ドラマ「東京タラレバ娘」とは?最後はネタバレあらすじ

今話題のタラレバ娘とは?

 

東村さんが原作の漫画「東京タラレバ娘」のドラマバージョンが、水曜ドラマ「東京タラレバ娘」。吉高由里子さんが久々のドラマ主演だけあって、注目が集まっています。

 

f:id:kinoshitayukari:20170118200314j:plain

 

「キレイになったら、結婚できる」

「体重が減ったら、、、」

「昔こうしていたら、、、」

 

など、誰でも思う「たら」「れば」を繰り返し、

気が付けば結婚できないアラサー女性となっていた倫子。

 

 

そして、そんな倫子と居酒屋で女子トークに花咲かせる

友人・香と小雪も同じく結婚できないアラサー女。

 

そんな東京で聞こえてきそうな女性の声をそのまま漫画にしたのが

「タラレバ娘」なのです。

 

 

漫画「タラレバ娘」に非難殺到?

タラレバ娘を描いたのち、東村さんには知人から非難が殺到したそう。

 

「よくもこんなこと書いてくれたな!」

 

という、図星を当てられた女性たちの怒りの声でしょう。

 

それほど、東京女性のリアルな側面を映し出しているのですね。

 

ドラマ「東京タラレバ娘」のキャストを紹介!

それでは、そんなドラマ「東京タラれば娘」を彩る、豪華な女優・俳優陣を紹介します。

 

吉高由里子…鎌田倫子

 

f:id:kinoshitayukari:20170118200714p:plain

仕事も思うようにいかない、結婚はしたいけど恋する元気もない…

30歳独身の脚本家、鎌田倫子を演じるのは、NHKドラマ「花子とアン」の主演も演じた、人気女優の吉高由里子さんです。

 

吉高さんは、2006年に映画『紀子の食卓』でデビューし、翌年には『蛇にピアス』でヌードを披露したほか、第32回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。演技だけでなく、ロックバンドRADWIMPSのボーカル・野田洋次郎や、関ジャニ∞大倉忠義など今まで多くの著名人と熱愛の噂があり、恋愛観に関しても独特な価値観がありそう。さらに、久々の芸能活動だけあって、休止期間には旅行もしていたそうで、その変化がどうドラマに出てくるのか?楽しみの一つです。

 

 

榮倉奈々…山川香

f:id:kinoshitayukari:20170118200736p:plain

榮倉奈々が演じるのは表参道でネイルサロンを経営している倫子の親友、香です。

売れないミュージシャンと付き合いますが、浮気が原因で一度破局してしまいました。二人は再び近づき、段々と距離が縮まっていますが、どこか都合のいい女として扱われてしまい、友人の倫子や小雪と恋愛トークで悩みを打ち明ける姿に共感する人もいるのでは。

榮倉奈々さんは2002年に芸能界入りして以来一線で活躍し、当初はモデルとしてデビューしましたが、2004年からは女優として数々のドラマや映画に出演してきました。

映画『余命1ヶ月の花嫁』では日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞する、実力派女優のひとりでもあります。

また、2016年には俳優・賀来賢人と結婚とプライベートも順調な女優さんです。

 

鳥居小雪大島優子

f:id:kinoshitayukari:20170118200934p:plain

倫子と香の親友の小雪は、倫子たちが女子会で度々利用する居酒屋「呑んべえ」の娘。丸井というサラリーマンと不倫関係になるのですが、相手には子供もいると知って思い悩んでいます。状況に流され、傷を負ってしまう不器用な女性です。

そんな小雪を演じるのは大島優子さん。人気アイドルグループAKB48を、2014年にたくさんのファンに惜島れつつ引退し、その後は女優として精力的に活動しています。2015年には映画『紙の月』で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞するなど、その実力は広く認められるところとなりました。元アイドルとは思えない彼女の演技にも注目。

 

坂口健太郎…鍵屋春樹

f:id:kinoshitayukari:20170118201236p:plain

人気モデルのKEY。KEYは芸名で、本名は鍵谷春樹と言います。

「呑んべえ」の客として騒ぐ三人をいさめ、倫子が脚本を書いた自身が出演予定のドラマについて批判をし、倫子が降板する原因となるなど本作のトラブルメーカー的存在です。

しかし彼が話を動かすことも多く、要注目のキャラクターと言えるでしょう。

そんなKEYを演じるのは大人気若手俳優、坂口健太郎です。2010年から「MEN’S NON-NO」モデルとして活躍。”塩顔男子”の代表格として女性ファンが増えました。また、2017年2月4日には自身初の主演映画『君と100回目の恋』が公開予定です。

 

鈴木亮平…早坂哲郎

f:id:kinoshitayukari:20170118201410p:plain

以前倫子にフラれた経験がある冴えないドラマプロデューサー、早坂は鈴木亮平が演じます。

鈴木亮平は人気少女漫画の実写映画「俺物語‼」に主演で出演し、そのため30キロの増量に成功しました。その役作りのストイックな姿勢から、映画『海街diary』や『海賊とよばれた男』などの注目作に出演しています。

 

石川恋…柴田マミ

f:id:kinoshitayukari:20170118201806j:plain

倫子の後輩ディレクター、マミちゃんを演じるのは、石川恋です。原作では原宿系奇抜ファッションで、「イマドキ」な若い子パワーで倫子を疲弊させていたマミちゃん。

グラビア出身の石川恋さんは、書籍版『ビリギャル』の用紙を飾り一躍有名になりました。

その後、福山雅治主演映画『SCOOP!』に出演するなど女優として活躍の場を広げています。今回、マミちゃんを演じるにあたり、ビジュアル面の役作りも行うとのことで、どんなビジュアルになったのか、期待が高まりますね。

田中圭…丸井良男

 

大島優子演じる小雪の父が経営する居酒屋にやってくるサラリーマン、丸井を演じるのは、こちらも名脇役として名高い俳優の田中圭さん。

丸井と小雪は恋愛関係になっていきます。しかし一見控えめで誠実そうな丸井は実は、妻子もいるダメ男?という役柄となっています。どんなダメ男を演じてくれるのか?


その他にも、榮倉奈々演じる香の恋愛相手であるギタリストを平岡祐太が演じることが決まっています。

 

 

ドラマ「東京タラレバ娘」見どころは?

リアルすぎるアラサー女子の会話

アラサー女子の心をえぐりまくることで話題の『東京タラレバ娘』。女の子でもおばさんでもない、難しい年ごろの都会に住む女性3人のリアルな仕事観や恋愛観を描いています。

ギャグで笑わせながらコミカルに物語が展開しますが、時に鋭い視点で「だからダメなんだ」と登場人物を叱咤激励します。結婚を夢見る独身アラサー女子であれば、自分を見ているようで辛くなるときもあるかもしれません。しかし、それがリアルに共感でき、それならどうしたらいいのか?と一緒になって考えられるきっかけにもなるでしょう。

もちろんアラサーでなくても、女子でなくても楽しめる本作。出演者のファッションやメイクにも注目ですね。

 

吉高由里子がばっさりボブスタイルに

f:id:kinoshitayukari:20170118203821j:plain

作品で主演を務める吉高由里子が、役作りのため主人公・倫子役そのままのショートボブ二カット。今まではロングヘア―だった彼女の違ったヘアスタイルに、ファンも熱狂です。

吉高由里子さんは、2014年NHKドラマ「花子とアン」に主演として出演して以来、ドラマや映画では出演を控えてました。

しかし、2年ほどのブランクを得てのドラマ主演。これまでとは違う吉高由里子に注目が集まります!

 

東京タラレバ娘のあらすじ


倫子(吉高由里子は、30歳・独身・彼氏ナシの売れない脚本家。 高校時代からの親友でネイリストの香(榮倉奈々、居酒屋の看板娘・小雪大島優子と、 日々、“女子会”と称して集まっては好き勝手言い合いながら酒を飲むのが一番の楽しみだ。

ある日、倫子はドラマ制作会社の早坂(鈴木亮平から「大事な話がある」と食事に誘われる。 8年前、ADでまだまだダサかった早坂に告白され、フッたことのある倫子だったが、今や早坂は立派なプロデューサー。

香と小雪は、「告白どころか今回はプロポーズされるのでは?」とあおり、倫子もまんざらでもなく感じていた。だが、そんな倫子たちの前に金髪のイケメン・KEY(坂口健太郎)が現れる。

KEYは、タラレバ話ばかり繰り広げる倫子たちに対し、何の根拠もないタラレバ話で盛り上がる「タラレバ女!」と言い放つ……!(公式サイト)

 

以上、「東京タラレバ娘」のあらすじ、キャスト紹介、見どころなどでした。

リアルすぎて痛かったり、わかるわかると共感したりできるドラマでしょう。ぜひ、ご覧になってくださいね。