2017年春ドラマ「人は見た目が100パーセント」原作ネタバレやキャスト紹介!

f:id:kinoshitayukari:20170224132720j:plain

桐谷美玲がモテない”りけじょ”になる!2017年春ドラマ「人は見た目が100パーセント」のあらすじ(ネタバレ)やキャストを紹介します。

 

ドラマ「人は見た目が100パーセント」あらすじ(最後はネタバレあり)

f:id:kinoshitayukari:20170224134943p:plain

 「自分らしさって最高!」そんな女性たちに問う問題作!マジメで優秀な研究員・城之内、佐藤、前田。「一応服は着ているから」「お風呂には入っているから」と自分に言い訳をし、女子力や美に背を向けていた人生。が、このままではいけないと、就業後に「美」の特別研究をし始めて!?「女子」になりたい、けれどなれない「女子モドキ」たちが、美と価値観を問いかける抱腹微苦笑ビューティー研究ギャグ、実験開始!講談社コミックプラスよる)

製紙会社に勤務する女子力ゼロのリケジョ3人が”美”について日々研究をして女子力アップを目指すコメディタッチのストーリーです。「リフトアップ」、「ショッピングの作法」、「クラッチバッグ」、「ココナッツオイル」、「ハイヒール」など女子力を高めるためのキーワードが登場します。

しかし、そもそも女子力について理解が乏しい3人は研究もメチャクチャ。流行りの太眉にチャレンジするも、参考にしたのは阿部寛の眉毛だったり、つけまつげが目尻から飛び出てしまったり・・・。果たして彼女たちは女子力アップさせて、モテ女の道を極められるのか?

ドラマの中に参考になりそうなテクニックも登場しつつ、主演は「世界一美しい顔」の上位にも入る桐谷美玲さん。見どころいっぱいの2017年春ドラマになりそうですね。

 

 

ドラマ「人は見た目が100パーセント」キャスト紹介

 

 

城之内純/桐谷美玲

人は見た目が100パーセント,桐谷美玲

真面理系女子の30歳(原作の年齢設定)。見た目は堅いが実はカワイイもの好き。メガネが弱点。そんな主人公を演じる桐谷美玲さんは1989年12月16日生まれ千葉県出身で、代表作は、ドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~』、『アンダーウェア』、『好きな人がいること』、映画『ヒロイン失格』などです。

 

佐藤聖良/

f:id:kinoshitayukari:20170224135007p:plain

自称オヤジ女子のぽっちゃり女子25歳(原作の年齢設定)。「時代が私を追いかけてくる」と圧倒的な自信で思っている。

キャスト予想では、柳原可奈子?おのののか?

 

前田満子/水川あさみ

人は見た目が100パーセント,水川あさみ

若い頃はルーズソックスや派手なメイクで自分を飾るイケイケのギャルだったが、結婚後は家事と育児に追われ、流行から取り残されている。そんな前田満子を演じる、水川あさみさんは、1983年7月24日生まれ大阪府出身です。代表作にドラマ『医龍』、『のだめカンタービレ』、『江~姫たちの戦国~』、『失恋ショコラティエ』など

 

松浦栄子/室井滋

室井滋,人は見た目が100パーセント

丸の内大手化粧品メーカーの社員。人は見た目が100%が信条。室井滋1958年10月22日生まれ富山県滑川市出身で、代表作にドラマ『花子とアン』、『マザーズ』、『マザー・ゲーム~彼女たちの階級~』、『遺産争族』など

 

國木田修/鈴木浩介

人は見た目が100パーセント

栄子の右腕。純や満子たちに最新のメイクやファッションを指南していく。鈴木浩介さんは、1974年11月29日生まれ福岡県北九州市出身で、代表作にドラマ『LIAR GAME』、『ドクターX』、『アイムホーム』、『刑事七人』など

 

榊圭一/成田凌

成田凌

イケメンの売れっ子美容師。城之内純(桐谷美玲)が恋に落ちるイケメンを成田凌さんが演じます。成田凌さんは、1993年11月22日生まれ埼玉県さいたま市出身で、代表作に映画『君の名は。』、『キセキ-あの日のソビト-』、ドラマ『逃げ恥』、『大貧乏』などです。

丸尾拓馬/町田啓太

町田啓太

純と同じ会社に勤める研究員で冴えない理系男子。美や女子力に苦戦しながらも奮闘する“女子モドキ”の純たちに容赦ないツッコミを入れる。この役を演じるのは、町田啓太さんで、1990年7月4日生まれ群馬県吾妻郡吾妻町出身の若手俳優。代表作にドラマ『ろくでなしBLUES』、『GTO』、『花子とアン』、『美女と男子』など

 

ドラマ「人は見た目が100パーセント」あらすじネタバレ

f:id:kinoshitayukari:20170224135032j:plain

それでは最後に気になる最終回ネタバレについて見ていきたいと思います。
今回のドラマは原作があるということで原作の結末ネタバレをもとに
ドラマの最終回ネタバレを見ていきましょう。

人は見た目が100パーセント」原作ネタバレ

製紙会社の研究員として働く、3人の女性たち。
日々、研究に励むあまりに外との接触も少なく気づいたら「見た目はどうでもいい」生活に
陥っていた。

「このままヒト科ジョシモドキではいけない!」

3人娘は奮起して、仕事が終わったあとに時間を設けて「就労後研修」をスタート。

真剣に女子力を高めるために「美」に対する研究をスタートした。

城之内純は30歳、耳の後ろで黒髪を一括りにしいかにもリケジョな理知的なメガネ女子
彼女が研究の議題として提出したのは「つけまつげ」

日頃、メガネでごまかしているものの外すとやたらとつぶらな目になってしまうのが悩み。うっかりメガネをかけ忘れて総務課に行ったところ、一斉にじっと目を見られてまるで「裸をみられるようで恥ずかしかった」という。

つけまつげを盛ってみれば、少しは強気になれるかもしれない。そんな期待をこめて三人で語らう。

「つけまつげをつければ女子モドキが女子になれるのか」

3人でドキドキしながらつけまつげをつけてみるが、意外に固くてデリケートで
取扱が難しい。両目に貼って見ても目のラインに合わず、下準備に時間が
かかることが判明した。

「知らなかった。世の女の人ってこんな大変な思いをしてオシャレしてるなんて」

なんとか苦労してうまくつけまつげをつけた3人は、いざ、総務課へ・・・。

佐藤聖良は25歳。体型は、かなり太めなぽっちゃりさん。
「就労後研修」で彼女が議題にしたのは「柄パンツ」。体系的にラフでゆったりめが好みなものの何を着てもダサくなる。ズボンはいつもハイウエスト、足元はゴルフシューズとオヤジ女子どころかおっさんスタイルばかり。

せめておしゃれに「柄パンツ」をはきこなせるようになりたいと思うものの実際に履いてみると
「どうみてもパジャマ」な雰囲気になってしまう。

妹に見立ててもらったかわいい花柄のパンツを履いてみると、モンペ臭ただよう
「田舎のおばあちゃん」に。おもわず「おばあちゃん、元気だったー?」と
声掛けしてしまいたくなるほどの田舎臭さだった。

なぜ、わたしは「女子」になれないのか。
どうすれば上手に着こなせるのか。

3人は上も同じ派手な柄物を試したり
ファッション雑誌のアドバイス
真剣に読んで「オシャレを計算」する。

結果、「脱・おばあちゃん」して
まずますのオシャレ度アップを
果たしたものの・・・

同じ会社の「ホンモノ女子」たちの
まぶしさに
「わたしたち、中身がおばあちゃんなんだ」
と気づく。

 

 

前田満子は40歳、3人のうちで唯一の既婚者。
「あたしのメイク、おかしいところないですか?」と、自分の眉毛が細くて、今の時代の
ナチュラル太眉から時流がはずれていると相談する。昔は細眉で輝いていたのに・・・と
「いまどきナチュラル太眉」研究をスタートする3人。

眉ペンシルの上手な使い方一本一本毛を描き足すように丁寧に
眉をつくっていく。だが、満子は長年の細眉に慣れてしまいついナチュラル眉毛がつくれない。

ギリシャ彫刻のような男らしい太眉ができあがったり、平安美人のような麻呂眉になったりとなぜかうまく描けない。

満子は実際は「ナチュラル眉毛がいいと思っていないのよ」と、昔の流行細眉から卒業できないでいる自分を告白した。細眉になった自分を見て顔がパッと華やかになった自分を忘れられない。

けれど昔、女学生だったころのナチュラル眉を見て「昔のダサかった自分がかわいい時代」
を思い出す。そして描けたナチュラル眉毛は「キレイでやさしそうなママ」

いまどきの自然なきれいな眉毛になった満子を見て、「いいですよ」と喜ぶふたり。

 

 

次の研究は「ハイヒール」

今日のメインは佐藤聖良。テーマを言うといっつも残りの2人はかなり驚いた顔をする。
佐藤は、営業の堂島くんが自分と似たタイプのぽっちゃりした女子と歩いているのをみて嫉妬したよう。佐藤曰く、自分を好きだと言ってきたらしいが、残りの2人的には友達になろうと言ってきただけらしい。
ということで、その子がハイヒールを履いていたらしく、だったら佐藤もハイヒールを履けば彼氏ができると。

いろいろ悪戦苦闘して、なんとか歩き始めてみると、総務課の女子が通りかかりる。もちろん2人ともハイヒールを着用してる。

その総務課女子の彼女たちの履きこなしに3人共が驚く。あまりの見事さにトッサに佐藤が呼び止めて、佐藤「352+274は!?」と質問すると総務課女子2人「626・・・?」っとさりげないけど、キマっている完璧なポーズで正解を言われてしまい一同驚愕。

総務課の女子のレベルの高さを思い知らされながらも、同じことをさとうもやってみますが、佐藤「・・・100?」っとリケジョが完全に頭真っ白。しかも、総務課の女子の着ていた服についてもかなりオシャレだったのであんなに元からキレイなのに我慢を重ねてさらにキレイになるのもやめてほしいと逆ギレをはじめる。

前田も色々思ったことがあったようで衣装をかなり我慢したスタイルに変えてみるが、一見普通。

今度は、さっき噂の堂島くんのデートの相手が偶然通る。すると、夏なのにニットをかぶっている。そこからわけのわからない方向にいき季節先取りファッションの話題に。そしたら、完全に冬の服を着てしまう。それは暑すぎますよね、、、、その反動で、今度は超露出が多い真夏のファッションに。でも、3人とも全くセクシーさがない。鏡を見て3人でどうしてセクシーさがないのか話をしていると・・・、

堂島くんが丁度書類を持って入ってくる。言葉も出ない堂島くんは、青くなって早々に退散する。

ここで3人はどの辺が我慢のラインかをはっきり認識するのだった。
「オシャレは我慢」をどこまでするのが正解か・・・それは、「見ている人に我慢させない程度まで」っと。そしていつも最後にレポート作るのだった。

ハイヒール研究 まとめ
1,中敷きパッドやメイクスポンジが痛みを軽減
2,歩き方は特訓が必要
3,ハイヒールをはいて難しい話ができるのが女子
4,自分が「オシャレは我慢」をするのは勝手だが、人に我慢をさせてはいけない
by JSM(女子もどきの略)

ここまで原作漫画のネタバレを見ていきましたが、こういう感じで
女子力ゼロの理系女子3人が(城之内、佐藤、前田)女子力アップのために何か一つお題を決めてそれを研究しまとめるという一話完結になっています。ですのでどこでドラマが最終回をもってくるのかは最終回を見てのお楽しみということになります。


また、原作には登場しないキャラクターも登場するようなので、女子必見の恋愛ドラマになりそうですね。

 

 原作では高評価連発している『人は見た目が100パーセント』。そして、”美しすぎる”桐谷美玲さんが、いかにダメなりけじょを演じるのか?見どころ盛沢山で、期待できるのではないでしょうか

以上、桐谷美玲主演ドラマ「人は見た目が100パーセント」のあらすじ、キャスト紹介でした。2017年春より公開です。楽しみですね。