長谷川博己主演ドラマ「小さな巨人」4話のあらすじ(ネタバレ)視聴率!裏切者は一課長?

f:id:kinoshitayukari:20170509160429p:plain

ドラマ「小さな巨人」前回の3話で、情報をリークしていたのが、副署長だと発覚しましたが、重要な事実を握る山本アリサには逃げられてしまいます。4話では香坂らがさらに黒幕を追っていくようです。ドラマ「小さな巨人」4話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

 

 

ドラマ「小さな巨人」4話あらすじ

 警視庁では、香坂(長谷川博己)が三笠署長(春風亭昇太)と小野田一課長(香川照之)を呼び出す。
小野田「香坂、今回の失敗の原因はなんだ?」
香坂「全ては私のミスです。せっかくチャンスをいただいたのに。」

香坂(警察内部に内通者がいる。この男、必ず落としてみせる。)

所轄にて。

山田(岡田将生)が一課長の行動記録を取っている。
山田「ゴーンバンクですが、関連会社が、警視庁の天下り先になっています。」
1年前に、捜査1課長とゴーンバンク社長が、懇親会で繋がっていた。

中田隆一(加藤晴彦)、山本アリサ(佐々木希)も参加していた。

アリサから隆一に電話をかける。
アリサは、館山の別荘に匿われていた。

 

しばらく、そこから出るなと隆一がアリサに伝える。

 

山田は、小野田の奥さんの調査をしようとする。

一課長は、プライベートでゴーンバンク社と関わっているのではと思われる。

こちらも情報を流せば、一課長がゴーンバンク社の社長と会おうとするのではと、香坂が考える。

毎朝新聞の記者に、香坂が会う。

 

翌日、毎朝新聞に、ゴーンバンク社長、中田和正が、隆一の殺人を隠蔽した疑いがあると出る。

香坂が外部にリークしたのがバレたら、懲戒処分になるかもしれないが、香坂はそのリスクを負って黒幕を追求する意志を固める。

ゴーンバンク社のイメージがダウンしていく。

 

誰かが捜査情報を漏らしたと、中田も小野田も気がつく。

香坂は三笠署長に、内通者である小野田一課長を炙りだすために、情報を流したと告げる。

三笠「育て方が間違っていたかもしれん。そこまでの覚悟があるんなら、徹底してやれ。99%黒でも、100%の確証がなければ意味がない。必ず、小野田の尻尾を掴むんだ。」
香坂「ありがとうございます。」

小野田が料亭「みやび」に行くことを山田に告げる。それを山田が香坂に報告し、所轄の刑事も動き出す。

中田和正と小野田が、料亭に向かう。

隣の部屋で、香坂が待つ。会話を録音しようとしているが、中田があと一歩のところで帰ってしまう。

小野田に、隣の部屋に香坂がいるのがバレる。

小野田「誰かと待ち合わせか?」
香坂「一課長こそ。」
小野田「人と待ち合わせだったが。部下をもっと鍛えるんだな。あんな見張りでは犯人に気づかれるぞ。お前の真意というものを聞こうか。一体何をしようとしている。返答次第ではただでは許さん。答えろ香坂。」
香坂「私も、一課長の真意を聞きたいと思っていました。我々が追っている事件の中田隆一に我々は幾度となく迫っていたはずです。しかし、あと一歩のところで、未だ逮捕には至らない状況です。」
小野田「お前たち所轄の失態ということだろう。」
香坂「そのご指導なら甘んじて受けます。しかし、本当にそれだけの理由でしょうか。先日の山本アリサについては、我々がアリバイ偽証の証拠を掴んだ直後に姿を消しました。彼女は我々の情報を知っていたとしか考えられません。つまり捜査情報が漏れていたということになります。」

小野田「なるほどな。警察内部に内通者がいる。それが、私だというわけか?答えろ。この捜査一課長小野田義信の目を見て答えろ!」

そこに山田が来る。
山田「表にいる所轄刑事の処分はどういたしましょうか?」

 

小野田「構わん。責任は全て香坂が取る。そうだな?」
香坂「はい。」
小野田「私が内通者だというのなら、その証拠をもってこい。だがそればなければ、どうなるか。覚悟はしておけ。」

 

山田が、小野田の奥さんの口座を調べたが、インサイダー取引に関わった形跡はない。

小野田が記者をリークしたのは香坂だとわかる。
小野田「それにしても、香坂は、あの場所に私が来るとどうやって知ったのだろうな。」
山田「さあ。私には。」

藤倉に、一課長見張るなら、犯罪者を見張れと言われる、香坂。

所轄の完全敗北に終わった。

 

香坂が帰宅すると、美沙が靴を買ってくれていた。
香坂「すまない。まだ理由は言えないんだけど、警察官やめることになるかもしれない。」
美沙「そう。別に謝ることないじゃない。今まで頑張ってきたのは知ってるし。いいんじゃないの。やめても靴は必要だしね。」

山本アリサが事件のことを知って、中田に接触して来る可能性があると、まだ張り込みを続ける。

山田と香坂が、車で張り込みをしている。
香坂「山本アリサは、どうして大きな失敗をしてしまったんだろうな?」
山田「AIを活用した防犯システム。それをはじめに開発したのは、アメリカの会社だったんです。その技術開発が成功すれば、犯罪が飛躍的に減る。その未来に共感し、山本アリサは、その会社への投資を決めたんです。しかし、開発の成功には至らず、投資は大損害を被りました。」
香坂「その責任を一人で負わされたというわけか。」


そこへ、山本アリサが中田隆一に会いに来る。
隆一が、アリサを車に乗せる。
アリサ「どういうことなの?」
隆一「まだわかんないかな。お前はすでに犯罪者なんだよ。」

香坂たちは、あとをつけてアリサのいた別荘までついた。

アリサに接触する香坂。このままだと、隆一の罪をかぶることになると言う。

 

アリサに自首を勧める。

香坂「我々の理想は、犯罪そのものがこの世からなくなることなのです。我々もあなたも理想とするものは同じなのです。今なら、正当な罰を受けることができます。あの男の言いなりになっていたら、それすらも奪われてしまいますよ。連絡を待っています。」

 

所轄へ帰った香坂に電話が。

アリサが自首すると。

そして会議で明日の朝山本アリサが自首すると、署長に報告する香坂。これで隆一のアリバイも崩せるはずだと意気込む。
それを聞いている、小野田。

隆一から小野田になんとかしろと電話が。
山田ではなく別の人間に運転を頼む。

 

そして、何者かがアリサの別荘へ。
そこに香坂と山田が待っている。

香坂「どうしてここにいるんですか?三笠署長?」

すでに山本アリサは所轄に来ていた。

香坂「先日、小野田課長は、こちらに堂々と聞いてきました。もし内通者ならそんなことはできない。では、一体誰なのか。私が酒を飲んでいたことをリークしたのは、小野田課長だと思っていました。しかし、もう一人、知っている人がいる。そう考えると、全て辻褄があう。内通者はあなたなんですね。」
三笠「それで?証拠はあるのか?動機はなんだ?なんども教えただろう。99%黒でも、100%でなければ意味がない。それはゼロと同じなんだよ。隆一が犯人だろうが、私にはなんの関係もない。」
香坂「いえ、あなたは100%黒です。」
三笠「証拠は?」
香坂「私の勘です。」
三笠「勘だと。この私に向かって、よくそんなこと言えるな。引き上げてやったのは、この私だぞ。今だったら許してやる。謝れ。誠心誠意謝罪をしろ。」
香坂「あなたは正義を第一に考え、そのために組織の規律を重んじて来た方です。私もその姿勢を尊敬し、親のように育てていただき、あなたから多くのことを学んで来ました。ですが、それは全て虚像でした。あなたはもはや敵だ。私があなたにすべきことは、許しをこうことではない。99%を100%にしてみせる。私はあなたのことを絶対に許さない。そのために真相を突き止めてみせる。」
三笠「お前たちには、何もできんよ。この私を敵に回すと言うことは、警察組織全体を敵に回すと言うことなんだよ。いずれわかるよ。お前たちがやっていることは、お前たち自身を否定することになる。お前たちもゼロなんだよ。」

 

香坂が所轄に帰ると、アリサは一課によって、連行された。

ドラマ「小さな巨人」4話のあらすじでした。

 

小さな巨人」の1話で三笠が言っていた「敵は味方のフリをする。」という言葉通り、三笠が今回の黒幕でした。しかし、小野田とゴーンバンクとも繋がりがあるのは確かですが、小野田の妻への振り込みも内容が不透明なまま。

さらに、切り札のアリサも一課に連れていかれ、三笠が黒幕だと分かっても三笠が言うように「何もできない」状態になってしまいました。

小さな巨人」5話で、芝署編は完結し、中田の事件に終止符が打たれるようです。次回も楽しみですね!