吉高主演ドラマ「東京タラレバ娘」第4話のあらすじ(ネタバレ)

痛い!心に刺さる!など共感の声で話題を呼んでいる水曜TBSドラマ「東京タラレバ娘」。第四話では、それぞれの恋が動き出します。果たしてタラレバ娘は幸せをつかめるのか?

 

以下、東京タラレバ娘・第4話のあらすじ、ネタバレです。

 

バレンタインで盛り上がる街にいる倫子(吉高由里子)。


すると小雪が、高級チョコ店でチョコを探しているところを見つける。

倫子が小雪は丸井さんのチョコだと察する。そこで第4出動。



小雪「一応、丸井さんと付き合うことになった。結婚してたけど。まあ、不倫てことだよね。一応、奥さんとは別居中で。こういうことは初めてらしい。」

そして、丸井と関係を持ってしまったことなどを話すと、、、。


香「実は、私も、してしまいました。涼ちゃん。」
小雪「あの人、彼女いたよね。1回だけ?」
香「ちょいちょい。」
小雪セカンドのポジションを受け入れたの?」
香「彼氏できるまでのつなぎ的な。」

という二人に、倫子は、タラレバキャラがいることに気づく。

 

タラ「金髪から学ぶべきだろう。」
レバ「女とつるんでいるから、恋愛できない。倫子は、恋愛したい女じゃない。かいい女になればいいレバ。」

 

そして、指南を受けるため倫子は占い師(いとうあさこ)のもとへ。
倫子「どこにいい出会いがあるか教えてください。」
占い師「南西の方角に、待ち人来たる。」

 

小雪はペア箱根宿泊券を当てる。相手はもちろん…。

バレンタイン大抽選会。箱根ペア宿泊券・高嶺楼を、小雪が当てた。

呑んべえで、小雪と丸井が二人でしゃべる。

ペア宿泊券が当たった話を小雪がすると、丸井が行きたいと言い出す。。
小雪「なに言ってんの、妻帯者が。」

しかし、頑張れば結婚まで行けるかもしれないとふと思った小雪父親に孫の顔を見せたいため、「一緒に行く?」と誘って、二人で行くことになる。

 

倫子は、一人焼き肉

占い師に言われて、南西の方角に進んで行く、倫子。そこには焼肉トラジがあり、悩んだ結果一人焼肉する、倫子。
一人焼肉できる私って、いい女ってことなんじゃ?と思っていると、

そこにKEYが来る。

KEY「今日は、一人なんだ?」
倫子「いつもつるんでいるわけじゃないわよ。」
KEY「一人焼肉ね。」
そこに、女性が来る。」
KEY「ドラマの撮影、来週から入ることになった。」
倫子「それは。頑張って。」
倫子は、占いなんて言っていなければ、と後悔する。

 

香は、涼とステーキ

香と涼が、高級ステーキ店に行ってステーキを食べている。

CDが売れて、給料が上がったためだ。
涼「いつか売れたら、いいもの食わせてやりたいと思ってた。あいつはダイエットばっかりだから。肉は香と食っているほうが100倍楽しい。」
そういわれて、香はご満悦な様子。

 

タラレバ三人娘の喧嘩

香と倫子と小雪で呑んべえで。
香「箱根の温泉誰と行くの?」

倫子「丸井さんと約束してたよね。」
香「大丈夫なの?奥さん。」
倫子「大丈夫じゃないでしょ。ダメでしょ。不倫は。お金まで取られるんだよ。」
香「30過ぎてからの不倫はズルズル行くっていうし。お父さんに言える?」
小雪「彼女のいる元彼とズルズル行くよりましだと思うけど。今日だって、彼女に呼び出されたら、香を置いて、行っちゃだんでしょ。それって、都合のいい女じゃん。」
香「は?涼ちゃんは、結婚してないぶん、丸井さんより100倍ましだから。」
小雪「丸井さんは、別居中で、奥さんとうまくいっていないの。彼女と同棲してる部屋に連れ込むほうがタチ悪いわ。」
香「そんなことない。」
倫子「ああもう、二人の言い合い不毛すぎるんだけど。だって、不倫と元彼のセカンドでしょ。どっちもどっちじゃん。」
小雪「そういってる倫子が一番悲惨じゃない。金髪に相手にされないからって、八つ当たりしないよ。」
香「イケメンと1回やったって、結局付き合えてないんだし、相当惨めだよね。」
倫子「それはあんたたちが…」
香「なに、あたしたちが?」
倫子「この間、金髪に言われたの。女子会ばっかやって、いつもつるんで、人のことに首突っ込んで。あんたたちはダメなんだって。そんな女と恋愛できないって。」
香「何それ?私たちが、けしかけたから、あいつがドン引きして、振られたとでも言いたいわけ?」
小雪「ちょっと、人のせいにしないでよ。そもそも倫子が、何も言えないから、あたしたちがあいつに。」
倫子「男のために、ビーフシチュー、コトコト煮込んで渡すような女に偉そうなこと言われたくない。」
香「倫子、今のはちょっと言い過ぎ。」
倫子「彼女と同棲して連れ込まれて、平気な顔してる女にも。帰る。」
香「ちょっと待ちなさいよ。」

 

倫子はまた、後悔してしていた。「やってしまった。女同士はこうなっちゃうとダメなんだ。自分が幸せじゃないからって、友達まで巻き込んで。私、最低だ。」

倫子たち、タラレバ娘たちは、お互いの男づきあいについて、大喧嘩をしてしまいました。

スポンサーリンク

それから音信不通の3人 

 

あの喧嘩から3日。二人とは音信不通。高校時代からの付き合いで初めてのこと。

 

倫子と早坂が仕事で出会う。

「いいね。よくできてる。短い期間に頑張ってくれたんだね。これ、アラサー女性の。」

と褒められる。そして、マミと早坂が別れていたことを知る。

マミは新しい彼と付き合っていた。

 

「明日倫子さん家の近くでロケしてるんで、ロケ見に来てくださいよ。彼氏紹介するんで。あと、KEYくんクランクインなんで」

戻ってくる早坂はマミと別れて少し落ち込んで、ぎくしゃくしていた。

 

 

 

 

 

涼から、香にメッセージ
涼「明日うち来ない?彼女、仕事でいないから。」
香「わかった、行く。」

都合のいい女になっていると感じる香。



小雪は、丸井のことを待っていたが、家族が緊急入院したというメールを受け、丸井は行けなくなる。


丸井に、子供がいて、妻が妊娠中ということを、SNSから知ってしまう、小雪
小雪は丸井の実態を把握する。

 

 

涼のマンションに行く、香。彼女がハワイに行ったと思っていたら、急に帰ってくることに。マンションから追い出される、香。
香「これが、セカンド女の扱いか。」

 

昔のタラレバ娘3人の写真を見る、倫子。思い出を振り返る。


倫子の名前が、ドラマの脚本家として出た時に、小雪と香は泣いてくれた。

倫子が香と小雪に直接謝りに行こうとすると、ロケに通りかかる。マミに見つかる。


KEYも演技していたが、倫子に気づき近づいて来る。


倫子「あのさ、女子会ばっかやって騒いでるからダメなんだって言ったよね。あれ違うから。むしろダメダメな人生だけど、あの二人がいてくれたから楽しかったんだよ。あいつらがいなかったら、私、クソつまんない人生過ごしたと思う。女どうしつるんでるからダメだ。つるんでる女はダメだ。ばか言わないでよ。あれが楽しんじゃない。だから、私は、これからもつるんでやる。はあ、スッキリした。あんたにタラレバ女って言われてから、ずっとモヤモヤしてたんだから。」

 


KEY「いんじゃない。別に俺には関係ないから。」
倫子「たく、ほんとムカつく。」
KEY「それは、どうも。」
倫子「あ、待って。あんた、意外と役者向いているかも。」

 

タラㇾバ3人娘仲直り&現実を見る

 

小雪が一人で、温泉に行っていた。それを知って、香も倫子も、行くことにする。

小雪「質問なんだけど、嫁が妊娠中に実家に帰ることを、別居って言うんだっけ?」
倫子「一般的には、里帰りかな。」
香「私も今日、涼ちゃんの部屋に行ってたんだけどさ。急に彼女から帰ってくるて電話があって、ゴミ出すみたいに、部屋追い出された。」
倫子「くそ野郎だね。」

倫子「あのさ、ごめん。ケンカふっかけるようなこと言って。私、自分だけ幸せじゃないからって、イラっとして二人のこと巻き込んだ。ほんとごめん。」
香「私も言いすぎた、ごめん。」
小雪「同じく、ごめん。とりあえず、お風呂行こう。」

タラレバ娘、温泉に入る。
小雪「久しぶりにテンション上がってた。目が覚めたわ。」
香「私も、涼ちゃんに本命の彼女がいても、私は特別な存在なんじゃないかって思ってた。でも今日、食べかけのケーキ持って追い出されて、現実に戻った。私は、ただの都合のいい女だった。バカだよね。私、ほんとバカだ。」

KEYの過去

 

早坂とKEYが、飲んでいる。
早坂「KEYくんにお願いしてほんとよかったよ。イメージ通り、いやそれ以上だね。役者続けてみる気ある?」
KEY「とりあえずは。夢とか目標とか、そう言うの持ったことないんです。」
早坂「じゃあ、とりあえずでやってみてよ。倫子さんも言ってたしね、役者に向いてるって。でも、KEYくんと倫子さんて不思議だよね。二人で話してる時は、他の人といる時と違う感じになるって言うか。倫子さんのああ言う顔、あんまり見たことないし。KEYくんも倫子さんといる時は、素直に感情が出てる気がしたな。気のせいかな。」


KEY「そうかもしれないです。あの人、似てるんです。知ってる人に。」
早坂「もしかして、昔付き合っていた彼女とか。」
KEY「いえ、結婚してた人です。」

 

タラレバ娘3人で、宿で飲む。

 

これからも、まだタラレバ言ってしまうのだろう。わかっちゃいるけど、やめられない。やめたくない。という倫子。

 

タラレバ娘たち、仲直りして良かったですね。

さらに絆は強くなった様子。不倫と二股はやめて、3人とも幸せになってほしいですよね。次回は、もこみちがバーテンダー役で倫子の彼氏になる!?という、衝撃的な展開。