痛い目見るとわかったよ。香織とも別れる気ないし。だいたいさあ、ことはから、議員バッチとったら、何が残るんだよ。」
沼渕「最後に確認させて。本当に、ほんの少しも愛情なかった?」
村井「なかったよ。最初から。」

 

深瀬が、村井に、コーヒーを入れてくれる。

村井「お前ほんとに聞かなくていいこと聞くよな。」

 

沼渕は、不倫はなかった、議員辞職はしないと、会見する。

深瀬に
「10年前の事件をこれ以上詮索するな
無視したら、お前にも、周りの人間にも不幸が続くことになる」

とメールが送られてくる。

そのとき美穂子がまた夜道につけていた男に襲われた。

深瀬が、叫び声を聴き助けに入る。男には逃げられてしまう。

クローバーコーヒーにて。
深瀬「ありがとう。無事でよかった。」
越智「ごめんなさい。私。ごめんなさい。」
と泣き出す。
深瀬は、大丈夫だからと美穂子を抱きしめる。

深瀬の自宅で、村井と深瀬が話をする
村井「顔は見たのか?」
深瀬「マスクで隠してた。」
村井「すごいな。お前は命がけで彼女を守った。」
深瀬「村井だって、彼女を守ったじゃない。」
村井「俺。守れたのかな。」
深瀬「守れたよ。きっと彼女も、村井の本当の気持ちわかってると思う。奥さんにも、ちゃんと話したほうがいいんじゃないかな。」
村井「深瀬って、人のことにやたらと一所懸命だよな。初めてわかったよ。こう言うやつだったんだって。」
深瀬「俺もそうだよ、村井も谷原も浅見も、俺が持っていないもの全部持ってると思ってた。でも、俺が勝手に羨ましがってただけなんだよね。みんなそれぞれ、人には言えない苦しいことたくさん持ってた。」
村井「俺、前に話したよな。10年前のあの日、浅見と谷原が谷底に落としたんじゃないかって。ただの想像ってわけじゃないんだ。」

2007年
駅で待っていた村井と明日香は、偶然タクシーが来て、途中までタクシーで別荘へ向かうことができた。
途中、谷原と浅見に会った

村井「あいつら、何かを隠蔽しているみたいだった。」

 

村井は、実家に戻ると言って合鍵を深瀬に渡す。

翌朝、深瀬の勤めている会社が倒産した。社長が会社の金を持って逃げたのだった。

帰宅すると、村井の父の秘書が深瀬の元へ。
村井と連絡が取れないということだった。

深瀬(新たな犠牲者が…俺たちを狙う影がまた一歩静かに忍び寄っていた。)

以上、ドラマ「リバース」5話のあらすじでした。

 

5話に来てまた、犯人は浅見と谷原の共犯ではないか?と村井に証言されます。

しかし、村井は浅見と出会って何かを隠蔽しているようだった、と話していたのに対し、前回浅見は村井が逃げるところを見た、と証言していて、どちらかが嘘をついていることにもなります。

さらに、村井は浅見と谷原を疑っているようですが、明日香は実の兄、村井を疑っていくようです。事故の日に何か不審な行動をとっていたことを見ていたのかもしれません。

さらに、美穂子が執拗に深瀬に謝っていたことも気になります。美穂子はストーカーの被害者なはずで、深瀬に感謝はしてもあんなに謝らなくてはならないということは、何かやましいことがあったのかもしれません。

 

谷原をホームに突き落とした人物、そして美穂子を襲った人物と、告発文を送っている人物が同一人物なのか、それとも関係がないのかも気になります。第6話では、その犯人ともとれる、怪しい人物が次々現れるそうです。次回も目が離せませんね。