読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木村拓哉ドラマ「A LIFE」1話のあらすじ!(ネタバレ)感想も

木村拓哉 主演ドラマ「A LIFE~愛しき人~」

f:id:kinoshitayukari:20170118212745j:plain

木村拓哉、松ケン、竹内結子、木村文乃、浅野忠信、奈々緒、、、

 など、今をときめく豪華俳優・女優陣がそろったTBSの冬ドラマ「A LIFE」。

 

一話が終わって、視聴率が14.2%と好発進というニュースが流れました。

 

これから、そんな話題の「A LIFE」のあらすじ(ネタバレ)と感想などを紹介します。

 

A LIFE~愛しき人~ 1話のあらすじ

f:id:memetertan:20170116190015p:plain

今回木村拓哉が演じるのはすご腕の外科医。

アメリカ・シアトルから東京の壇上記念病院へ10年ぶりに戻っくることになりました。

なんで戻って来たのかというと、その病院の院長・壇上虎之介(柄本明)が誰にも治せない心臓疾患で倒れてしまったため。

院長自身が「わしの心臓を治せるのはシアトルの沖田だ!彼を呼びもどしてこい!」

 

院長の娘、小児外科医の壇上深冬(竹内結子)はそんな院長の娘で、昔は沖田と付き合っていた。なので沖田の帰国をよく思ってない、深冬の旦那の副院長・壇上壮大(浅野忠信)。

 

さらに院長と副院長はうまくいっていなく、どうも院長に死んでもらいたいという思惑もあるっぽい。

 

第一外科部長の羽村圭吾(及川光博)の反対を押切り、虎之介の手術をやるという沖田。若手医師の井川颯太(松山ケンイチ)は沖田は初見で、あまり面白くはない。ナースの柴田由紀(木村文乃)は、一匹オオカミという感じで自分の芯がしっかりある女性医師。なので、沖田とは話が合う様子。

 

そして手術が勧められる。

モニター越しに手術を見守る深冬。

 

一方、壮大は顧問弁護士・榊原実梨(菜々緒)と不倫関係にあり、いちゃつきながら手術室の様子を見ています。

沖田さんの、手術は無事成功。

手術成功をねぎらう副院長。沖田と副院長の壮大は幼馴染だったことがわかります。そして、昔馴染みっぽい寿司屋に向かう沖田。頑固一徹な寿司屋の親父は、沖田の父親でした。久しぶりに会った父親に、今何をしているかを話す沖田。父親はあまり信じていません。

 

手術は成功した……かに見えたけど、院長の容態が急変!

意識不明の状態になっちまいます。「沖田さんがリスクの高い手術を強制的に決行したせい」と周りの医師たちは沖田先生を非難。

娘の深冬も怒り心頭で「頼まなければよかった。と後悔し、シアトルに帰るように沖田に言い放ちます。

 

しかし、沖田さんは、こんなことでは諦めない!!

諦めてたまるもんか!深冬のいう事など完全無視で院長を救うための手術方法を模索します。行き詰まったところ、ナースの柴田と相談し、意気投合しながらついに手術法を見つけます。

 

 

そして、行われる「院長が死んだ後を決める会議」。もう院長はダメという前提の中、颯爽と登場する沖田さん。

「院長を手術で助ける」と断言するも、「んなことできるわけないだろ!」「よくもまあ恩師に無茶できるよね」とか。しまいには、松山ケンイチに「命をなんだと思ってるんですか!」と怒鳴られる。

 

しかし、なぜかキムタクの援護に回る深冬。「父である院長を、もういないものとして扱われてるのが、イラついた」という。

 

そして2度目の手術に臨むキムタク。そして、無事に成功!

それが二重の意味で面白くない副院長の壮大は壁を殴りつけ、穴を開けちゃてしまう。

そこへいつのまにか登場する不倫相手の実梨。「穴、開けちゃったんですか?」という彼女に「最初から開いてたよ!」と怒鳴る。松山ケンイチも沖田に価値観を変えられた様子で、いきなり懐いてきます。

 

そして一難去ってまた一難。今度は深冬の脳に腫瘍が発見されてしまいます。副院長は自分の嫁のことだということを伏せて沖田にレントゲン画像を見せながら手術を依頼。「脳手術っていえば壮大だろ」という沖田。

壮大「家族は手術できないだろ」
沖田「え?家族?」
壮大「これは深冬の脳なんだ。切れるのは沖田しかいない。」

という会話。その会話に引き受ける沖田。

 

場面は変わって深冬と娘が街を歩いてるところ。深冬ったら街中で倒れそうになっちゃいます。まあ、そうなりますわな。

 

ということで、副院長からの依頼もあり、沖田先生は壇上記念病院で働くことになりました。

 

A LIFE~愛しき人~ 感想

感想としては、まず、キャストがすっごく豪華な感じがありました。

キャストがぶつかりあっている感じがあり、それとしっかりとした医療ドラマのストーリー。王道と言えば王道ですが、しっかりと作られているのでそれが高視聴率の所以ではないでしょうか。

 

さらに、一話にしてヒロイン役の檀上深冬の脳腫瘍が発覚し、沖田がメスを入れることになる。など、展開も読めません。

 

次回も展開が楽しみですね。