瑛太&深田恭子主演ドラマ「ハロー張りネズミ」あらすじ&キャスト紹介!追加キャストにロッチ、蒼井優さんなど

f:id:kinoshitayukari:20170614050608p:plain

2017年7月からのTBS金曜10時枠は、人気俳優・瑛太さんの主演ドラマ「ハロー張りネズミ」が放送することが決まりました。

このドラマの原作は、人情、サスペンス、ホラー、歴史ミステリー、超常現象に至るまで幅広いテーマを扱った大人気マンガとなっており、今からどんなドラマになるのかと話題になっています。

今回はドラマ「ハロー張りネズミ」のキャスト・あらすじなどを紹介していきたいと思います。

 

 

 

ドラマ「ハロー張りネズミ」あらすじ

 

f:id:kinoshitayukari:20170614050634j:plain

東京都板橋区、下赤塚にひっそりと佇む「あかつか探偵事務所」。お気楽所員の五郎(瑛太)とグレ(森田剛)は、事務所の下にあるスナック「輝(キララ)」にてバイトの萌美にちょっかいをだす日々。そんな中、所長の風かおる(山口智子)から以来が来る。二人は事務所を訪ねてきた依頼者川田という男に話を聞くと、一か月前に亡くした娘を探してほしいというものだった。その話を聞いた五郎とグレは…。(公式HPより)

 

ハロー張りネズミ」のキャスト

f:id:kinoshitayukari:20170614050654j:plain

 

瑛太/七瀬五郎(ななせごろう)

f:id:kinoshitayukari:20170614050814p:plain

今作の主人公。七瀬五郎、通称「ハリネズミ」は、あかつか探偵事務所で働く探偵。バカでスケベだが人情に厚く、事件の嗅覚と行動力は抜群。そんな七瀬を演じるのは、俳優・瑛太さんドラマ「ウォーターボーイズ」で注目を浴びて以降、ドラマ「アンフェア」最高の離婚」等さまざまなドラマに出演している。探偵役はドラマ「ラッキーセブン」以来5年ぶり。また2018年にはNHK大河ドラマ「西郷どん」で大久保利通役として出演予定。

 
深田恭子/四俵蘭子(しだわららんこ)

f:id:kinoshitayukari:20170614050717p:plain

今作のヒロイン、四俵蘭子は、ミステリアスな美女で、ある事件をきっかけに五郎と知り合う。

そんなヒロイン・蘭子を演じるのは、人気女優の深田恭子さん。ドラマ「神様、もう少しだけ」「平清盛」「ダメな私に恋してください」など人気作や話題作に多く出演している。

 

森田剛/役・小暮久作(こぐれきゅうさく)

f:id:kinoshitayukari:20170614050734j:plain

小暮久作は元ギャンブラーでするどい洞察力を持つ五郎の相棒の探偵。そんな久作を演じるのは、V6のメンバー森田剛さん。歌手としてだけでなく、ドラマ「毛利元就」「喰いタン」などに出演している。

 

山口智子/役・風かおる

f:id:kinoshitayukari:20170614050755j:plain

人望はあるが、昼間から酒を飲むなどの豪快な女性であかつか探偵事務所所長・風かおる。そんな風かおるを演じるのは、女優の山口智子さん。主な代表作は「ロングバケーション」「王様のレストラン」などの人気女優。

中岡創一/輝(キララ)のマスター

f:id:kinoshitayukari:20170623155328j:plain

あかつか探偵事務所の下にある五郎と木暮がよく通うスナック「輝(キララ)」のマスター。やる気がない性格の齢不詳。原作では向かいにある喫茶店「リバティーハウス」のマスターでしたが、このドラマに合わせて設定が変更されたようです。

中岡創一さんはお笑いコンビ・ロッチで過去に2009年のドラマ「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」、2014年のドラマ「グーグーだって猫である」に出演をしたことがあり、今作が3作品目のドラマ出演となります。

片山萌美/萌美

f:id:kinoshitayukari:20170623155315j:plain

スナック「輝(キララ)」のアルバイトをしているお店の看板娘。ナイスバディーで露出の多い格好をしていることから五郎や木暮からよくちょっかいを出されてしまう。片山萌美さんはグラビアアイドルとしてデビューした後、2015年のドラマ「共犯者」で女優デビュー。ドラマ「OLですが、キャバ嬢はじめました」大河ドラマおんな城主 直虎」などに出演し、今後の女優としての活躍が期待されます。

蒼井優/河合節子

f:id:kinoshitayukari:20170623155300p:plain

 

類まれな霊能力を持つ美人霊媒師、節子を演じるのは蒼井優さん。

蒼井優さんがドラマに出演するのは2015年のドラマ「Dr.倫太郎」以来2年ぶりですね。最近は映画「東京喰種トーキョーグール」、「彼女がその名を知らない鳥たち」などに出演。

リリー・フランキー/南

f:id:kinoshitayukari:20170623155340j:plain

出版社.サンライズ出版の経営者。裏社会を知る情報屋でもあり四俵蘭子の過去のことを知っている。

 

 

 

ドラマ「ハロー張りネズミ」見どころは?

f:id:kinoshitayukari:20170614050835j:plain

あかつか探偵事務所に寄せられるさまざまな依頼を、瑛太扮する七瀬五郎たちが、すべて解決していくという内容になる今作。

一話完結で毎回取り扱うジャンルが変わることから、ジャンルレスで変幻自在な探偵ドラマとなるようですが、一体どんなドラマになるのか、今から話題となっています。

脚本、演出は映画「モテキ」「バクマン。」の大根仁さんということで、瑛太山口智子深田恭子森田剛と豪華なキャスト陣と、有名脚本家がタッグを組むということで、期待できるドラマになりそうです。どんな内容になるかは今から楽しみですね。

 

ドラマ「ハロー張りネズミ」はTBS金曜夜10時よりスタートです。

 

 

ドロドロの女社会を描く!ドラマ「セシルのもくろみ」キャスト、あらすじ紹介!真木ようこ、吉瀬美智子らの競演

f:id:kinoshitayukari:20170614081838j:plain

2017年7月13日より、木10枠でドラマ「セシルのもくろみ」がスタートします。

主演に真木よう子さん、脇を固めるのは、吉瀬美智子さん、伊藤歩さん板谷由夏さん、長谷川京子さんなどで、豪華絢爛な女性のドラマとなりそうです。

このドラマは人気ファッション誌「STORY」で2008〜2010年に連載されていた、唯川恵作「セシルのもくろみ」を原作としたドラマです。

内容はひょんなことで読者モデルになってしまった主人公が、女の欲望が渦巻くドロドロのファッション業界で奮闘していくという女のドラマとなるようです。

それではそんな、2017年夏期の話題作となりそうなドラマ「セシルのもくろみ」のあらすじとキャストを紹介します。

 

 

 

ドラマ「セシルのもくろみ」のあらすじ

平凡な主婦・奈央(真木よう子)は、夫と息子を一人持ち、贅沢はできないが日々の小さな幸せを自分の幸せだと満足している母親です。ある日、たまたま人気絶大のファッション誌「ヴァニティ」の編集デスクに読者モデルとしてスカウトされてから、生活が一変。これまで読んだこともなかったファッション誌の世界に足を踏み入れることになるのです。自分にはまったく水の合わない表層的な世界だと毛嫌いし、「自分を美しく見せること」に抵抗を感じていた尚でしたが、タッグを組むことになったがけっぷちのライターや、美しさとプロ意識で他を圧倒するトップモデルらと接していくうち、徐々に新たな世界の扉が開いていき、それまでになかった価値観を見つけていくことに。

それは、”いつまでも美しくありたい”と願い”いつまでも愛されたい”と願う女たちの”もくろみ”で・・・。(公式HPより)

 

ドラマ「セシルのもくろみ」のキャスト

 

真木よう子/役・宮地奈央 

f:id:kinoshitayukari:20170614082119j:plain

主人公の宮地奈央は、金型仕上げ工の夫と中学1年生の息子と暮らす普通の主婦。惣菜屋でパートをしており、見かけより実をとるタイプだったが、ある日、偶然に人気女性ファッション誌「ヴァニティ」の編集デスクに読者モデルとしてスカウトされる。そんな奈央を演じるのは、女優でモデルの真木よう子さん。「ベロニカは死ぬことにした」で映画初主演を果たし、同年の「ゆれる」で第30回山路ふみ子映画賞新人女優賞を受賞した。代表作は映画「さよなら渓谷」「そして父になる」ドラマ「最高の離婚」「問題のあるレストラン」などで数々の映画、ドラマに出演している。2017年10月には古沢監督の映画「ミックス」が公開予定。

 

吉瀬美智子/役・浜口由華子

f:id:kinoshitayukari:20170614082145p:plain

浜口由華子は、ファッション誌「ヴァニティ」のカバーモデル。美しさ、色気など女性らしさをすべて持っており、“ハマユカ”として読者の憧れのカリスマモデル。読者や社会に対して、“幸せに見え続けること”を使命としている。そんな浜口由華子を演じるのは、こちらみ女優でモデルの吉瀬美智子さん。ファッション誌「Domani」の専属モデルとして活躍したのち「のだめカンタービレ」「LIAR GAME」などで女優として脚光を浴びる。艶のある不倫妻を演じたドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」など話題作に多数出演している。

 

板谷由夏/役・黒沢洵子

f:id:kinoshitayukari:20170614082239j:plain

黒沢洵子は、雑誌「ヴァニティ」の編集部デスク。冷静沈着で策略家。偶然出会った奈央をスカウトし、読者モデルに抜擢した。そんな黒沢を演じるのは、女優の板谷由夏さん。女優、ファッションモデル、ニュース番組のキャスターなど、幅広く活躍。最近では、ファッション誌の鬼編集長を演じた「ファースト・クラス」が記憶に新しく女の欲望をストレートに表現する役柄を多く演じる。

 

伊藤歩/役・沖田江里

f:id:kinoshitayukari:20170614082350j:plain

沖田江里は、崖っぷちで奮闘するファッションライター。ファッションブランドのPRの職を失い転職し、理想と現実のギャップにもがいている最中、奈央とバディを組むことになる。そんな沖田を演じるのは、女優の伊藤歩さん。映画『水の旅人-侍KIDS-』(1993)で女優デビューして以降、映画「スワロウテイル」(1996)で注目を浴び、「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」などさまざまなドラマ、映画に出演。2017年8月に後悔される映画「関ヶ原」にも出演している。

 

長谷川京子/役・安永舞子

f:id:kinoshitayukari:20170614082420j:plain

安永舞子は、「ヴァニティ」の元No.2モデルで、現在はテレのコメンテーターとして活躍している。キツイ物言いが特徴だが、自分なりの正義と仁義を持っている。そんな安永を演じるのは、女優の長谷川京子さん。「CanCam」など人気ファッション誌の専属モデルを務め、“ハセキョー”のニックネームで親しまれ、女優としても人気を得る。映画「七夜待」ドラマ「マザーゲーム〜彼女たちの階級」「臨床犯罪学者 火村英生の推理」など話題作に出演。

 

 

ドラマ「セシルのもくろみ」の見どころ

f:id:kinoshitayukari:20170614082519j:plain

原作の「セシルのもくろみ」では、かわいい顔をして恐ろしい“もくろみ”をもった少女が抱く女性の悩み、葛藤、思惑など女性の中に潜む思惑を表現し共感を得た小説です。

 

 

このドラマのプロデューサーの太田さんは、「名前をなくした女神」「ファースト・クラス」のプロデューサーとして有名で、女の欲望渦巻く世界間を描くプロフェッショナル。今回のドラマも、女の泥沼の人間関係とその先にある女性同士の友情と言った共感できそうなドラマで女性は楽しめそうなないようになっています。さらにそんな役柄を、豪華絢爛な女優陣が演じ、彼女たちの狂演や怪演も話題になりそうです。

 

今夏注目のドラマ「セシルのもくろみ」2017年7月13日(木)夜10時よりスタートです。

 

ドラマ「あなたのことはそれほど」10話最終回あらすじ(ネタバレ)二組の夫婦の結末は?視聴率14.8%!

f:id:kinoshitayukari:20170517005854p:plain

ドラマ「あなたのことはそれほど」前回の9話では、美都(波瑠)は有島(鈴木伸之)との子供を妊娠したかもしれないと、涼太(東出昌大)に告げ、家を出ます。

美都は離婚届を出そうと言いますが、涼太はまだ離婚届を出せずにいました。さらに、美都の不倫相手・有島(鈴木伸之)の妻、麗華(仲里依紗)も、有島が浮気をしていることを知り、子供と実家に帰ってしまいました。今回は最終回ということで、美都と涼太、有島と麗華の二組の夫婦が決着がつくようです。一体どういった結末を迎えるのでしょうか?ドラマ「あなたのことはそれほど」最終回のあらすじです。

 

 

 

ドラマ「あなたのことはそれほど」最終話のあらすじ

f:id:kinoshitayukari:20170621140833j:plain

涼太から「離婚届、記入して郵送してくれたら出しておきます。送って下さい」

とメッセージがあり、美都は美都は涼太に妊娠していなかったことを報告します。

 

有島家では、有島が家に帰ると、「実家に戻ります」という置手紙がありました。有島は驚き、すぐに麗華を追いかけようと電話をします。

麗華「なんですか?」

有島「敬語、やめてくれない?怖いです。」

麗華「私は怒ると敬語になるんです。」

有島「どうしたらいい?」

麗華「あせりすぎでしょ。せっかく出てきたのに。わたし、真剣に考えたんです。なのに、勢いだけで迎えに来られても、とても帰る気になりません」

有島はそれを聞いて、迎えに行くのはあきらめました。

麗華は実家で母親に説得されます。

麗華の母「有島君、いい男だし、いつもいい父親やってくれてるから一度くらいは許してあげれば?」

麗華「わたしはお母さんみたいには、なりたくないの。お母さんを反面教師にしてそだってきたんだから。」

翌朝、有島が出社しようとすると、涼太から呼び出しが。

有島が、喫茶店で待ってると、涼太がやってきました。

涼太は、美都と今も関係を持っているのかを尋ね、さらにこれからどうするつもりか聞きました。有島は謝りながら、

有島「もう、美都さんとは、金輪際会うことはありません。今はそれどころじゃなくて妻に出て行かれたんです。」

と話すと、それを聞いた涼太は大笑いをして「それは大変だ」と手をたたいて喜びます。

涼太「じゃ、初めからみっちゃんが二番だったんだ?」

有島「本当にすみませんでした。勝手なお願いですが、少しでも可能性があるなら美都さんともとに・・」

涼太「あなた悪い人だ、極悪人だ。でも、まあ、普通に良い人なんでしょ。あの奥さんが結婚する程度には。昔から人気者で、そこそこ努力して、そこそこ幸せに要領よく生きてきたんだろうね。でも僕は違う。一生懸命努力して結婚して、結婚した後も努力した結果が、これです。」

涼太「これから、有島さんはたいへんですね~」

一方、美都は一人の生活を満喫していました。

(有島くんは後悔したけど、わたしは後悔なんてしてない)

美都は「離婚しました」と有島にメッセージを送りますが、返信はありませんでした。

 

有島は、仕事を休んで麗華に会いに実家に行きました。出てきた麗華は、

麗華「ねえ、わたしがいったこと、聞いてなかったの?」、

有島「なあ?俺はばい菌か?けがらわしいか?」

麗華「そう見えた?ならそうなんでしょうね。わざわざ来てくれたのに悪いけど。それじゃ。」

有島「ごめん、わるかった。二度としない。どうしたら許してくれる?土下座でもなんでもする」

麗華「やめて!そんなことしたら一生許さない。今は帰ってください。離れていたいんです。さよなら」

そう言って、麗華は家の中に入ってしまいました。

涼太は、香子(大政絢)と離婚届に証人のサインをしてもらうために、レストランで会っていました。サインをすると、涼太が翌日誕生日だと気づきました。

香子「これでいいんですか?」

涼太「これがぼくへのプレゼントですよ。ひどいオンナでしょ?」

 

翌日、仕事場の美都の所に、涼太から離婚届を郵送したというメッセージが。美都が、「お誕生日おめでとう」と返すと、涼太から電話がかかってきます。

涼太は、最後に一回だけ、ご飯を一緒に食べようと美都にお願いし、美都はその夜、待ち合わせのおでん屋へ行きました。

並んで仲良くおでんを食べる二人。

美都(まったりする。しちゃうな~。わたしたち、別れるんだ。ほんとかな?この人、ホントに離婚届出したのかな?)

涼太は離婚届の証人に香子に書いてもらったことを美都に報告します。

涼太「きみはばかだね。君を手放す羽目になった僕もか?やり直したいな~。できることなら、あの病院の待合室から。初めて行ったあのカフェから。プロポーズした公園から。でも、わかってるよ。無理だってこと。いっそ、生まれ直して。あれより楽しいことあるのかな?人生。長いな~。」

そして、二人は冷酒で「ディボース(離婚)」と乾杯しました。

美都(やばい。誕生日に情けをかけて、油断した。)

そこに、香子から「昨日、涼太さんと会った。アンタが前に言ってたこと、何となくわかった。あの人少し、怖いね」とメッセージが。

すかさず涼太は香子からのメッセージかを尋ねますが、美都は病院の子だと偽ります。

美都(油断した…)

翌日の早朝、再び有島は麗華の実家へ。

 

 

麗華「わたしの話通じなかった?」

有島「おれは、アコの父親だから、娘に行ってきますを言いに来た。それじゃ、アコしゃん、行ってきますね」

驚いてる麗華の母親にも挨拶をして、早々に会社へ行きました。

その夜も、麗華の元を訪れ、娘を抱っこして帰っていきました。

翌日も、その翌日も朝と晩に麗華の元を訪れる有島。

麗華「明日も来るの?クマ出てるけど、あしたはちょっと」

有島は何も言わずに去っていきます。

 

美都は、母親の悦子(麻生祐未)のスナックにいました。

美都「なんで、結婚しなかったの?わたしずっと、お母さんみたいになりたくなかった。けど、なれなかったのかも。もしかしたら、お母さんが一番ピュアなのかもしれない。今でも、運命の人、待ってるんでしょ?」

悦子「は、バカ言ってるんじゃないよ。涼太さんは大丈夫なの?」

美都「この間、最後のご飯を食べた。」

悦子「面倒くさい夫婦だね~」

”最後の”という言葉が気になった悦子は、涼太の部屋へ挨拶に行きました。すると、涼太は指輪をしていて、結婚式の写真もそのままなことに気が付きます。

涼太「あ、模様替えしたんです。みっちゃんが来たら驚かそうと思ってるんです」

悦子「えー、美都がここに来るわけないでしょ。離婚したんだから。本当にうちの娘がご迷惑をおかけしました。涼太さんもいっそのこと、浮気し帰してやればよかったのに」

涼太は黙って背中を向けます。

悦子「できないか、お天道様に怒られちゃうもんね、いい大人になってもママの言いつけ守って、いい子ちゃんだね。ごめん、怒った?」

涼太「いいえ」

悦子「ついね、いままでは気を使ってたから。義理の息子だからね」

涼太「それ逆じゃないですか」

悦子「なんで、自分の娘を大事にしてほしいから涼太さんにこびるんでしょ。じゃなきゃね。あんなバカ娘でもね、正しいかどうかご立派な理由で判断するのは他人事。自分の子は間違っていてもゆるせちゃう。こんな親でもそうなんだから。涼太さんおお母さんなら、なおさらなんじゃないの?」

涼太「僕の母?」

悦子「だって、情の深いお母様に育てられたから、お天道様に背いた美都を愛せるんでしょ。でもさ、つらいなら、美都の手なんて離してもいいんだよ。お天道様もおこらないでしょ」

涼太「ぼくは、間違っていたんでしょうか」

悦子「そういうの、正解はないよ。二人とも苦しそう。お元気で。美都が今までお世話になりました」

そう言って、悦子は帰りま氏tあ。

悦子は、美都に涼太と会ったことや、結婚式の写真や指輪もしていたことを話します。悦子「”最後に”と言った言葉が気になってね。」

 

有島は、今日も麗華の元を訪れました。往復3時間の朝と夜、計6時間も無駄にしていると麗華に言われます。

麗華「これって、あれみたいね。とにかく自分が頑張る姿を見せつけて、プロポーズを受けてもらう人たちの心理。本人が本人のことを幾らがんばっても、プロポーズを受ける側にとっては、ほぼ関係ないこと。そういう努力の方法って、どうなんだろうっていう疑問と、今似たような気持ちです」

有島「だから、いいんだって。許してもらおうとかじゃなくて、おれが今一番したいことをしているだけだから。それだけだから」

麗華「それだけでいいなら、なぜ、わたしはこんな思いをしてるの?」

有島「じゃあ、どうしたら?だめだ、ループしている」

麗華「だから、会わないって」

有島「やなの。会わない時間で互いの大切さがわかるって、そういうの分からないの」

麗華「あの人は、あなたのこと、癒してくれた?楽しかった?あの人といるときのあなたはわたしが見たことのないあなたなのかしらね。でもね、わたしもこんな自分を見たことがない。あの顔、一生忘れない。わたしをこんな風にさせたあなたのことが憎いです」

有島「愛してるよ、麗華」

麗華は涙を流しながら、有島の顔を平手で叩きました。それでも、有島は「愛してるよ」とくりかえし、麗華はそう言われるたびに引っぱたき返します。亜湖が泣き出して、ようやく麗華は有島から離れ、有島は涙を流しながら帰っていきました。

そこへ、麗華の母が麗華に言います。「お前は、光軌さんが正しいから好きになったの?じゃあ、なんで?」

 

翌朝も5時に起きた有島。美都にLINEをブロックすることや、自分たちは離婚しないことを送りました。美都はすぐ「了解です」と返信しました。

その日の夜、美都の家に香る子が訪ねてきて、一緒に美都が作ったご飯を食べました。美都は今までのことを謝ると、香子に3年以上ぶりに彼氏ができたとき来ます。思わず、「歴代1位?」と美都が聞くと、

香子「それ比べても、仕方なくない?あの頃好きだったひとは、あの頃の自分が好きだった人。自分も相手も変わってる。あの頃好きだった人は、この世にはいない幻?」

美都は、その言葉で前に占い師に「いない人に恋しても幸せになれない」と言わたことを思い出します。

有島が家に帰ってくると、皆美(中川翔子)が現れて、勝手に張り紙をばらまいたことや、引っ越すことにしたと伝えていきました。有島は張り紙のことは知らず、麗華がどんな思いで毎日を送っていたのかに、ようやく気づきます。

翌朝、有島が麗華の実家に行くと、麗華はゴミ捨てをしていました。

有島は近づいて、いきなり麗華にキスをしました。そして、「気持ちいいね」と笑顔で言いました。麗華は有島と付き合うきっかけを思い出します。有島と麗華は抱き合いました。麗華は「やさしくて、ずるい人」とつぶやいて、有島のことを許し笑顔で有島を迎えました。

一方美都は、役所に行って離婚届が出されていないことを知らされます。小田原(山崎育三郎)に会って相談すると、この1週間、涼太は会社に来ていないと言います。

小田原「俺じゃだめだから、あいつの子と頼みます」

美都は、涼太の家に行くと、机の上には、結婚式の写真が並べてあり、ろうそくと空のワインが。悦子の言葉が頭の中をよぎって、高台の公園に行きました。そこに、涼太は立っていました。美都は「涼ちゃん!」と叫んで駆け寄ります。

美都「涼ちゃんがもししんじゃったら、わたし耐えられない。今さらこんなこという資格ないけど、もし、涼ちゃんがそんなにのぞんでくれるなら、もう一度・・」

涼太「はは。みっちゃんらしい。それは同情でしょ。好きとは違う。罪悪感。しかも、自分の気分が悪いから。全部自分のためだ。みっちゃんらしい。君は自分を肯定することに関しては天才的だ。僕にも気持ちがあるんだよ。そして、いま、ぼくの気持ちは、みっちゃんのことはそれほど。みっちゃんはまだ、本当に人をすきになったことがないんじゃない」

美都「そうかも」

涼太「本当に正直で、ひどい人だ。かわいそうだね。ぼくでも、一番好きな人と結婚できたのに」

美都「ありがと。でも、わたしには、涼ちゃんの愛は優しい暴力だった。わたし、これから、あなたのことを傷つけたことを忘れずに生きていこうと思います。本当にごめんなさい」

涼太は近寄ると、手を差し出して握手しました。

美都(ああ、私、この手だけは本当に好きだったな・・)

握手をして涼太はすぐに美都のところを去り、崖の上から指輪を投げました。そして美都は逆の方向に、後ろを見ずに歩いていきました。

 

1年後、花山医師と香子が婚約することになり、結婚式の会場の下見に美都が行くと、涼太が結婚式のパンフレットを持って一人の女性が歩いていました。

一言挨拶しただけですれ違っていきましたが、美都は浮かない顔をします。

美都(人の幸せなんて、ちっとも嬉しくない。)

涼太は小田原と仕事をしに来ていて、女性はスタッフの一人でした。

小田原も美都を見かけて、涼太に声をかけますが、涼太は清々しい顔で仕事に取り組んでいました。

勘違いしたままの美都は、(わたしの運命の人は・・・)と考えています。

『すいません!』

そこへ、犬を連れた男の人が現れたのでした。

ドラマ「あなたのことはそれほど」完

ドラマの序盤から、SNSで賛否を巻き起こした『あなたのことはそれほど』。最後は、とてもすっきり終わってくれて、良かったなというのが感想です。

結果は、美都と涼太は円満離婚し、有島と麗華はよりを戻した、ということでした。さらに、花山院長と香子が結婚するということで、このカップルが一番意外でしたね。

このドラマのタイトル『あなたのことはそれほど』は、美都の言い分かと思いましたが、最後は涼太が『(美都のことは)それほど』と言っていました。涼太の方はさっぱりと吹っ切れてよかったですね。

なんだかんだあっても、お互いが納得するまでぶつかるというのも大事なのかもしれません。そうすることで、すっきりと次に進めることもあります。最後は結婚とは何か?夫婦とは何か?ということもしっかり考えさせられました。なかなか深いドラマだったなと思います。

また、今回の原作の漫画はまだ最終回前ということで、結末が変わるかもしれないようです。原作漫画もチェックしておきたいですね。

 

 

 

福士蒼汰主演!新日10ドラマ「愛してたって、秘密はある」あらすじ、キャスト紹介!秋元康原案のシリアスドラマ

f:id:kinoshitayukari:20170621141329j:plain

2017年夏期の日曜22時の枠は、福士蒼汰さんを主演に迎えたドラマ「愛してたって秘密はある」に決定。過去に母親を守るために父親を殺したという、秘密を抱えて苦悩しながら、結婚を目前に秘密を暴こうとする犯人に追い詰められていくというドラマです。

 

さらに企画・原案は名プロデューサーの秋元康さん。ヒロインには、人気若手女優の川口春奈さんで、主人公の福士蒼太さんとは、映画「好きっていいなよ」で共演しラブラブぶりが話題となった名コンビです。

そんな、この夏注目のサスペンスドラマ「愛してたって、秘密はある」のキャスト、あらすじ、見どころを紹介していきたいと思います。

 

 

 

ドラマ「愛してたって、秘密はある。」のあらすじ

 

f:id:kinoshitayukari:20170614033756j:plain

主人公・奥森黎(福士蒼汰)は、中学生の頃に母親・晶子(鈴木保奈美)をDVから守るため、父親を殺害した過去がある。彼の殺人は、父親が失踪扱いになったことで、母親と2人の「秘密」となった。

「自分には恋人も友人もいらない」と、誰とも深く関わらず慎ましく生きてきた主人公だったが、ある女性(川口春奈)と出会って恋に落ち、彼女と母が望むなら…と結婚を決意する。

しかし、プロポーズの直後から、「秘密」を知る何者かからのメッセージが届き始めて…!?(公式HPより)

 

ドラマ「愛してたって、秘密はある」のキャスト

福士蒼汰/役・奥森黎(おくもりれい)

f:id:kinoshitayukari:20170614033859j:plain

今作の主人公の奥森黎を、人気俳優・福士蒼汰さんが演じます。爽やかな好青年の役が多い福士さんですが、今回は、一転し父親殺しという重い十字架を背負った孤独な青年を演じることに。サスペンス初主演に挑戦ということで期待が高まります。

福士蒼汰さんは、ドラマ「恋仲」「きょう会社休みます」など数々のラブコメで主演を飾りブレイク。2018年には映画「曇天に笑う」や、映画「BLEACH」など数々の話題作に出演予定です。

 

川口春奈/役・立花爽

f:id:kinoshitayukari:20170614033944p:plain

ずっと孤独に生きていくつもりだった主人公が愛してしまうヒロイン・立花爽には川口春奈さんが抜擢。川口春奈さんは、ドラマ「探偵の探偵」や、映画「幕末高校生」や映画「一週間フレンズ」など話題作に出演している人気の若手女優です。福士蒼汰さんとは映画「好きっていいなよ」で恋人役を演じたこともあるので、二人の息はぴったりでしょう。

 

鈴木保奈美/役・奥森晶子

f:id:kinoshitayukari:20170614034024j:plain

主人公の母親で、夫の奥森皓介(堀部圭亮)からDVを受けていた奥森晶子を鈴木保奈美さんが演じます。晶子を助けるために黎が夫を殺してしまい、失踪扱いにしてその罪を隠しているという役どころです。鈴木保奈美さんは、1991年の伝説的ドラマ「東京ラブストーリー」のヒロイン・リカ役で大ブレイク。それ以降、話題のドラマやCMに多数出演。結婚後しばらく活動していなかったが、2008年に活動を再開し、アラフォーの主婦役などで多彩なドラマに出演。

 

堀部圭亮/役・奥森皓介

f:id:kinoshitayukari:20170614034119j:plain

奥森皓介は、主人公の父親で、妻・晶子へのDVを繰り返していたが、晶子を守ろうとした黎に殺され、失踪中扱いになっている。演じるのは、俳優、タレント、放送作家、映画監督などマルチに活躍している堀部圭亮さん。2017年は、「スリル!〜赤の章・黒の章〜」「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」「リバース」と3本のドラマに出演している。

 

鈴木浩介/役・風見忠行

f:id:kinoshitayukari:20170614034159j:plain

晶子の同僚、風見を演じるのは鈴木浩介。代表作に「Doctor-X 外科医・大門未知子」「刑事7人」「昼顔〜午後3時の恋人たち」などがあり、人気ドラマで活躍する個性派俳優です。2017年春ドラマでは「緊急取調室」「人は見た目が100パーセント」に出演中。

 

賀来賢人/役・立花焼人

f:id:kinoshitayukari:20170614034248j:plain

爽の兄でジャーナリストの立花焼人を演じるのは、人気俳優の賀来賢人さん。賀来賢人さんはドラマ「花子とアン」でブレイクして以降、さまざまなドラマ、映画に出演。2016年にはドラマ「Nのために」で共演した榮倉奈々さんと結婚し子供も生まれる予定である。

 

 

遠藤憲一/役・立花弘晃

f:id:kinoshitayukari:20170614034317j:plain

検事正、爽の父親立花弘晃役を遠藤憲一さんが演じます。遠藤さんは2017年後期の朝ドラ「わろてんか」ドラマ「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」などに出演し人情味のある役柄に定評がある。古沢良太脚本の映画「ミックス」も出演予定。

 

 岡江久美子/役・立花茜

f:id:kinoshitayukari:20170614034400j:plain

専業主婦で爽の母親・立花茜役を、岡江久美子さんが演じます。岡江さんは、朝の人気番組「はなまるマーケット」のMCを18年間も務めお茶の間の人気者に。「土曜ワイド劇場」などのサスペンスドラマへの出演も多い。

 

山本未来(役:香坂いずみ

f:id:kinoshitayukari:20170614034531j:plain

弁護士・法科大学院講師で爽の恩師・香坂いずみ役を山本未来さん。山本未来さんは、父は世界的デザイナー・山本寛斎、夫は俳優・椎名桔平という境遇を持つ演技派女優さんです。近作では、湊かなえ原作「Nのために」、ドラマ「就職家族」などに出演し演技力が話題になる。2018年には映画「ミッドナイト・バス」が公開予定。

 

白洲 迅/役・安達虎太郎

f:id:kinoshitayukari:20170614034649j:plain

黎と爽の友人で、司法修習生安達虎太郎を、若手俳優白洲 迅さんが演じます。2016年にはドラマ「とと姉ちゃん」「営業部長 吉良奈津子」「キャリア~掟破りの警察署長~」、2017年には「貴族探偵」「警視庁捜査一課9係season12」などに出演するブレイク必至の若手俳優です。

 

柄本時生/役・未発表

f:id:kinoshitayukari:20170614034720j:plain

爽の修習を手伝うパラリーガル(役柄不明)を演じるのは、柄本時生さん。父・柄本明、母・角替和枝、兄・柄本佑、義姉・安藤サクラという芸能一家で知られています。2017年は、「増山超能力師事務所」やドラマ「怪獣倶楽部」に出演。映画「彼女の人生は間違いじゃない」も公開予定。

 

吉川愛/役・浦西果凛

f:id:kinoshitayukari:20170614034808j:plain

黎に好意を寄せる謎めいた女子高生・浦西果凛役を、吉川愛さんが演じます。

吉川愛さんは、3歳で芸能界入り。美少女子役として「山田太郎ものがたり」「メイちゃんの執事」「ハガネの女」「夜行観覧車」「あまちゃん」など人気ドラマに出演し、2016年4月に学業に専念するため芸能界を引退したが、1年後の2017年4月、芸名を吉川愛と改めて復帰。今作が復帰後初の連ドラ出演となる。

 

 

 

 

ドラマ「愛してたって、秘密はある。」の見どころ

 

f:id:kinoshitayukari:20170614034901j:plain

さまざまなアイドルや番組をプロデュースしてはブレイクさせる秋元康さんが原案の今作。

テーマは、「どんな秘密があっても愛することができるか」ということです。そういった重い主題に肉付けしていくのが、映画「ストロボエッジ」などを書いてヒットさせた脚本家・桑村さや香さんや、ドラマ「ダメな私に恋してください」「黒崎君の言いなりにならない」など話題作を演出した演出家河合勇人さんなので、サスペンスながら女性満足度の高いドラマとなるかもしれません。

 

また、爽やかなイケメン役が多かった福士蒼汰さんが、今回は父親殺しという重い十字架を背負って孤独に生きてきた主人公を演じることにも注目です。一体どういったドラマになるのか、今から注目ですね。

 

ドラマ「愛してたって、秘密はある」は、2017年7月16日(日)夜10時よりスタートです。

 

 

相葉雅紀主演ドラマ「貴族探偵」第10話のあらすじ(ネタバレ)最終章で全ての謎が明らかに!

ドラマ「貴族探偵」10話のあらすじ(ネタバレ)

f:id:kinoshitayukari:20170619232622j:plain

愛香(武井咲)「あなたが、政宗是正なのですね。」
貴族探偵相葉雅紀)「相変わらずトンチンカンなことをいうのがお得意ですね。その根拠は?」
愛香「手帳には、この名前がありました。政宗是正の名前があなたの名前だからです。その正体を探ろうとした喜多見を殺した。鈴木という人物が突き落とした。清倉警察署に調書を作らせた。女性を大切にするあなたは月見草の花束を置いたのですね。無言の愛情という花言葉を込めて。」


貴族探偵「とても面白い推理でした。しかし、あなたの妄想を裏付ける証拠がありませんよね。なぜそんな推理を聞かせたのでしょうか?」


愛香「私は真実が知りたいんです。あなたが師匠に償いの気持ちを持っているなら、本当のことを教えてくれませんか?」


貴族探偵「わかりました。いいでしょう。ただし、条件があります。あなたは一度も事件を解決したことがありません。私の前で、正しく事件を紐解くことができたなら、彼女の死の真相をお伝えしましょう。」

 

貴族探偵「山本、聞いてたか?鈴木はシンガポールか?伝えておけ、そろそろケリをつけるとな。残念だな、女探偵さんともお別れだ。」

 

具同家に脅迫状が届く

 

具同真希と具同弘基
弘基(桐山漣)は、まだまだ結婚はしていないが具同家の後継者である。

弘基とは従妹の真希(矢作穂香)は、おかしなカードが星見荘に送られてきたことを弘基に話す。
カードには、「お前が緒方修を殺したことを知っている」と書かれていた。

 

真希が貴族探偵を呼ぼうとするが、弘基は呼ばなくていい、ただのイタズラだと話す。

弘基の従姉妹、国見奈和(佐藤めぐみ)に電話をする弘基。

弘基「あのことを言っていないだろうな?」

 

弘基たちは、一年前に真希、弘基、真希の兄の具同佳久、佳久のゼミ仲間の有岡葉子、国見奈和が、集まってスピカの宴を楽しんだ写真を見ていた。

 

愛香が事務所で、政宗是正を調べるが全くわからないでいた。
愛香に、星見荘の捜査の依頼が。封筒には手紙と、50万円が入っていた。

星見荘とは、神奈川県北部に位置する、星が見える観光地だったが、具同家が買収していた。具同家は、武器商人でシンガポールを拠点にしていることをGiriで調べる。

 

使用人の鈴木が日本に帰って来る。
貴族探偵「では、終わらせようか」

 

星見荘に着いた真希は、それぞれの部屋に置物をセットしている。

弘基は仕事で到着が遅れていた。

平田早苗は、具同家の使用人で別荘を任されている。
普段は、本家で働いている。具同佳久と有岡葉子が到着する。

愛香はすでに到着していた。

 

 

 

星見荘では、真希の誕生会が催されていた。
そこには、愛香の友人の玉村依子も来ていた。

部屋の準備ができたと、使用人の平田が皆を呼びに来る。それぞれが、自分の部屋に行くことに。

 

愛香に依頼したのは、具同真希。具同真希に愛香を紹介したのは、依子だった。依子は具同家と遠縁にあたるらしい。

 

真希が愛香に、脅迫状を見せる。

緒方修とは、去年のスピカの宴に来ていた具同家の関係者で、
宴の翌日、湖でジェットスキーに乗りスピードを出しすぎて、頭を強く打って、亡くなった。

貴族探偵に依頼をしたが、断られたので、代わりに愛香を依子が紹介した。

 

しかし、依子はこれからイタリアに行くため、帰ってしまう。

 

愛香に依子から電話が来る。
愛香の部屋にプレゼントのドレスを置いておいたからパーティーで着るように、ということと、弘基が手が早いから、夜は気を付けろということだった。

 

夕食で集まった6人。葉子は、佳久は大学院で研究したほうがいいだろうと話す。

ケーキが出て来る。ローソクを、真希が消す。

 

弘基は依子の言っていた通り、愛香に美しいと言い寄る。愛香は、弘基から、貴族探偵のことを探る。
愛香「具同家は、シンガポールを拠点にしているそうですね。政宗是正と言う人物を知っていますか?」
弘基「商売敵です。あまり口にしないほうがいいかも。」

愛香「じゃあ、貴族探偵のことは?」

弘基「俺は、好きになれないね。」
愛香「彼は、何者何ですか?」
弘基「興味があるなら、後で私の部屋に来てください。」

 

真希が、届いた脅迫状を全員に見せる。
葉子「どう言うことですか?おかしいと思ってたんです。緒方君は、慎重にやるタイプで。スピードを出しすぎるなんてありえないって。事故じゃなかったんですか?」
葉子は、死んだ緒方の恋人であった。
弘基「あれは、本当に不幸な事故でした。」

 

国見奈和と弘基が隠れて話をしている。
奈和「知ってたの、あの脅迫状のこと、何で教えてくれなかったのよ?知ってたら、来なかった。」
弘基「安心しろ。証拠はないんだ。バレるわけがない。もしかしたら。」

この会話は何者かによって盗聴されていた。

その日は天気が悪く、天体観測はできずに皆は部屋に戻る。

 

愛香はどうしても、貴族探偵の正体が気になり、部屋を出る。

弘基の部屋に誰かが来る。

弘基「なるほど、やはりあなたでしたか。どうぞ。」

 

 

愛香が、弘基の部屋をノックするが返事がない。
ドアを開けると、弘基が倒れていた。置物に血がついている。

 

外に出ると、ドアが開いている部屋がもう一つ。葉子の部屋に行くと、華子も倒れていた。

 

急いで鼻形に電話する愛香。

しかし、電話がつながると、何者かに後ろから殴られ、愛香は気絶する。

そこへ貴族探偵が登場する。意識のない愛香を抱きかかえて歩いて来る。

 

以上、ドラマ「貴族探偵」10話のあらすじでした。

 

次回の最終話では、貴族探偵の謎や喜多見切子との関係など、すべて明らかになるそうです。次回が楽しみですね。

 

 

新日曜劇場ドラマ「ごめん、愛してる」あらすじ&キャスト紹介!人気韓国ドラマをリメイク!主題歌はTOKIO?

f:id:kinoshitayukari:20170614092619j:plain

2017年夏の日曜劇場には、韓国で最高視聴率29.2%を記録し社会現象を巻き起こしたドラマ「ごめん、愛してる」の日本版リメイクに決定。

主演は、日曜劇場で初主演を務める、TOKIO長瀬智也さん。

ヒロインには今人気上昇中の若手女優・吉岡里帆さんが抜擢。

 

さらに、脇を固めるのは、坂口健太郎さんや大竹しのぶさんといった豪華キャストとなっています。

 

今回はそんな2017年の最重要ドラマ「ごめん、愛してる」のあらすじ、キャスト、見どころなどを紹介します。

 

 

 

ドラマ「ごめん、愛してる」のあらすじ

幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた岡崎律(長瀬智也)。底辺で生きる彼の居場所はもはや裏社会にしかなかった。そんな暗澹とした日々を送っていた律は、ひょんなことから一人の女性・三田凛華(吉岡里帆)を助ける。後に、これが二人にとって運命を変える出会いとなる…。

ある日、律は事件に巻き込まれ頭に致命的なけがを負い、命がいつ尽きるかわからない状態に。せめて最期に親孝行がしたいと実母を探し始めた律は情報を掴み、母親・日向麗子(大竹しのぶ)を探し当てる。しかし律が目にしたのは、貧しさゆえに自分を捨てたと思っていた母親が息子のサトル(坂口健太郎)に溢れんばかりの愛情を注ぐ姿。裕福で幸せそうな二人の様子に愕然とした律は、母親への思慕と憎しみに葛藤する。そんな時、律は凛華と再会する。凛華は幼馴染みであるサトルに思いを寄せていたが、その想いは届かず寂しさを抱えていた…。(公式HPより)

 

ドラマ「ごめん、愛してる」キャスト

 

長瀬智也/役・岡崎律

f:id:kinoshitayukari:20170614092639j:plain

今作の主人公、岡崎律は、幼いころ母親に捨てられ、これまで誰にも愛されずに過ごしてきました。

 

血の気が多く喧嘩ばかり繰り返す一方で、愛を求める寂しい男でしたが、あるとき凛華(吉岡里帆)と出会い、母・麗子(大竹しのぶ)への憎しみから「愛」を知ることになります。

そんな律を演じるのは、TOKIOのボーカル・長瀬智也さん。代表作にドラマ『Days』『池袋ウエストゲートパーク』『fragile』などがあり、俳優としても演技力に定評があります。

 

吉岡里帆/役・三田凛華

f:id:kinoshitayukari:20170614092835p:plain

今作のヒロインの三田凛華は、幼馴染みであるサトル(坂口健太郎)に思いを寄せていたが、律(長瀬智也)に助けられ、彼の人間的な温かさに触れ徐々に惹かれていくという女性です。他人のために自分の犠牲をいとわない愛情深い性格ですが、そんな凛華を演じるのは、今ブレイク中の女優・吉岡里帆さん。9代目ゼクシィガールに選ばれて以降、

朝ドラ『あさが来た』や、『ゆとりですがなにか』『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』『カルテット』と立て続けにドラマに出演する女優です。

 

坂口健太郎/役・日向サトル

f:id:kinoshitayukari:20170614092905p:plain

日向サトルは、母・麗子(大竹しのぶ)の愛を一身に受け何の苦悩もなく祖だった、人気アイドルピアニスト。そんな日向を演じるのは、坂口健太郎さん。2010年『MEN’S NON-NO モデルオーディション』に合格し、2013年塩顔男子ブームの火付け役として注目される。代表作は映画『64-ロクヨン- 前編/後編』ドラマ『東京タラレバ娘』など、今を時めく若手俳優

 

大西礼芳/役・古沢塔子

f:id:kinoshitayukari:20170614093102j:plain

古沢塔子は、日向サトルが夢中になる天才サックス奏者。恋に奔放で自分の思うまま自由に生きる女性です。そんな古沢を演じるのは大西礼芳さん。さまざまな映画、ドラマに出演する若手女優で、代表作は「はじめまして、愛しています」や「フランケンシュタインの恋」など。

 

西脇千鶴/役・河合若菜

f:id:kinoshitayukari:20170614093555p:plain

河合若菜は、律と同じ養護施設で育ったという境遇を持つ一児の母親。若菜自身は子供のころに事故で高次脳機能障害となり、事故の時の7歳の知能で止まっている。そんな河合若菜を演じるのは、女優・池脇千鶴さん。映画「ジョゼと虎と魚たち」で好演し話題となった。さまざまな映画に出演する演技派女優。

 

 

大竹しのぶ/役・日向麗子

f:id:kinoshitayukari:20170614093120p:plain

日向麗子は、世界で活躍していた元一流ピアニスト。息子のサトル(坂口健太郎)に愛情を注ぎ甘やかし、プライドが高く周囲を振り回し勝ちな女性。主人公・律(長瀬智也)の産みの親だが、本人は律が自分の子供だと気付いていない。

そんな、日向麗子を演じるのは、ベテラン女優の大竹しのぶさん。映画『青春の門筑豊篇)』と連続テレビ小説水色の時』のヒロインで注目されて以降、さまざまな作品に出演しており、女優としても歌手としてもさまざまな分野で活躍している。

 

マフィアの跡取り息子に、韓国の人気俳優イ・スンヒョクが出演!

 

韓国のマフィアの跡取り息子で、律を兄のように演じているベクランを、韓国の人気俳優イ・スンヒョクが演じることが決定。

 

 

 

ドラマ「ごめん、愛してる」の見どころ

原作の大ヒット韓国ドラマ「ごめん、愛してる。」のリメイク

f:id:kinoshitayukari:20170614093705j:plain

原作は、当時の韓国ドラマ界の各賞を総なめにし、29.2%という驚異の記録をした大ヒットドラマです。

韓国でのドラマ名は『ミアナダサランハンダ』通称『ミサ』と呼ばれ、社会現象に。

今作は韓国だけでなく、中国、トルコ、タイなどでも放送され、アジア圏でも絶大な人気を得ています。

 

長瀬智也はラブストーリー20年ぶり!二つの三角関係に胸が締め付けられる!

f:id:kinoshitayukari:20170614094318j:plain

今作の再注目ポイントは、

律-サトル-凛華の恋愛の三角関係と、律-サトル-麗子の母子の三角関係。

 

複雑に絡まりあう、ふたつの三角関係に、この夏最も切ないラブストーリーが生まれる予感です。

さらに主演の長瀬智也さんは、20年ぶりのラブストーリーを演じるということも見どころの一つ。30代になった大人の色気で女性のハートを射止める演技に期待しましょう。

さらに相手役に『カルテット』で話題となった吉岡里帆さんや、塩顔男子ブームの火付け役となった坂口健太郎さんなど、話題性のあるドラマになりそうです。

 

 

ドラマ「ごめん、愛してる」の主題歌は?

f:id:kinoshitayukari:20170614094356j:plain

これまで長瀬さんが主演を飾っているドラマはTOKIOが主題歌を歌っているようです。今作もTOKIOが主題歌となりそうですが、分かり次第また追記したいと思います。

 

 

そんな、今季話題のドラマ「ごめん、愛してる」は、2017年7月日曜夜9時よりスタートです。

 

 

 

ドラマ「ボク、運命の人です」最終話のあらすじ!誠と晴子の結末は?

 

f:id:kinoshitayukari:20170423163253j:plain

前回は、晴子(木村文乃)と誠(亀梨和也)は温泉旅行に行き、”神”こと誠と晴子の将来の子供の一郎(山下智久)が出した指令はすべてクリアしました。そして、一郎は誠から、自分の記憶を消して消えてしまいました。

最終回は、誠は最後に晴子にプロポーズして結婚すればいいだけですが、どうにも歯車が噛み合わず、うまくいかないようです。果たして、何が原因なのでしょうか?そしてプロポーズは成功するのでしょうか?ドラマ「ボク、運命の人です」最終話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

 

 

ドラマ「ボク、運命の人です。」最終回のあらすじ(ネタバレ)

f:id:kinoshitayukari:20170618024203j:plain

誠の会社では、特別ボーナス報奨金の案内が出ていた。
会社のメンバーは、また誠におごってもらう気でいる。

三恵(菜々緒)と晴子はいつもの店で昼ご飯を食べていた。
三恵は、ガードの硬い女キャンペーンをまだやっていて、そのおかげで、定岡の両親に好印象を残せたと喜んでいた。

晴子「そろそろやめてあげないと定岡くん可愛そうだよ。」

三恵「やっぱり一仕事終えた女は違うね。」

 

誠と関原と鳥田部長がいつもの居酒屋で飲んでいた。


烏田の娘がにんじんが嫌いなのに、烏田が食べろと言ったら、娘の様子がおかしくなり、他人行儀になってしまったと相談をしている。原因は人参ではないかもという誠。

 

そして、誠の部屋に行く、烏田と関原。
二人は泊まる気満々だった。関原は、前回泊まった時に、美男子の幽霊に微笑みかけられたと言う。豆腐のトートバックは捨てたのかと関原に聞かれるが、なんのことか分からない誠。

正木一郎は、会社の誠の椅子に座っている

翌朝、烏田と朝食を食べる誠。

鳥田「あれ、関原君は?」

誠「関原さん、明日デートがあるからと、終電で帰った。テトラポッドの子とうまくいっているみたいですよ。」

烏田「正木くんのほうは?」
誠「あとはプロポーズだけで」
烏田「鉄は熱いうちに打てと言うからね。婚約指輪、豪勢にいかないと。フォアグラね。見た目はハンバーグで食べたらフォアグラ入りっていうのが理想。」

 

誠はその言葉通りに、宝石店で結婚指輪を注文する。店から出て来ると、女の子に風船を持っていてくれと頼まれる。しかし、風船を飛ばしてしまう誠。

女の子「あなたに期待した私がバカでした。」
女の子は、アイビッキーというゆるキャラがくれた風船だから嬉しかったのだという。女の子は、指輪を売ってくれた店員さんの娘だった。

 

 

スワローマーケティングでは、模様替えをしている。晴子の席は、移動になってしまい誠と背中合わせの席ではなくなってしまう。

さらに、誠は指輪を取りに店に行くが、お店が閉まっていた。

また、晴子は、無期限で大阪に出張することに。プロジェクトが終わるまで東京にはかえって来れないという。

そのころ一郎は、定岡と会っていた。缶蹴りをやろうと言い出す。一郎。
一郎「仕事で旅立つことになったんだ。」
定岡「どれくらい?」
一郎「30年くらい。お願い聞いてもらえる。誠には内緒にしてほしいんだ。お互いに別の別の道で頑張ろうと約束したから。感謝してるんだ。誠のことたくさん助けてくれたじゃん。30年後、俺たち、ゴルフ行こうね。葉巻吸ってさ。」

一郎「バイバイ、誠。」

 

晴子は、「ひよどり苑」と言う将棋の対局でも使われる有名な旅館に泊まることに。

誠は定岡と出会って、三恵も大阪に出張に行ったと報告する。三恵と晴子は、当分、帰ってこない。
定岡が、明日大阪に行きサプライズで三恵にプロポーズをすると言い出す。
それを聞いて誠も、行くことにする。
誠「鉄は熱いうちに打たないとね。」

 

関原が、新規10件獲得した。葛城に焼き肉に誘われるが、大阪に行くため断る誠。
葛城「天罰が降るぞ!」

しかし、誠が乗る便の飛行機が台風で出航できなかった。そして、誠だけ大阪には行けなかった。

 

誠の家で。

葛城「女運が再び下がってますね。これは大阪から戻ってこないってこともあるよ。」
誠「ねえよ。そんなこと。」


三恵と晴子は同じ部屋だった。三恵はまだ結婚は早いような気がする、と言うが喧嘩しても、仲直りしちゃうんじゃないかと思えるとも話す。

定岡がサプライズで大阪に来たと三恵に報告。急きょ会いに行くことに。

葛城は、みどりに結婚を迫られていると誠に話す。誠は、みどりが運命だと信じていると葛城に伝える。

誠のお弁当には、梅干しとシュウマイのグリーンピースが入っていなかった。

葛城「やっぱり女運落ちてるよ。」

 

定岡が三恵を夜景の見える港に呼び出す。

定岡「緊張してる。」
三恵「プロポーズ?」
定岡「そうだけど。まだなんて言うか。」

 

そこへ、結婚行進曲が流れて来る。

定岡「結婚しよっか。」
三恵「うん。」
二人「OK!グッジョブ!」

 

誠らは関原のおごりで焼肉に行く。

烏田が、娘が怒っていたのは、人参ではなく些細な一言だったと言う。

みどりも、会計が何度やっても合わないときは、よく最初の数字が間違っているものだと話す。

帰り道にアイビッキーから風船がもらえる、と言うチラシを見つけ、ピンとくる誠。

誠「そうか、これだ。」

誠は、アイビッキーに風船をもらいに行く。

誠「僕のじゃなくって、アイビッキーが大好きな女の子にあげるんです。」

アイビッキーは誠に風船を渡し、誠はアイビッキーと写真も撮る。

丁度そのとき、晴子が、東京に帰れるようになったとメッセージが来る。

ジュエリーショップに行き、女の子の母親に風船を渡しに行く
すると、誠と晴子が2ヶ月前に聞きに行った交響楽団のチケットを二枚もらう。
女の子が、ピアノの国際コンクールに出るからいけなくなったと、チケットを譲ってくれたのだった。

 

コンサートに出かける晴子。
雨が降るから、傘を持って行くと良いと善江に言われる、誠にもらったビニール傘を持っていく晴子。途中で雨が降って来る。誠のベランダにはWhen it rains it pours.のTシャツが干されていた。

 

コンサートが始まり、隣で聞く二人。

誠と晴子(自分が人生で一番辛い日に、声をかけてくれた。運命なんて役に立たないと思っていた。それでも運命を信じて、不思議な出来事が起こった。運命とは、きっと運命を信じる人へのちょっとしたご褒美のようなものだ。きっと、偶然だと切り捨てていたものに紛れ込んでいる、宝石のようなものだ。運命なんてないと思っていた。)

曲が終わって、立とうとする、晴子。それを止めて誠が座らせる。
プロポーズする誠。
晴子「はい。あざ〜す。」

周りは二人を祝福したスタンディングオベーションのようだった。

 

外は雨が止んで、虹が出ている。
誠「くぐってないけどいいの?」
晴子「もうくぐっているよ。私だけの秘密。」

誠「神様っているのかな?」
晴子「ちょいちょい、神様出すよね。」
誠「おぼえてない。神様は信じてるかもね、ちょっと生意気だけどね。」
晴子「どう言うこと?」
誠「俺だけの秘密。」

 

誠の部屋のお風呂の底には、
『結婚おめでとう。誠のくせによくやったな』と書かれてあった。

 

そして、誠が風船を渡した女の子の風船には、『30年後の演奏楽しみにしてます』と書かれていた。

 

ドラマ「ボク、運命の人です」完