読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小栗旬&西島秀俊主演ドラマ「CRISIS(クライシス)」2話のあらすじ&ネタバレ

f:id:kinoshitayukari:20170419012554p:plain

小栗旬西島秀俊W主演の火9ドラマ「CRISIS」。

一話は視聴率13.9%と好調なスタートを切りました。

 

今回の第二話では、あるジャーナリストが殺され、その犯人を特捜班たちが追っていくというストーリーです。前回の一話のラスト、テロリスト・平成維新軍の犯行声明と関係があるのでしょうか。ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」の第2話のあらすじを紹介します。

1話のあらすじはこちら

 

 

 

 

ドラマ「CRISIS」第二話のあらすじ(ネタバレ)

西尾という表札のある一軒の民家。その家の前で一人の男(石黒健)が車から出て来る。そこを、ジャーナリストの古垣がカメラで撮っていた。

田丸(西島秀俊)にフリージャーナリスト古垣から電話が来る。


「どうしてもお話がしたい。国家の危機に関することです。」
という内容で、田丸は会うことにする。

 

品川駅で、田丸が待っていると、古垣が出てきてある人物にぶつかる。その直後、古垣は吐血して倒れた。死に際に「アリス」という言葉を残す。

古垣はシアン化合物による中毒死。ぶつかった人物に注射器で毒物を注入されたと思われる。
殺された古垣伸一郎は、元中央通信社の公安担当の記者だった。

 

古垣は、念のために田丸にある写真をメールで送っていた。その画像には一軒の民家が写っていた。

 

稲見(小栗旬)「じゃ、こっからの流れは決まりですね。さっさと国家の危機を解決しちゃいましょ。そうしたら、田丸さんの容疑も晴れるし。」
吉永(田中哲司)「上に事情を説明して、穏便に済ますという選択肢はお前にはないのか。」
稲見「田丸さんが立ち去ったのも、余計な拘束を受けずに自分で解決したかったからでしょ。」
樫井、大山(新木優子)と稲見が挙手し、樫井、大山が「アリス」と関係のある地名を、田丸と稲見が古垣の自宅を捜索することになった。

 

古垣の家に向かう、田丸と稲見。そこにはすでにある男がいた。
田丸のノートパソコンを盗もうと、田丸を気絶させる。
稲見は異変を察知して、エレベーターでおりてきた男ともみ合う。
男は通りがかりの女性を人質にとり、田丸のPCを抱えて、そのまま外へ逃げる。

事務所では、ジャーナリストの古垣の情報がないことから、政府が隠蔽しようとしていると吉永が告げる。

大山が、写真から位置情報を割り出して、写真の家を見つける。その家へ出向くと近くのビルで、USBを発見。

 

 

鍛治(長塚京三)「秘密って言葉を辞書から削除したほうがいいかもな。あいつらどこまでたどり着いた?」
青沼(飯田基佑)「例の家までです。」
鍛治「さすがだな。」
青沼「ここらへんで歯止めをかけますか?」
鍛治「とある筋から電話がかかってきたよ。フリージャーナリストが死ぬ前に、その筋に取材を申し込んだらしい。」
青沼「無用心ですね。」
鍛治「正義感に駆られると、自分が無敵に思えてしまうんだ。まあ、俺は、運よく命は取られなかったけどな。」
青沼「電話はどのような用件で?」
鍛治「聞くまでもないことだよ。全てが予定調和だ。それにしても、ピザのデリバリー扱いだな。電話一本でどうとでもなると思っている。あいつらは、ゴールまで走らせる。君は、あいつらが暴走しないように、見張っといてくれ。俺は、あいつらがゴールするまでに賞金を釣り上げておくよ。」

 

例の民家を捜査する、特捜班。空き家だったが最近までは使われていた痕跡があった。吉永らは近隣住民にその民家に住んでいた家族の話を聞き込みをする。空き家には西尾という女性と高校生の娘が住んでいた。おととい引っ越したばかりだという。

一週間前に救急車が来て、娘が運ばれたという話を聞く。

 

大山が、救急車が運ばれた病院を特定すると、そこは世田谷西病院だった。
また、家の登記を調べると、今は島田誠一郎になっている。

 

 

田丸と稲見が病院を訪れるが、職員は患者の情報を開示できないという。誰にも迷惑をかけないように捜査する、という約束で病室の情報を得る田丸と稲見。

その病室に行くと、女性が生命維持装置につながれて、眠っていた。
そこに、見舞いの花を手にした少女が現れるが、田丸と稲見を見て逃走する。追いかける稲見と田丸。


少女「もう絶対約束は破りませんから、殺さないで!」

と叫ばれ、田丸と稲見は顔を見合わせる。

病室に戻った3人。少女の話を聞くことにする。
少女「この前、記者の人たちにいろいろ話したから、おじさんたちが殺しにきたと思ったの。本当は誰にも話しちゃいけないことだから。」
田丸「君の名前は?」
少女「ドロレス。」
田丸「彼女の名前は?」
ドロレス「アリス。」
稲見「彼女と知り合ったのはいつ?」
ドロレス「2年前。新しいお店で、アリスがお姉ちゃんになってくれたの。」
稲見「店って?一緒に暮らしてた家のこと?」
ドロレス「うん。」
田丸「彼女をこんな目に合わせたのは誰だい?」
ドロレス「知らない。アリスのお客さんと会ったことないから。でも、いつもアリス言ってた。とっても乱暴なお客さんがいて、いつか殺されるかもしれないって。」

話からすると、少女達は、例の民家で売春をさせられていたのだ。


稲見「おじさんたちがそいつを捕まえてやるよ。」
ドロレス「そしたら、あたしたちどうなっちゃうの?本当の家に戻されちゃうの。私たちそれだけは絶対にいや。記者のおじさんにも、絶対にバラさないでってお願いしたの。私が、ずっとアリスのそばにいて、面倒みてあげるの。だから、私たちのことはもうほっといて。」

 

USBの中には、民家を出入りした人物の写真が入っていた。
吉永「与野党のオールスターが勢揃いだな。」
樫井「政治評論家やマスコミのお偉いさんもいますね。」
大山「どいつもこいつも腐ってる。こいつら全員の身元を割り出して、その日のアリバイを調べれば、アリスちゃんの犯人がわかるわ。実質経営者の島田誠一郎の線から当たってもいいし。」
吉永「どうする?行くとこまで行くか?」
田丸「俺は、行きます。」
稲見「俺は、おりますよ。」
大山「なんで。あの子達がかわいそうじゃないの?」
稲見「ちょっと急ぎの用事があるんで。」
出て行く、稲見。

 

田丸が鍛冶に呼び出された。

鍛治「道徳的に生きている人間が陥りやすいことは何かわかるか。他人にも同じ種類の道徳を求めることだよ。ほっときゃいいものを。他人に指図したくなるんだ。他人の下半身のことはほっとけということだよ。」


田丸「殺人と児童売春の話じゃないんですか。」
鍛治「証拠があるのか。」
田丸「少女の証言があります。古垣は国家の危機だと言って、死ぬ前に、いたぶられた少女の名前を残して、この件を託しました。古垣にとってみれば、少女を弄ぶ人間に国家を任せるのは何より恐ろしかったに違いありません。私は警察官です。正義を実践し、国民を守るものです。この件を見逃すわけには行きません。」
鍛治「今回のような施設が都内にあとどれくらいあるか知ってるか?13箇所だ。それを片っ端から潰して行くか」
田丸「そうすべきです。」
鍛治:「したそばから、新しいのができて行くぞ。巧妙な手口のままでな。だったら、今のまま監視を続けるほうがいい。」
田丸「監視を続けるだけですか。」
鍛治「さすがに、限度は設けるさ。やるときは徹底的に叩く。どうする?前に進むか?」

また、鍛冶は女の子に暴力を振るった男と話し合い、少女の一生分の治療費を払わせるようにしたという。治療費が払われなければ困るのは少女自身。鍛治からUSBを渡せといわれ、USBを渡す田丸。

鍛冶「それでもお前が正義の旗を振って進むというなら、それはただの自己満足だ。」

田丸「私がいつか、この腐ったシステムを変えてみせます。」
鍛治「頼もしい。さすがに俺が選んだだけのことはある。」

 

アリスの病室に、古垣の自宅からPCを持ち去って逃げた男が来る。

その男がアリスを殺そうとすると、潜んでいた稲見が注射器を奪って首に当てた。


稲見「来ると思ったよ。死にたかったら動いていいよ。あることがあって、二度とそっちには戻らないて決めたんだ。でも、俺の決心は揺らいでる。お前やお前の雇い主みたいな奴のせいだ。手っ取り早く、そっち側に戻って、カタをつけたら、どんなに楽だろうな。俺は、こっち側にいたいんだ。俺をそっち側に引き戻すような真似はやめてくれ。この子やこの子の友達に何かあったら、俺はお前やお前の雇い主を許さないぞ。お前たちが想像できないような、深い闇に引き摺り込んでやるからな。わかったら、ゆっくりうなずけ。」
男はうなずく。

誰もいない教会で、田丸が待っていると、林千種(石田ゆり子)が現れる。
千種「後ろから見たら、熱心に祈っているように見えましたよ。」
田丸「そうですか。今月分です。」
千種「いつもすみません。夫はいつ戻ってこれるんでしょうか。田丸さんに説得されて、今の任務について、もう2年がたちます。いつまで続くんでしょうか。」
田丸「あの頃とは部署が変わってしまったので、詳しいことはわかりません。でも、そんなに長く待たせることはないと思います。」
千種「そうですか。もう行きますね。また来月。今日はずっと泣きそうな顔してる。なにかあったの?」
田丸「まだ行かないでください。もう少しそばにいてください。」

 

 

神谷議員(石黒賢)が、戦後2番目の若さで、官房長官に就任というニュースが。それを見ていた鍛冶が怒り、テレビのスイッチを切る。

アリスに暴行したのは神谷で、テレビに映っていた部下が隠ぺいに動いていた男だった。

 

稲見の行きつけのバー。稲見が行くと、バーテン以外、誰もいない。

マスター「なんかありました?いつもと雰囲気違うんで。」

稲見「いつもこうやって女の子口説いているんだろう?」

と笑ってごまかした。

 

 

以上、ドラマ「CRISIS」2話のあらすじ(ネタバレ)でした。

 

二話の視聴率は11.0%と一話よりだいぶ落としましたが、それでも二桁キープです。

二話は、政府や要人の裏の顔や、少女売春が明らかになり、さらにその隠蔽を特捜班が捜査する、という回でした。少女売春や暴行は確かに許せませんが、それが直接「国家の危機」かどうかは、次に続く伏線になっていますね。

田丸は正義感が人一倍強く、一方で潜入捜査をしている同僚の妻に好意を寄せていることなども分かってきました。稲見の過去もちょっとずつ明らかになっています。

3話では、いよいよ特捜班が平成維新軍と戦っていくようです。次回も楽しみですね。