読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

橋本環奈ゲスト出演!相葉雅紀主演ドラマ「貴族探偵」3話のあらすじ(ネタバレ)&視聴率は?

 

f:id:kinoshitayukari:20170425003033j:plain

女探偵の高徳愛香(武井咲)と、貴族(相葉雅紀)が使用人たちを使って推理対決をするドラマ「貴族探偵」。今回は、橋本環奈演じる女子高生が恋人が犯人として捕らえられてしまう殺人事件の再調査を二人に依頼します。真犯人は一体だれなのか?また、愛香の先輩の探偵・切子の正体とは?ドラマ「貴族探偵」3話のあらすじを紹介します。

 

 

 

ドラマ「貴族探偵」3話のあらすじ

高徳愛香(武井咲)の事務所に、垂水遥(橋本環奈)が訪れる。

遥は事件の経緯を語りだした。

事件が起こったのは、千葉の小さな港町。倉庫で30代の女性の遺体が発見された。背中には刺し傷があり、頭と両腕が切断されていた。

数日後、頭部と腕を埋めていた男・浜村康介(内野謙太)が見つかり身柄を拘束された。

 

その後、殺されたのは、宇和島逸子という女性だと判明した。
逸子は高校の教師である浜村と生徒の遥が付き合っていることを知り、

金銭を要求していた。

 

浜村と遥は、結婚を約束するほどの真剣な仲だったが、マスコミは遥を好奇な目で取り上げた。

さらに、浜村は犯行を否定していた。遥は、高徳の探偵事務所に捜査の依頼にやって来た。


愛香「真相が明らかになるまで、あなたを見捨てないから。」

愛香(私が彼女を助ける・・・あの日師匠が私を救ってくれたように…)

強い思いを胸実、愛香は遥と現場の倉庫の捜査へ向かった。

そこに、貴族探偵(相葉雅紀)が現れる。執事の山本(松重豊)が狩りの帰りにたまたま事件現場のそばを通りかかり、面白そうだと寄ったのだという。

 

 

貴族探偵「なぜ、遥さんが苦しまなくてはならないのですか?」
遥「結婚を約束した人が、この事件の犯人だと思われていて。」
貴族探偵「あなたにフィアンセがいたなんて。あなたが依頼した探偵は、3流もいいところです。私が代わりに依頼を引き受けましょう。」
遥「待ってください。愛香さんは約束してくれたんです。最後まで見捨てないって。だから、私も、最後まで愛香さんを信じます。」
貴族探偵「これは責任重大ですよ、女探偵さん。」

千葉県の警察署で、貴族探偵の口利きによって、拘留中の浜村と遥は再会を果たす。鼻形刑事(生瀬勝久)も、貴族探偵のご機嫌をとるため駆けつける。

 

浜村の話では、玄関の前にダンボールが置いてあって、頭と手が入っていた。怪しまれないように、埋めようとしたという。
浜村にアリバイはない。

貴族探偵の口利きで、愛香と田中(中山美穂)は、捜査資料の閲覧を許された。

田中は宇和島逸子の死亡推定時刻に注目した。

宇和島逸子の死亡時刻は14時~18時。逸子は美容室と17時に和菓子屋に行っている。
このことから殺害時刻は、17:00から18:00に絞られる。
また、田中は宇和島逸子の家が荒らされていることにも注目し、何か自分に不利な証拠品を探していた可能性があると語る。

 

宇和島のマンションに行く、愛香と鼻形。
逸子の夫、宇和島政人は、駆け出しのプロボクサーであった。

自宅は全てにラベリングがされ、整理整頓されていた。逸子の財布の中は、乱雑にレシートが押し込まれていたことから、自宅の様子を不自然に思う愛香。


政人が最後に逸子に会ったのは、21日早朝で、撮影した動画もある。その後、政人は、16時までバイトをして、18時から後楽園でジムの仲間の試合を見た。

 

続けて鼻形と愛香は、逸子が買い物に行った和菓子店と美容室へ。

美容院の小関が逸子が15~16時に美容室に来店したことを証言。その後17時に和菓子店に訪れていることを店主が証言した。逸子がしていた派手な指輪を店主が覚えており、逸子で間違いないと話す。

また、美容室には逸子が訪れていたときに回覧板を持ってきたという近所の主婦の証言がある。さらに、21日の15~17時は雨が降っていたことが分かった。

愛香はGiriにこの1週間の天気を聞くが、雨は降っていない。
愛香「真犯人がわかりました。」

 

愛香と事件関係者は、貴族探偵のテントに集められる。

 

貴族探偵「今日こそは期待を裏切らないでくださいよ。女探偵さん。」
愛香「事件のポイントは、犯人はなぜ、頭部と両腕を切り取ったのか。犯人は顔と手が必要だった。」
貴族探偵「なぜ顔と手が必要だったのですか?」
愛香「それは、疑いの目が向けられないよう。仲の良い夫婦を演出するためです。そうですよね。宇和島政人さん。」
政人「何、言っているんですか?」
愛香「逸子さんの財布はレシートだらけ。決して几帳面な人とは思えません。部屋は、神経質に整頓されていた。家事全般を政人さんがやっていて、逸子さんは、本当は、政人さんをこき使っていたんじゃないですか?」
政人「逸子は、理想的な。」

愛香「そのスネの怪我は奥様の暴力でできたものですよね。でも、プロボクサーのあなたはDVを公表できなかった。逸子さんを殺す動機がある。」
政人「でも、俺にはアリバイがある。俺は東京に向かってた。俺には殺せない。」
愛香「でも、替え玉を使っていたら。倉庫の窓は開いていた。しかし、外には血が飛び散っていない。」
政人「雨で流されただけだろう?」
愛香「事件の後、雨は一度も降っていません。あの日逸子さんは、雨が降っていた、3時から5時の間に殺されたということになります。4時に殺せば、東京に間に合います。」
政人「なんで、顔と手を切り落としたんだ?俺はそんな趣味ねえぞ。」
愛香「夫婦愛を演出するためです。殺害して、頭部と腕を切断し、東京に向かった。腕を使って、家に指紋をつけて、顔を使ってビデオに撮って仲が良さそうな演出をした。そして、浜村の家の前に、頭部と腕を置いた。」

政人を連行しようとする警察官。
政人「違う。その女は間違っている。」
政人はビデオの続きを見せると、逸子に怒られる政人が映っていた。宇和島政人はドMで、逸子の暴力も好んで受けていた。

 

貴族探偵側の推理。真犯人は?

貴族探偵「山本、聞かせてやれ。」

山本「なぜ犯人は、雨が降っていなかったのに窓を閉めなかったのか?」
愛香「もしかして、犯行時刻に雨は降っていなかったということですか。」
山本「その通りです。宇和島逸子様が殺されたのは、雨が振り始める午後3時より前だったのです。」
愛香「午後3時には、美容院にいたのよ。」
山本「ならば、小関様が嘘をついているということになります。犯人は小関様ということになります。」

貴族探偵「シャチに噛み付かれた、トドのような顔になっていますよ。」

今回は再現フィルムを用意していた。
山本が、女装をして逸子の役をしている。
小関は、逸子を倉庫に呼び出して殺害後、頭部と両腕を美容室に持ち帰り、マネキンに頭部と腕をつけた。そこへ、近所の人が回覧板を届けに来て、それを見せて逸子が生きているように詐称し、アリバイを作った。
和菓子店に行ったのは、逸子の指輪をつけた小関だった。

貴族探偵「犯人は君だね。」
小関「3年よ。3年間も、全部むしりとられて。あの女が悪いのよ。」
県警が小関を連れて行こうとすると。
貴族探偵「待ちたまえ。約束だ、遥さんに謝罪をしてもらおう。お前たちの愚鈍な捜査が遥さんをどれだけ苦しめたかわかっているのか。誹謗中傷に耐え、探偵に頼ってまで、恋人を助けようとしたのだぞ。本当にその気持ちがわかっているのか。だったらそれ相応の気持ちを示せ。」

申し訳ございませんでした、と謝る刑事。

遥「愛香さん。」
愛香「ごめんなさい。力になれなくて。」
遥「私を救ってくれたのは、愛香さんですよ。ありがとうございました。愛香さんこんな顔になってますよ。」
と変顔をする遥。
浜村と遥の2人は、去っていく。

貴族探偵「またいつものに負け犬の遠吠えですか。」
愛香「こう見えて、私高校生の頃かなりモテたんです。変な人にストーカーされちゃうくらい。警察は真面目に取り合ってくれなくて。その時、師匠が助けてくれました。」

愛香は高校の時、喜多見節子(井川遥)の探偵事務所を訪れた。
喜多見「どうしたの?今、こんな顔してる。せっかく可愛い顔してるのに。まあ私には負けるけど。安心して、私はあんたのこと見捨てないから。ね?」
泣き出す、女子高生の愛香。

愛香「遥さんを見たとき、昔の私を見ているようでした。だから彼女を助けたかった。あの時、師匠が私を救ってくれたように。」

貴族探偵「昔話なら、他でどうぞ。今、いいところなので。」

愛香「でも、遥さんを救ったのは、あなたでした。だから一つだけ教えてください。あなたは本当は最初から気づいていたんじゃないですか。事件の真相に。あなたは1週間雨が降っていないことをわかっていた。マネキンにもいち早く注目していた。本当は誰よりも早く真相にたどり着いていたんじゃないんですか。私はあなたを探偵とは認めません。でも、あなたの能力を認めざるを得ません。だから改めて決めました。いつか絶対にあなたを超えて見せます。」

貴族探偵は、いつのまにかいなくなっていた。

ドラマ「貴族探偵」3話のあらすじでした。

 

今回の事件のポイントは、腕と頭部を切り取ってどのようにアリバイ工作をしたのか?というところです。和菓子屋のアリバイの偽装に気づいた愛香も、美容院で頭と腕を使ってアリバイを偽装したことは見破れなかったようです。

しかし、貴族探偵は捜査の早い段階で、今回の事件のポイントである、天気の話をしたり、美容院のマネキンに注目していたようです。そのことに愛香も気づき、貴族探偵に「瞬時に事件の真相を見抜いたのか?」とたずねますが、貴族探偵はさらっと消えてしまいます。

一体貴族探偵は何者なのでしょうか?この謎も、最後には解けるようになっているのか?最終回は見ものですね。

次回の4話では、ゲストとして釈由美子さんが出る様子です。次回もどういった展開になるのか?楽しみにしておきましょう。