読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長谷川博之主演・2017年春ドラ「小さな巨人」あらすじ・見どころ・キャスト紹介

f:id:kinoshitayukari:20170326185433p:plain

半沢直樹」、「99.9-刑事専門弁護士-」「A LIFE~愛しき人」などを配した人気ドラマ枠のTBS日曜ドラマ、2017年春は、長谷川博己主演の刑事ドラマ「小さな巨人」です。さらに脇には人気若手俳優・岡田将生と、演技派俳優・香川照之などの実力俳優が固め、脚本は「半沢直樹」を書いた八津弘之さんが書きます。今回はそんな、今季注目度№1のドラマ「小さな巨人」のあらすじと見どころ、キャストを紹介します。

 

2017春ドラマ「小さな巨人」あらすじ

実力で“未来の捜査一課長間違いなし”と呼ばれるまでの活躍をする捜査一課の刑事・香坂真一郎(長谷川博己)は、捜査一課長を目指していた万年所轄刑事だった父・淳史のため、妻・美沙のため、そして自分のために捜査一課長を目指してきた。しかしある日、取り調べの際に一つミスを犯してしまい、所轄へと左遷。そんな所轄では、小さな事件でも、己の正義を信じ事件に挑む同僚たちが。その姿を目にしたとき、香坂は刑事としての使命・本当の正義に悩みつつも、自分の“正義”を信じ、“悪”と対峙していくことになる…。

また、香坂と同じく捜査一課長を目指す刑事・山田春彦(岡田将生)は東京大学法学部を卒業後、 本来東大出身者はキャリアといわれる警察庁に入庁することが多い中、警視庁に入庁。しかも、彼の父親警察庁次官から内閣官房副長官という官僚のトップに上り詰めた人物。そんな山田がノンキャリと呼ばれる警視庁を選んだのには、現場の総指揮官である捜査一課長となり、ある“未解決事件”の捜査の指揮をとるという理由があった…。

第1話のあらすじ

警視庁捜査一課強行班1係長の香坂(長谷川博己)は、今年三度目の捜査本部事件を解決する活躍をみせていた。その祝勝会と称して、前捜査一課長で今は所轄の署長をしている三笠(春風亭昇太)と料亭で会食していると、どこで聞きつけたのか現捜査一課長・小野田(香川照之)が現れる。三笠と小野田は優秀な部下の香坂を評価しているという共通点はあるが、互いの捜査理論の違いから腹の底ではいがみあっている。

会食を終えた香坂は、料亭の前で中小企業の社長・中田隆一の飲酒運転を疑い取り調べた際、偶然、隆一の車を傷付けてしまう。すると翌朝、大手ニュースサイト・ゴーンバンクの見出しに“飲酒状態の刑事、車を破損”と記事が掲載されていた。香坂は警察官による不正を調査する監察官・柳沢(手塚とおる)に呼び出され、宴席の直後に取り調べをしたのではないかと問いただされる。黙秘を続けるが、上司にあたる小野田が呼び出され、日本酒を飲んだことを打ち明けられ、警察の名誉を傷付けたとして所轄への異動を命じられてしまう。

香坂が所轄にやってくると、日本経済のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長・中田和正が誘拐される事件が発生する。誘拐犯は身代金を要求している。捜査一課の時と同様に捜査をしようとする香坂であったが、これまで部下であった警視庁捜査一課長付運転担当・山田(岡田将生)に「所轄は後方支援。現場は本庁に任せてください」と釘を刺される。香坂のもとに残されたのは、問題だらけの所轄刑事のみ。彼は窮地を脱し、捜査一課に返り咲くことはできるのか!?(公式サイト)

 

 

ドラマ『小さな巨人』のキャスト&スタッフ情報

主演・香坂真一郎/長谷川博己

f:id:kinoshitayukari:20170326185452p:plain

主人公は、実力で“未来の捜査一課長間違いなし”と呼ばれるまでの活躍をする捜査一課の刑事・香坂真一郎。

香坂は、捜査一課長を目指していたが万年所轄刑事だった父・敦史のため、妻・美沙のため、そして自分のために捜査一課長を目指して邁進してきた。

だがある日、取り調べの際にひとつのミスを犯してしまい、これまで評価してくれていたはずの捜査一課長・小野田の証言により、所轄へと左遷させられてしまう。出世街道から外されてやってきた所轄には、小さな事件でも不器用ながら己の正義を信じ事件に挑む同僚たちがいた――。その姿を目にした時、香坂は刑事としての使命・本当の正義に悩みつつも、自分の“正義”を信じ、“悪”と対峙していくことになる。そんな香坂を演じるのは長谷川博己。昨年、興行収入80億円を突破した映画「シン・ゴジラ」で主演を務め、「第40回日本アカデミー賞」で優秀主演男優賞に選出された長谷川が、日曜劇場で初の主演を務める。

長谷川博己は東京都出身の1977年3月7日生まれ。代表作に映画『シン・ゴジラ』、ドラマ『家政婦のミタ』、『デート~恋とはどんなものかしら~』、『雲の階段』など。

 

 

山田春彦/岡田将生

f:id:kinoshitayukari:20170326185504p:plain

岡田将暉が演じるのは、香坂と同じく捜査一課長を目指す刑事・山田春彦。山田は東京大学法学部を卒業後、警視庁に入庁する。本来、東大出身者はキャリアといわれる警察庁に入庁することが多い。 しかも彼の父親警察庁次官から内閣官房副長官という官僚のトップに上り詰めた人物だ。そんな山田が、ノンキャリと呼ばれる警視庁を選んだことには理由が。それは、現場の総指揮官である捜査一課長となり、ある“未解決事件”の捜査の指揮をとること。組織の中で力を発揮し、最短距離での出世をすることで、自分の理想とする仕事をしたいと考えているからであった。

岡田将生は、東京都出身の1989年8月15日生まれ代表作にドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~』、ドラマ『オトメン(乙男)』、『平清盛』、『掟上今日子の備忘録』などがある。

渡部久志/安田顕

f:id:kinoshitayukari:20170326185520p:plain

香坂の異動先の所轄で同僚となる現場叩き上げの刑事・渡部久志を安田顕が演じる。渡部は出世に興味がなく単独行動も多いため扱いにくい刑事ではあるが、自身の正義に対して決して揺るがない男。本庁からやってきた香坂と衝突する

安田顕は北海道出身の1973年12月8日生まれ。代表作にドラマ『ハケンの品格』、『SPEC』、『瞳』、『重版出来!』など

三笠洋平/春風亭昇太

春風亭昇太

まこれまでにも映画やドラマの出演経験がある落語家・春風亭昇太が前捜査一課長で警察署の署長・三笠洋平を演じる。三笠は、同じ警務畑を歩んできた香坂を可愛がっている。

春風亭昇太さんは、静岡県出身の1959年12月9日生まれ。代表作にドラマ『軍師官兵衛』、『花燃ゆ』、『下町ロケット』、映画『ふしぎな岬の物語』など。

 

小野田義信/香川照之

f:id:kinoshitayukari:20170326185532j:plain

長谷川博己演じる主人公・香坂真一郎の刑事人生を大きく変える捜査一課長・小野田義信を香川照之が演じる。小野田は高卒のノンキャリだが叩き上げで事件現場の最高指揮官である捜査一課長までのぼりつめた実力の持ち主。対立する前捜査一課長・三笠(春風亭昇太)のお抱えである香坂を自分の部下に引き入れたのは優秀な道具と認めたからである。だが、そんな香坂が左遷される要因となる証言をしたため、2人の関係に亀裂が生じる。
香坂ら警察官たちが目指す最高峰のポジションは、小野田の手に握られている。小野田は、己の正義を信じて全うしようとする香坂にとって最大の敵になっていく。

香川照之は東京都出身の1965年12月7日生まれ。代表作にドラマ『アンフェア』、『坂の上の雲』、『龍馬伝』、『半沢直樹』など

 

藤倉良一/駿河太郎

駿河太郎

捜査一課の刑事。主人公の香坂と同期で、捜査一課長小野田の部下。

駿河太郎は、兵庫県出身の1978年6月5日生まれ。代表作にドラマ『荒川アンダーザブリッジ』、『カーネーション』、『ラヴソング』、映画『真田十勇士』など。

 

柳沢/手塚とおる

手塚とおる

警務部監察官。

手塚とおるは、北海道出身の1962年6月27日生まれ。代表作にドラマ『半沢直樹』、『ルーズヴェルト・ゲーム』、『ゆとりですがなにか』、『下剋上受験』など

脚本

丑尾健太郎(代表作に『無痛 訴える眼』、『HEAT』など)

八津弘幸(代表作に『下町ロケット』、『流星ワゴン』、『ルーズヴェルト・ゲーム』、『半沢直樹』など)

見どころ

 見どころはやはり、2013年の歴史的大ヒットドラマ「半沢直樹」を固めていた俳優、香川照之、安田頚、手塚とおる駿河太郎などが揃い、脚本も半沢を書いた木津弘幸さんが書いていることでしょう。主人公の宿敵役に香川照之が演じるところを見ると、半沢直樹に近いクオリティが期待できるかもしれません。さらに、主演に長谷川博己、準主演に岡田将生など、実力派の若手俳優が出演することからも、老若男女楽しめるドラマになりそうです。

最後に

TBS日曜劇場は『半沢直樹』、『天皇の料理場』、『下町ロケット』、『99.9-刑事専門弁護士』、『A LIFE』など評価も視聴率も高い作品が数多く誕生した枠ですね。今回の『小さな巨人』もこれらに匹敵するような名作になることが期待できます。また、ヒロインも人気の若手女優が出演することが明らかになっています、どんな女優さんが出演するのかも注目です。