神木隆之介主演・映画「3月のライオン」あらすじ(原作ネタバレ)&キャスト紹介

 

 

ハチミツとクローバー』で知られる羽海野チカが描く、将棋を題材にした人気漫画『3月のライオン』の実写映画が前後編の2部作で2017年に公開されることが決定しました!前編は2017年3月18日に、後編は4月22日に公開されます。

 

主人公の高校生プロ棋士・桐山零は神木隆之介が演じます。ヒロインに有村架純を配し、話題になっている映画「三月のライオン」のあらすじとキャスト情報を紹介します。最後は原作ネタバレもあります。

 

3月のライオン』あらすじ

f:id:kinoshitayukari:20170306154804j:plain

主人公の桐山零は17歳のプロ棋士。プロ1年目で5段に昇格した早熟な才能の持ち主です。しかし、将棋の世界の外では、高校に1年遅れで入学し、周りに馴染めず孤立するなど、あまりうまくいっていませんでした。

また、将棋に関しても2年目になって壁にぶつかってしまいます。近所に住む川本家との交流などを通じて、零は苦悩と葛藤を抱えながらも少しずつ成長していきます。

実写映画『3月のライオン』キャスト紹介!

桐山零/神木隆之介

f:id:kinoshitayukari:20170306154820j:plain

主人公の桐山零は内にライオンを秘める若き才能あふれる棋士です。幼いころに両親をなくし、父の友人のプロ棋士幸田に引き取られたという過去があります。しかし、幸田の娘・香子らとうまくいかず、幸田の家を出て一人暮らしを始めます。

その主人公を演じるのは、演技力に定評のある神木隆之介さん。『るろうに剣心』『神さまの言うとおり』『脳内ポイズンベリー』『バクマン。』と漫画原作の映画に出演し、いずれの作品でも存在感のある演技で映画を盛り上げてくれます。2016年8月には新海誠新作アニメ映画『君の名は。』で主人公の声をつとめました。

2017年は今作のほかに『ジョジョの奇妙な冒険』の実写映画に広瀬康一役で出演することが決定しています。

零を囲む個性豊かなキャストたち

f:id:kinoshitayukari:20170306154905j:plain

川本あかり/倉科カナ

『3月のライオン』川本あかり(倉科カナ)

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

川本家の長女あかりは20代前半ですが、母が早くになくなってしまい、父もいなかったため、ふたりの妹の親代わりのような存在になっています。家事をしながら、祖父の経営する和菓子屋を手伝う一方、伯母の経営するクラブでホステスとしても働いています。

長女あかりを演じるのは、女優・倉科カナです。『名前をなくした女神』や『私が恋愛できない理由』2017年には話題となった『奪い愛、冬』など多くのドラマに出演する人気女優です。

 

川本ひなた/清原果耶

『3月のライオン』川本ひなた(清原果耶)

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

桐山零がよく夕食を一緒に食べる川本家の次女。本作のヒロインです。

クラスのいじめを止めようとする強い心を持っており、中学生にしてお金を稼ぐことの大変さを知っているなど大人びた面もある、難しい役どころです。

500人ものオーディションを勝ち抜き、本作ヒロインの座を射止めたのが清原果耶です。ファッション誌『nicola』でモデルとしても活躍中の清原。役者デビュー作となった、NHKの朝ドラ『あさが来た』で女中のふゆを演じ注目を集めました。

 

川本モモ/新津ちせ

川本モモ(新津ちせ)

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

川本家、保育園児の末っ子モモは、一見するとあかりと親子にも見えますが、姉妹です。とても人懐っこく零にも1番に懐きます。そんな川本家の天使のような存在である川本モモを演じるのは新津ちせです。

きよらの卵のCMに登場する猫の声を当てており、映画『ピンクとグレー』に出演した子役です。

相米二/前田吟

『3月のライオン』川本相米二(前田吟)

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

川本家3姉妹の祖父で和菓子屋を経営する相米二を前田吟が演じます。代表作の『男はつらいよ』シリーズのほか、ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』や『マッサン』などにも出演しています。

 

川本美咲/板谷由夏

『3月のライオン』美咲(板谷由夏)

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

川本美咲は川本家3姉妹の叔母で、将棋連盟関係者や棋士が多く利用する銀座のスナックを経営しています。

美咲を演じるのは板谷由夏です。1994年にモデルとしてデビューしましたが、1999年には女優としてもデビューし、『ホタルノヒカリ』など数々のドラマや映画に出演しています。

 

幸田柾近/豊川悦司

『3月のライオン』幸田柾近(豊川悦司)

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

棋士だった主人公・零の父親の親友である幸田柾近は、家族をなくした零を内弟子として引き取り、棋士として愛情を持って育てました。

幸田柾近を演じるのはベテラン大物俳優・豊川悦司です。幸田柾近は両親をなくした零を内弟子として育てる零にとって育ての父となります。

 

有村架純は主人公に辛辣に当たる幸田香子を演じる

『3月のライオン』幸田香子(有村架純)

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

主人公・零を引き取った幸田家の長女・幸田香子。零を引き取った後、父親の愛情を奪われてしまったと感じており、零に対しては辛辣な態度をとるなど複雑な感情を抱いています。

そんな難しい役どころを演じるのは人気若手女優の、有村架純さんです。有村さんは、朝ドラ『あまちゃん』などで清純派女優としても知られていますが、今作の役どころは主人公をいじめる女性役。NHK朝ドラ『ひよっこ』の主演も決定し、絶好調の彼女の新境地が見られるかもしれません。

『3月のライオン』島田開(佐々木蔵之介)

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

桐山零が参加することになる研究会を主宰する山形県出身のA級棋士。8段で、プロ棋士の中でも屈指の実力を誇りますが、華がないと言われています。髪の毛が薄いことがコンプレックス。後輩にはよく慕われています。

山形の人々から熱烈に応援されており、その応援がプレッシャーとなって胃に負担がかかっています。

宗谷冬司/加瀬亮

f:id:kinoshitayukari:20170306154931j:plain

史上初7大タイトルを制覇するなど、棋士のトップに君臨し続ける天才的な才能を持つ宗谷冬司。そんな主人公のライバル・宗谷を演じる、加瀬亮さんは『それでもボクはやってない』や『SPEC』シリーズなどが代表作にあります。個性的な独特な演技をする加瀬亮に期待したいです。

 

後藤正宗/伊藤英明

f:id:kinoshitayukari:20170306154952j:plain

強面のA級プロ棋士である後藤正宗役を演じるのは伊藤英明です。将棋を指す際に目で相手を威嚇し、将棋仲間からは「将棋にあの目力はいらない」と囁かれるほどの目力の持ち主です。

代表作には『海猿』シリーズなどがあり、筋肉質な綺麗な体格を持つ彼には強面が似合います。

 

山崎順慶/奥野瑛太

スキンヘッドに眉ナシという風貌の五段棋士・山崎順慶。零の新人戦の相手となります。

そんな山崎を演じるのは、奥野瑛太。2009年に俳優デビューを果たしました。未だ主役の作品はないようですが、コンスタントに俳優活動を行っており、これから注目の俳優です。

安井学/甲本雅裕

負けると家庭でDVを行うなど、かなり気性が荒い棋士の安井は、甲本雅裕が演じます。

自身は俳優として活動していますが、実の兄はTHE BLUE HEARTSのボーカル、甲本ヒロトです。甲本雅裕NHK大河ドラマや朝ドラ等に多数出演しているほか、多くの作品に名脇役として出演しています。

林田高志/高橋一生

f:id:kinoshitayukari:20170306155117j:plain

零が通う駒橋高校教師で、自身も将棋が大好きな林田高志。零の才能にもいち早く気が付きます。

林田先生を演じるのは、2016年だけでも映画『シンゴジラ』やドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『僕のヤバイ妻』等話題作に出ずっぱりの高橋一生。イケメン名脇役として本作の演技にも注目です。

二海堂晴信は染谷将太が特殊メイクをして再現!

『3月のライオン』二海堂晴信(染谷将太)『3月のライオン』6巻

原作でもおなじみの零のライバル、二海堂晴信役を演じることになったのは、俳優の染谷将太

細身でイケメンのイメージが強い染谷が二階堂…?と不安になった原作ファンも納得の特殊メイクです。公開されたビジュアルでは、その再現度の高さがうかがえます。

二海堂晴信とは自称桐山零のライバル。零とは幼いころから対局してきた仲で、島田の弟弟子。裕福な家の子息ですが、腎臓が悪く、長期戦になると体調が悪化してしまうことがあります。

 

監督は『るろうに剣心』の大友啓史

f:id:kinoshitayukari:20170306155214j:plain

映画『るろうに剣心』シリーズの監督として知られる大友啓史は、実は人気を博した朝ドラ『ちゅらさん』などの演出も手掛けていました。また、2016年には生田斗真主演の『秘密 ―トップ・シークレット―』と小栗旬主演の『ミュージアム』と2本の監督作品が公開されています。

映画『3月のライオン』のOP主題歌が藤原さくらとぼくのりに決定!

 

映画『3月のライオン』の主題歌と担当アーティストが決定!主人公・零の葛藤を描いた怒涛の前編の主題歌を担当するのは、弱冠18歳の若手ミュージシャン・ぼくのりりっくぼうよみ。

2014年に若手ミュージシャンの登竜門である「閃光ライオット」のファイナリストに選出され注目を浴び、2015年に現役高校生シンガーとしてデビューしました。『3月のライオン』の主題歌となる曲の名前は「Be Noble」。自身初の映画主題歌であり、本作のために書き下ろした曲となっています。

 

藤原さくら「春の歌」

零と周りの人々が未来に向かって歩み出す後編の主題歌を担当するのは藤原さくら。2014年、高校生の時にインディーズデビューを果たしました。そして翌年には「Just one girl」が広瀬すず主演ドラマ『学校のカイダン』の挿入歌として採用され、メジャーデビューを果たしました。また、2016年には月9ドラマ『ラヴソング』でヒロイン役に抜擢し、主題歌も担当しました。

藤原さくらが歌う映画『3月のライオン』の主題歌は「春の歌」。ロックバンド・スピッツの曲のカバーとなっています。この曲は原作者の羽海野チカが本作のイメージソングのように位置付けている曲だとのことです。

映画『3月のライオン』の見どころ!

『3月のライオン』

f:id:kinoshitayukari:20170306155302j:plain

©2017映画「3月のライオン」製作委員会

将棋と言われても難しすぎてわからないと思われる人も多いのでは?しかし、今作『3月のライオン』は将棋漫画というよりも、主人公零や他の登場人物の成長ドラマです。将棋のことが分からなくても楽しめる映画になっているようですよ。

また、原作ファンの人も楽しめるように、原作を忠実に再現したシーンやキャラクターも見どころの一つ。原作を読んでいない人も、予習として読んでみると一層深く楽しめることでしょう。

 

 

映画『3月のライオン』前編のネタバレ

以下ネタバレ注意です。映画「3月のライオン」の前編のネタバレです。

『主人公・桐山零は早くに交通事故で両親を亡くし、葬式で出会った幸田柾近に内弟子として引き取られることになります。
家族を亡くし、将棋をしなければ生きていけない環境で育てられた零は必死で将棋の腕をあげる他生きていく術がないのでした。そして零は生きるために将棋を必死で勉強します。

そんな零の努力が実を結び、幸田家の子供たち香子と歩に将棋で勝ちましたが、そのことがきっかけでプロ棋士を目指していた幸田の子供たち二人は将棋の道を幸田から閉ざされてしまい、親子の関係は修復不可能になってしまいます。零に将来の夢も、親も全て取られたと憎む香子への責任を感じて零は幸田家を出て行き、川が見えるアパートで一人暮らしを始めます。

学校では1年遅れて今通う高校に編入したため、クラスには話すことができる友達はほとんどおらず、友達は担任の林田先生だけ。史上5人目となる中学生でプロ将棋士になった天才は、学校では特に華やかな生活は送らず、日常生活でもカップラーメンをすする毎日を送っていました。

そんなある日、自分の師匠でもあり、育ての親でもある幸田柾近と将棋で対戦することになるのですが、零は柾近を打ち負かしてしまいます。育ての親に買ってしまった罪悪感で悲哀感に苛まれる零を気にかけ先輩技師である三角龍雪と松本一砂に連れられスナックを訪れますが、そこでビールを一気飲みしてしまい駅で酔い潰れたところを川本あかりに介抱されます。

目覚めた零がいた場所は川本家。この日をきっかけに人懐っこい三女のもも、正義感あふれる次女のひなた、そして早くに母を亡くし、家を出てった父に代わり、妹2人の母親代わりとなった長女のあかりの三姉妹と一緒に食卓を囲んだり、何かとお世話になるようになります。

川本家の優しさとおいしいご飯に触れ、少しずつ心のわだかまりが溶け出した零。しかし、そんな彼の元に香子が現れます。香子は父である幸田柾近の弟弟子であり、既婚者の後藤正宗と微妙な関係を続けていました。そんな香子を咎める零ですが香子はそんなことお構いなし。

そして、初詣でばったり出会った香子と腕を絡ませる後藤に向かい、零は”獅子王戦で後藤を打ち負かしたら香子と別れてくれ”と頼みます。しかし、後藤と対戦する前に零はA級棋士の島田開を倒さねばなりませんでした。後藤に気をとられ島田との対戦を舐めてかかってしまった零。しかし、島田はそれに対して怒るわけでもなく、ただ静かに零を見つめ落ち着くように諭すのでした。これを機に、零は島田が主宰する島田研究会に入ることになります。

 

島田と後藤の準決勝戦、おやつタイムを睨み合いをするほどの激戦を勝したのは島田開。決勝で島田と戦うことになるのは、史上初の7タイトルを制した天才・宗谷冬司。島田は宗谷との戦いで逆転勝利出来る状況にあったものの、その手を思いつくことができず、宗谷の勝利となります。

宗谷との戦いの後、もぬけの殻のようになってしまった島田を心配する余裕もなく、獅子王戦の後には新人戦が待ち構えており、「新人戦で優勝し、新人王になる!」と心友でもありライバルでもある二海堂晴信に宣言される零。零も新人王になるため、そして二階堂と戦うために戦いを勝ち抜きます。

準決勝、零は見事に勝ち抜き決勝へ進出しますが決勝戦出場者の欄に二階堂の名前はありませんでした。二階堂は試合中に体調を崩し、試合終了となってしまったのです。もともと二階堂には腎臓に持病があり、そのふくよかな体型もその影響でした。

それを知った零は、二階堂の仇を討つためにも新人戦で優勝しようと奮闘します。そして迎えた決勝では二階堂や島田研究会の面々に応援されながら見事優勝し、新人王になるのでした。』

映画『3月のライオン』は前編は2017年3月18日に、後編は2017年4月22日に公開されます。公開が待ち遠しいですね。