2017年春注目ドラマ小栗旬&西島秀俊W主演ドラマ「CRISIS(クライシス」の見どころ、ネタバレ、キャスト紹介

f:id:kinoshitayukari:20170402230006p:plain

『嘘の戦争』などの火曜21時ドラマ枠、2017年の春は小栗旬&西島秀俊さんの初共演ドラマ「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」で4月11日より始まります。

小栗旬さんと西島秀俊さんは、初共演のW主演。さらに、このドラマのあめに1年を費やして格闘技を学び、体を鍛えたアクションは必見です。今回は、そんな注目ドラマ「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」のあらすじ、ネタバレ、見どころなどを紹介していきます。

 

 

 

ドラマ「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」あらすじ(ネタバレ)と小説版のあらすじ

f:id:kinoshitayukari:20170402230032j:plain

このドラマは、公安機動捜査隊特捜班のメンバーが、テロリストやスパイ、麻薬密売組織や、裏の顔を持つ政治家などに挑む物語。それを一話完結として描かれます。

公安機動捜査隊特捜班というのは、”各分野のスペシャリストが結集した警察庁警備局長直轄の秘密部隊”ことです。

 

 

実はこのドラマの原案・脚本家である、直木賞作家の金城一紀さんが書いた同名小説「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」がすでに販売されています。

 

内容は、横浜ホテルの占拠事件。39階建てのホテルが武装集団に占拠され、宿泊客は550名が人質になるという事件が発生。スペシャリストたちがその武装集団に戦いを挑むというストーリーです。

稲見、田丸他特捜班のメンバーやキャラクターはそのままですが、ドラマは小説とは違うオリジナルストーリーだそうです。

 

ドラマ「CRISIS」キャスト

 

稲見朗(小栗旬・W主演)

f:id:kinoshitayukari:20170402225943j:plain


稲見朗は、元自衛隊の捜査員。周囲の想像を超える派手な立ち回りで犯人を制圧するスペシャリストである。

小栗旬さんは、1982年生まれ。1990年代の人気ドラマ「GTO」の虐められっこの役で知られるようになった。『ごくせん』『Stand Up!!』で徐々に人気が出始め、2005年の『花より男子』で一気にブレイク。映画では約半数が主演という日本を代表する俳優の一人。2012年よりモデルの山田優さんと結婚し、子供もいる父親でもある。

田丸三郎(西島秀俊・W主演)

f:id:kinoshitayukari:20170402230048p:plain


田丸は、真面目で常にストイックな捜査員。常に冷静沈着な動きで犯人を追い詰めることに優れている。

西島秀俊さんは1971年生まれの俳優。『はぐれ刑事純情派5』で本格的にデビュー。30%超えの視聴率を記録したモンスタードラマ『あすなろ白書』で注目を浴びたものの、しばらくの間テレビを退き舞台で役者としての力を付けた。2010年以降に、「ストロベリーナイト」「チームバチスタの栄光」「ダブルフェイス」などで露出を増やし、2014年に、テレビドラマに『MOZU』や映画『チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像』などに出演し、その年のブレイク俳優2位に輝いた。また、同年には一般女性と結婚、西島ロスという社会現象を引き起こした。

大山玲(新木優子

f:id:kinoshitayukari:20170402230106j:plain


大山は元凄腕のハッカーで、サイバー情報分析のスペシャリスト。クールな才色兼備だが心に闇を抱えている設定。

新木優子は、1993年生まれのモデル兼女優。小学生の時にスカウトされ、東京藝大製作の映画『錨を投げろ』に主演した。2014年に雑誌non-noの専属モデルとなりブレイクし、2015年からは女優としての活躍も初めているネクストブレイク女優候補。

吉永光成(田中哲司

f:id:kinoshitayukari:20170402230136j:plain


吉永は特捜班の班長で元警視庁捜査一課の刑事で、取り調べの名手。

田中哲司さんは1966年生まれの俳優で奥さんは女優の仲間由紀恵さん。1994年頃からドラマ、映画、舞台に数多く出演し名脇役としての地位を確立。最近では桜井翔主演の『君に捧げるエンブレム』他、東山紀之主演『刑事7人』堤監督の『SPEC』などさまざまなドラマに出演している。

樫井勇輔(野間口徹

f:id:kinoshitayukari:20170402230154p:plain


樫井は、元機動隊爆発物処理班の特捜班メンバーで、匂いが色分けされて見える「共感覚」と呼ばれる特殊能力の持ち主。クールで皮肉屋。

野間口徹さんは1973年生まれの俳優。2004年『逃亡者 RUNAWAY』でドラマデビューし、『とと姉ちゃん』『グッドパートナー 無敵の弁護士』『お迎えデス。』などに出演しており、脇役としての地位も確立。特に『99.9ー刑事専門弁護士ー』では、個性的なキャラクターが話題となり一躍人気を博した。

青沼祐光(飯田基祐)

青沼祐光は、特捜班に任務を言い渡す鍛治の部下。

飯田基祐さんは、1966年生まれ。元劇団員で1990年代後半にドラマデビュー。NHK大河ドラマや朝ドラに数多く出演する実力派俳優。最近では「嘘の戦争」や「就活家族〜きっと、うまくいく〜」などに悪役として出演。

鍛治大輝(長塚京三)

鍛治大輝は、警察庁警備局長であり、公安機動捜査隊特捜班を自身直轄の秘密部隊として組織した、いわば特捜班の生みの親。常に冷静な判断を下す切れ者

長塚京三さんは、1945年生まれ。1974年の「樹氷」でドラマデビュー。有名刑事ドラマや時代劇などに出演。女優・常盤貴子さんは義理の娘にあたる。

林千種(石田ゆり子

f:id:kinoshitayukari:20170402230237j:plain


林千種は、林智史(演:眞島秀和)の妻。田丸(西島秀俊)の手引きで公安の協力者として新興宗教団体に潜入する。夫がいない間、支えてくれた田丸との関係にも注目。

石田ゆり子さんは、1969年生まれの女優。「奇跡のアラフィフ」と話題になる美貌と若さの持ち主。最近では『逃げるは恥だが役に立つ』では”ゆりちゃん”として大人気となりました。

林智史(眞島秀和)

f:id:kinoshitayukari:20170402230251j:plain


林智史は、2年間家を空けている林千種(演:石田ゆり子)の夫。

 

ドラマ「CRISIS」の見どころ

このドラマの見どころは何と言っても、カリシラットという武術を使った格闘シーン。

直木賞作家でもあり、今作の脚本・原案を担当している金城一紀さんが習得している武術カリ・シラットを、今作のアクションシーンに使用しているそうです。さらに金城さんはアクション監修も行っているそうです。

小栗さんと西島さんは、このドラマのために武術習得のため1年間の猛稽古をしてドラマに挑んでいるそうです。女性ファンはもちろん、肉体美や迫力あるアクションシーンは男性ファンも必見です。

さらに、ネクストブレイク女優として、若手女優の新木優子さんが、今作の実質ヒロイン役に抜擢されたのにも注目です。

 

2017年注目の春ドラマ「CRISIS」は4月11日よりスタートです。