ドラマ「リバース」4話のあらすじ(ネタバレ)&視聴率!事件の真犯人は村井?

f:id:kinoshitayukari:20170422004525p:plain

藤原竜也主演のドラマ「リバース」、前回の3話で谷原がホームから突き落とされ、7年前の事件の復讐が始まったと他の3人は気づきます。

深瀬らは本格的に犯人を探し始め、谷原を突き落とした犯人として、ある女性、広沢の母・昌子が浮かび上がってきます。

ドラマ「リバース」4話のあらすじ(ネタバレ)です。

 

 

ドラマ「リバース」4話あらすじ

f:id:kinoshitayukari:20170422004700p:plain

浅見康介(玉森裕太)は、大学の時に家庭教師のバイトをしていた時のことを話す。

浅見「大学の時、家庭教師のバイトをしていた。

ある日、別の先生を変えて欲しいと言われた。

浅見は、できない生徒の気持ちがわからないと言われた。

後任についたのは、広沢(小池徹平)だった。

のちに、その生徒は高校に合格した。」

 

深瀬(藤原竜也)は、谷原が入院している病院に行く。

 

深瀬「誰が突き落としたの?」
浅見「わからない。あとちょっと遅かったらやばかったって。」
谷原明日香「意識が戻るかどうか。」

浅見「谷原、告発文ノーダメージだって言ってたよね。」

深瀬「だから突き落とした…。」

浅見「脅しや嫌がらせで済む相手じゃない。」

 

村井と妻。


香織「夫と別れてって言ったら、引き下がったわよ。あなたもうちに帰ってらっしゃいよ。なんで黙ってるの?言い訳されるよりよっぽど嫌なんだけど。」
そこへ、明日香から電話がかかってくる。

 

深瀬「広沢がいなくなった時の話なんだけど。浅見と谷原が、二人で広沢を探しに行ったよね。二手で探してたって。村井が言ってたんだけど。」
明日香「この前、飲みに行きましたよね?」
浅見「いつも通りの谷原だったよ。」
深瀬「家では普通でした?脅されてたとか?」
明日香「誰かから恨みを買うような人ではありません。」

 

帰り道、深瀬は相良(鈴木仁)の親に会い、来週の指導会議に出てくれと言われた話を浅見にする。


深瀬「困るよ。そんなのどんな条件出されても。」
浅見「話に乗れば。例の彼女も見直すかもしれないし。こっちのことは気にするな。」

 

 

村井は、明正の秘書から、浮気がばれて妻・香織がことはの自宅に乗り込み騒ぎになったことなどを責められる。

 

深瀬の会社では、深瀬の営業成績が相良のおかげでトップになる。直後、相良に電話をする深瀬。


深瀬「やっぱり嘘はよくないと思うんですよ。」
相良「先生たちも、生徒の将来のためにも無駄に騒ぎたてるのはやめようと言っています。お願いしますよ深瀬さん。」

 

この前の居酒屋に集合する3人。
深瀬「全部、警察に話そうよ。告発文のこととか、広沢のこととか、酒のこととかも。」
村井「お前、それは墓場まで持って行くって約束だろう。」
深瀬「二人はさあ、酒のこと以外隠していることある?」
村井「ねえよ。」
浅見「告発文のことは話したほうがいいんじゃない?早めに犯人捕まえてもらったほうがいいんじゃ。警察のほうは?」
村井「改札を出て行く女がいたっていう話だけど。帽子被ってて顔は見えなかったって。
野球で勝ったあとで、自殺はない。」

深瀬「親とか?」
浅見「ないんじゃない。でも、恨んでると思うよ。わざわざ愛媛から出てきて、告発文を送ったり。」
深瀬が、写真から、広沢の母親、広沢昌子らしき女性を見つける。

お見舞いのケーキを買うのを迷っている、深瀬。そこに、越智美穂子(戸田恵梨香)が来る。動物ケーキをオススメする美穂子。

美穂子に谷原のことを話す。
深瀬「最近、変わったことあった?怖い思いしてない?」
美穂子「全然。」
深瀬「ならよかった。」

谷原の元へ、お見舞いに行く深瀬。
明日香とも会うが、谷原の意識は依然戻らない。
小笠原も来ていた。

小笠原「ご主人に脅迫文が舞い込んでいるのはご存知でしたか?」
明日香「はい。」
小笠原「深瀬くん、村井くん、浅見くんにも同じものが送られているんですよね。この4人に共通していることといえば。」
明日香「あの事故のことですよね。それと、谷原が突き落とされたことと関係があるんですか?」
小笠原「で、どうでしたか?あの時。」
明日香「すごいショックで。知っている人がいきなり死んでしまって。好きだったし、仲良くなりたいなって思ってたけど。何を調べているんですか。」
小笠原「私は、ただ、ご主人をあんな目に会わせた奴を突き止めたい、それだけです。」

 

 

深瀬も犯人を探したいと言い出す。
小笠原「君は、死んでお詫びするのか?3人は秘密を守ろうと思っている。お酒を飲んでいたこと以外に、もっと何かが隠されている。」
深瀬「どうやって聞き出すんですか。」
小笠原「次は一体誰が狙われるのか?家族とか身内って可能性もある。急がないとな。」

そう言って小笠原は去っていった。

 

深瀬は、広沢のことをノートに整理する。

(広沢由樹はカレーが好きだった。

広沢由樹には彼女がいた。)

深瀬「ダメだ、思い出せない。」

 

2006年春

大学4年のゼミの初日に、広沢と一緒になった。大学内でコーヒー豆をばらまいてしまった深瀬に、豆を拾ってくれたのが広沢だった。広沢と話していると、気が楽だった。

 

相良から電話が入る。しかし、深瀬は電話に出ないで、留守電に、「明日よろしくお願いします。そのあとお食事でもどうでしょうか?住吉信託銀行の人事部長もいらっしゃるので…」とメッセージが入っていた。


浅見は、毎日相良の家に行くが、いつも門前払い。

深瀬は、学校へ向かう前に、グリムパンの前を通り、働いている美穂子の顔を見ていた。
学校に到着する、深瀬。

学校での会議が始まり、相良は、深瀬に「ビールでしたか?ノンアルコールでしたか?」と聞く。
深瀬「ビールです。やっぱりビールです。断言はできません。俺が断言できないからって、無実であることの証明にはなりません。誰にも、何も証明できません。本当のことを知っているのは、彼らだけです。」
相良の息子「俺らバカじゃないですよ。部室で飲酒したら、大会に出場できないくらいわかります。」
深瀬「本当にそれでいいの?嘘はつきたくない人もいるんじゃないの?」
相良「もういいです「」
深瀬「言わせてくださいよ!消えて無くなることはないんです。その時はごまかせたと思っても、あとで必ず辛くなります。うまく行かないことがあった時、全部、報いだと思ってしまうんです。あの時の罰だって。そのことで周りの人を傷つけることだってあるんです。そういう思いはして欲しくないです。」
校長「夏の大会の出場は控えてもらいます。冬の出場まで励んでください。」

 

浅見「俺はいい友達を持ったよ。」
深瀬「友達って俺のこと?」
浅見「学校くるたび、世間話するだろ。俺はそういうの友達って呼ぶけど。」
深瀬「広沢のことも友達って思ってた?」
浅見「当たり前だろ」

 

深瀬の会社では、相良からの注文は、キャンセルに。

 

浅見の告発文が、SNSで拡散されていた。そのことで藤崎莉子(山口まゆ)が相良了平を責めると、馬鹿にされて
莉子が相良了平を殴る。浅見が止めに入る。

浅見は、校長室に呼ばれ、有給を消化してみてはと、謹慎を薦められ暫く学校を休むことに。
藤崎「先生ごめん。私が騒ぎを起こしたせいで。」
浅見「別に藤崎のせいじゃないから。森下先生のこと困らせんなよ。」

美穂子が夜道を一人で歩いていると、背後から黒い影が。

 

浅見が深瀬に会いに来る。
浅見「警察に言えなかったことがあってさ。谷原にも誰にも話してないんだけど」

2007年、広沢と連絡が取れず、
谷原と浅見が別れて、広沢を探す。
谷原から浅見に電話が入る。そして、浅見が谷原のもとに駆け付けると浅見は爆発を目撃した。そのとき、誰かが逃げて行くのを見た。
浅見「あれは、村井だったと思う。」

浅見「あいつは、タクシーで現場まで来た。事情聴取は村井が一番長かった。最初に旅行に行こうと言い出したのも村井だ。村井が何か仕組んだんじゃないのか?」

深瀬「俺は、情けないほど何も知らない。」

ドラマ「リバース」4話のあらすじでした。

 

4話では、復讐の犯人を捜すという内容でした。最初に浮上したのは昌子でしたが、小笠原は昌子ではないと言います。

そして、事件の真犯人として村井が新たに浮上します。当時、村井は明日香といっしょにいたと思われていましたが、事故現場にいて、爆発直後に村井が逃げるところを浅見によって目撃されていました。村井が仕組んだ殺人の可能性もありえますね。

 

5話では、村井が不倫の件でマスコミに押しかけられ、一時避難場所として深瀬の自宅を訪れます。深瀬は村井から新たに事件の真実を知ることができそうです。また、美穂子のストーカーの犯人は復讐をもくろんでいるのか?真相が明らかになりそうです。