亀梨&山PのW主演ドラマ「ボク、運命の人です」あらすじ、ネタバレ、主題歌情報

 

f:id:kinoshitayukari:20170402235845p:plain

2017年の注目恋愛ドラマが、4月15日(土)夜10時よりスタート。主演は、ジャニーズ・亀梨和也と同じくジャニーズの山下智久のW主演で、ヒロインは今をときめく若手女優・木村文乃という豪華なキャストです。

そんな注目ドラマ『ボク、運命の人です』のあらすじ、ネタバレ、出演キャスト、相関図、主題歌をレポートします。

 

 

ドラマ「ボク、運命の人です」あらすじ

f:id:kinoshitayukari:20170402235812j:plain

正木誠役(亀梨和也)は、今年30歳になる平凡なサラリーマン。そして、湖月晴子(木村文乃)もまた、平凡な日々を過ごしている30歳目前の女性。二人は全くの他人同士だが、これまでことあるごとに何度も近くですれ違ってきたのだった。そんなある日、誠の前に、自称・神と名乗る男(山下智久)が現れて、「二人は絶対恋をしなければならない運命の二人だ。」と言い出す。

 

その言葉を信じた誠は、初対面の晴子にいきなり

「こんにちは、ぼく、運命の人です」

と自己紹介をし、交際を申し込んでしまう。

そんな最悪の出会いから始まった二人の仲は一体どうなってしまうのか?

 

今作は完全オリジナルストーリーで、脚本家は人気ドラマ「きょう会社休みます」や「世界一難しい恋」を書いた金子茂樹さん。

どれも、とても人気を得たドラマで、今作のストーリーも期待が持てます。

 

ドラマ「ボク運命の人です」出演キャスト

 

亀梨和也 正木誠 役

f:id:kinoshitayukari:20170403000339p:plain

ウォーターサーバー会社に勤める29歳の会社員。過去の恋愛は悲惨なものばかりだったが、神を名乗る謎の男との出会いによって一変。謎の男の口車に乗せられて、運命の人との恋に向き合う。そんな主人公の誠役を演じるのは、ジャニーズの人気アイドル亀梨和也さん。代表作には、ドラマ「野ブタをプロデュース」「ごくせん」「怪盗山猫」など。

 

木村文乃 湖月晴子 役

f:id:kinoshitayukari:20170403000353p:plain

誠の会社の隣のオフィスで働く女性。とにかく現実的な性格で、どんなことも頭で考えてから行動をする現代的な“左脳系”女子。30という年齢になる今、結婚の2文字を意識し、ますます慎重になっている上に、誠に運命の人間だと告げられ困惑する。晴子を演じるのは木村文乃さん。「ちふれ」のCMでブレイクし、さまざまなドラマや映画に出演する。代表作は「マザーゲーム」「銭の戦争」「サイレーン」「A  LIFE」など。

 

山下智久 謎の男 役

f:id:kinoshitayukari:20170403000427p:plain

誠の前に突然現れた自称・神様。晴子を誠の「運命の女性」と定め、その恋が地球に不可欠なものだと告げる。誠の恋を楽しんでいるようだが何を考えているかは不明。

 

 

菜々緒 四谷三恵 役

f:id:kinoshitayukari:20170403000440p:plain

晴子の親友で飲み仲間。女性としての楽しみを多く持ち、自立して人生を楽しんでいる直感型で自由な性格。言いたいことははっきりと言うが、どこか憎めない愛らしさがあり、最良の距離感で人と接する。三恵役をモデルで女優の菜々緒が演じる。代表作は、「怪盗山猫」「好きな人がいること」「A LIFE」。ドラマ「サイレーン」では木村文乃の双子であり敵役を演じた。

 

杉本哲太 湖月大地 役

f:id:kinoshitayukari:20170403000624j:plain

 晴子の父。少々抜けたところがあり、一言多いタイプだが憎めない性格。会社では管理職を務めているが、目下の悩みは若い社員との摩擦。なぜか誠と変な縁をもってめぐり会う。

 

田辺誠一 烏田翔吉 役

f:id:kinoshitayukari:20170403000808j:plain

誠が所属する部署の部長で、周囲のことをよく見ていて、誰も気付いていない部分にも手を伸ばすすてきな上司。その気遣いが誠の恋にも図らずも影響を及ぼすことがある。

 

 

 

石野真子 湖月善江役

f:id:kinoshitayukari:20170403000700j:plain

晴子の母。悪気はないがチクリと刺さす言葉が痛い。

 

澤部佑 葛城和生役

f:id:kinoshitayukari:20170403000750j:plain

誠の同期。仲が良い。

 

 

ドラマ「ボク、運命の人です」の見どころと主題歌

f:id:kinoshitayukari:20170403000921j:plain

 

見どころは、2005年「野ブタをプロデュース」から12年ぶりの亀梨&山P主演のドラマであることです。ドラマ「野ブタ」放送時に学生だった人は、現在は20代後半から30歳。

 

今作「ボク、運命の人です」の主人公は30歳目前のサラリーマンなので、野ブタを思い出し懐かしいのと同時に、共感することは間違いなしです。

 

f:id:kinoshitayukari:20170403000949p:plain

 

注目は、今作のために亀梨さんと山下さんが、2005年のドラマ「野ブタ。をプロデュース」から誕生したユニット「修二と彰」以来となる再タッグを組んだスペシャルユニット「亀と山P」による主題歌でしょう。主題歌名は「背中越しのチャンス」。こちらも注目ですね。

 

ドラマ「ボク、運命の人です」は2017年4月15日より公開です。

  -->