読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディズニーのニューヒロイン「モアナと海の伝説」のあらすじと日本語版ヒロインが決定!

f:id:kinoshitayukari:20170310165911j:plain

オセアニアを舞台にした新しいディズニーアニメ、「モアナと伝説の海」が2017年3月より公開されました。「モアナ」は、2014年に歴史的な大ヒットを記録した「アナと雪の女王」や、2016年度のアカデミー賞を受賞した「ズートピア」などでおなじみのディズニー・アニメーション・スタジオの最新作です。

今回はそんな最新作の「モアナと伝説の海」のあらすじとキャストを紹介します。

 

 

 

 

新作ディズニー映画「モアナ」のストーリー

 

f:id:kinoshitayukari:20170310165838j:plain

今から3000年前、偉大な船乗りたちは世界中の海を船で旅し、南太平洋の多くの島々を発見していた。しかしながらその後約千年にも渡って航海する者はいなくなり彼らの姿はいつしか消えていた。

というのも島では安全のために岩礁の向こうには行ってはいけないという決まりがあり、祖先の存在は長い間秘密にされてきたからだ。

しかしながら全能の女神テフィティのハートが半身マウイによって奪われたことにより、やがて島の平和は脅かされるようになる。どこかともなく闇が訪れ、果物は果物は腐り、魚は獲れなくなり、生活は危機的状況にあった。

そんな中、生まれつき海を愛し、海に愛される少女モアナは、祖母のタラから全能の女神テフィティのハートを託され、半身マウイを探すように言われる。広い海を渡り、半身マウイと共にさまよい続ける女神のハートを元へ戻すことが、彼女にとっては自分たちが何者であるかを確かめる絶好の機会でもあった。

旅の途中、彼女は伝説の男マウイと遭遇し、一緒に旅をすることに。しかし二人は旅路で大きくて危険な生き物や不思議な出来事に次々と見舞われていく。

「モアナ」のキャスト紹介

ヒロイン・モアナ/アウリィ・クラヴァーリョ

f:id:kinoshitayukari:20170310165940j:plain

本作のヒロイン、モアナは船乗り部族の総長の娘でフルネームはモアナ・ワイアリキ。生まれたときから海で育った彼女にとっては冒険に出ることはもはや必然だった。年齢こそ若いものの海の知識や経験は十分で、それもあってか祖母から伝説の男半身マウイと女神のハートを元に戻してくるように頼まれるのも彼女の宿命といえる。

まさに本作のキャッチコピーである「THE OCEAN IS CALLING 海が呼んでいる」を体言しているモアナは、船乗りとしての自分の運命を受け入れ、先祖のため、自分のため、そして家族のために広い海を渡る勇敢な女の子なのだ。

そんなモアナを演じるのは、400倍以上のオーディションでモアナ役を勝ち取ったハワイ出身の14歳、アウリィ・クラヴァーリョ。ディズニープリンセスを演じる声優としては史上最年少ということで話題になっています。

日本語版吹替は、沖縄出身・屋比久知奈さん

f:id:kinoshitayukari:20170310170003j:plain

写真右

「モアナと伝説の海」の日本語吹替版で、主人公モアナの吹き替えに大抜擢されたのは沖縄出身の大学4年生の屋比久知奈です。

主人公モアナの声優を選ぶにあたってはディズニーヒロイン史上最大規模のオーディジョンが開かれました。その過酷なオーディジョンに勝ち残ったのが現役女子大生の屋比久知奈さんです。得意なことは英語と歌で、歌の実力は「ミュージカルのど自慢」で最優秀賞を受賞するほどだそうです。

本作が映画デビュー作となる屋比久知奈ですが、得意の歌と英語ができる国際派女優として注目の女優さん。さらに、モアナとも似ていると話題ですね。

 

映画「モアナ」はラブストーリーなし。ディズニー映画の新境地!

美しくて強いヒロイン、モアナを見ると、真っ先に思い浮かぶのがこれまでのディズニープリンセスたちの存在です。しかし、プリンセスがいるところには必ずプリンスが登場します。今回も若い男女の恋物語が展開されるのか期待しているファンも多いでしょうが、これについてはジョン・マスカー監督が「この作品にロマンスはない」と完全に否定しています。

ロマンスのないディズニー映画とは、いったいどんな映画なのか?逆に興味がわきますね。

「モアナと海の伝説」挿入歌の日本語バージョンは加藤ミリヤ

『モアナと伝説の海』の主題歌『How Far I’ll Go』が公開されました。島の外に出たことのないモアナがまだ見ぬ世界への憧れを歌った歌です。

アナと雪の女王』はその劇中歌でも一躍話題になりました。アナ雪同様、主人公の複雑な心境を歌っており、『Let It Go』に続くブームになりそうです。

また、『アナと雪の女王』では、May.Jが日本語版主題歌を務め、連日音楽番組で取り上げられるなど話題になりましたが、今回の『モアナと伝説の海』では加藤ミリヤが担当することが発表されました。

 

情熱的に夢を追いかける負けず嫌いの女の子という新しいタイプのディズニーヒロイン「モアナ」が楽しみですね。映画『モアナと伝説の海』は2017年3月10日、全国公開です。