草彅主演ドラマ「嘘の戦争」第2話のあらすじ

以下、ドラマ「嘘の戦争第二話のあらすじ(ネタバレ)です。

 

 

五十嵐に刺された一ノ瀬浩一は、病院で治療を受けて寝ていました。
楓が「あと、数センチずれてたら大変なことに。」と浩一の心配をし、
浩一は「心配かけてすみません。」と申し訳なさそうに謝ります。

 

仁科の顧問弁護士・六反田

 

仁科コーポレーションの会長と社長である隆は、

五十嵐の処理について相談しています。

 

仁科の顧問弁護士の六反田が一ノ瀬の病室に来て、
「事故として済ませたいのですが。それとは別に、当面の生活費として。」と大金を浩一に渡します。

浩一はその時、この弁護士の六反田が、30年前の実家近くの新聞配達のお兄さんで、嘘の証言をしたことを思いだします。

 

30年前の真実を知っているかもしれないということで、六反田を次の浩一の標的に。

すると、

「ダイヤモンド鉱山開発詐欺の被害者の会」を、六反田が支援していることが分かり、
そこに、ハルカが潜り込みます。

 

 

隆が、浩一の病室に来る。
隆は、前回浩一がナイフで刺されたときに笑っていたことが気になり、疑いの目を向けます。

 

楓とどう知り合ったのか、兄とはどうやって信頼を得たのか?さらに、そのナイフでは大けがにはならないということも鋭く言い当てます。
短期間に二科家に急に縁ができすぎていないか?と言い、
周りのものに、浩一に気を付けろと話をします。

 

 

 

バー800で、浩一は、刺される瞬間に、致命傷を避けた。でも、あのナイフなら大怪我にならないが、見抜かれるとは。

そして、バーのマスターが、六反田のダイヤ詐欺やっている奴を知っていると話す。

六反田と詐欺集団がグルになって、高額なお金をだまし取っているということを突き止める。

 

そして、浩一は、隆のアドレスと似たようなメールアドレスで、六反田にメールをし、六反田をだますことを考える。


「30年前の偽証の件ですが、二科家では一切責任を持てません。
この件は極秘案件なので、以後、このアドレスのみでのやり取りで願います。」

 

六反田からの返信には、会長が30年前の罪を自ら語った会話の録音があると、メールが返って来る。


六反田の録音テープとは?

六反田の法律事務所に、興三の録音があるかどうかを探す浩一。
しかし、六反田が忘れ物をして戻って来る。
火災報知器を鳴らして、逃げることができた浩一。

 

隆に電話をかける、六反田。
家探しさせたのが、隆だと思い、録音テープが世に出たら、ニシナコーポレーションは終わりだと告げる。


隆は、その会話を聞かせてもらえるかと話し、明日10時、ヒルトンホテンのラウンジで予約をつける。

 

その会話を聞いている、浩一。

六反田は、銀行に行って、カセットテープを金庫から取り出してくる。

 

 

翌日、隆と会う、六反田の姿が、
隆はまだテープの中身を確認するためにカセットを入れるが

中は音楽が聞こえるだけ。

テープがすり替えられていることに気づき、隆を疑う。

が、隆は何のことかわからない。

 

六反田の事務所に警察の調べが入った。
詐欺集団からお金を受け取っていた写真が、警察に届けられた。
六反田は隆に助けを求める。

 

その様子を見て、すり替えたテープを聞く、浩一。

 

テープの中身は、「大学生たちが若いOLを無理やり連れ込もうとして、頭を打ったOLが死亡した。私がもみ消しを。計算外だ他のは、付き添いの若い医師、千葉だ。OLの遺体に抵抗の跡があると判断。警察に伝えようとした。千葉を説得しようとしたが、無駄だった。殺害しようとした夜。妻子も殺害、一家心中に見せかけた。」という興三の声。さらにそれを知っているのは、福島と四条。それと三輪刑事だという。



これを聞いて、怒り狂う、浩一。心配をして、かたき討ちを手伝うというハルカ。


そして、浩一は興三を復讐の相手とするが、ガードが堅いので、

まずは周りから攻めていくことに。次のターゲットは、

テープの中で供述されていた、三輪刑事。

 

以上、「嘘の戦争」第2話のあらすじ、ネタバレでした。